オタクのおっさんの戯言

次だな。

昨日、はくろさんのケージを掃除していたら、ぺしゃんとなった卵@1がコロンと。

大きさからみておそらく未受精卵なので、次回に期待というところですが、

やはり、用意していた産卵床はお気に召さなかったようで orz

ということで、丈低めのタッパーに代えてみたのですが、次回は産卵床に産んでほしいなぁ(淡い期待)

しかし、この子の場合、産卵床うんぬんよりも1卵しか生まなかった方が気にはなります。
んー、ちょっと卵詰まりの気があるからなぁ。

食欲は旺盛なので問題なさそうではあるのですが・・・


てなところで、今週のクレスさん。


続きを読む
スポンサーサイト

満開

先日、帰宅途中の道すがら、なんかいい匂いがするなぁとあたりを見回すと、沈丁花の花が咲いていました。

沈丁花は金木犀ほどくどくないさわやかな香りがすがすがしいね~。

ちなみに、私が好きな花の香りはくちなしです。かぐと腹が減ります(笑)

~ 閑話休題 ~

桜も満開近い今日この頃、

den160327
うちのヒメザクラサノックも満開に。
部屋の中においていたので早いやね。

と、こちらの花見も終えたところで、今年は花をカットして久々に植え替えを。新芽が鉢のふちにぶつかりそうになっていたので。

鉢から抜いてみたところ、根の状態はいい塩梅。
デンドロの植え込みは水ごけの硬さが肝なんですが、もうすでに感覚を忘れている(汗
とりあえず気持ちやわらかめに植えつけてみましたが、今ぐらいの根張りになるとよいなぁ。

その他、風蘭、セッコクも冬越しから戸外へ。
改めてみるとセッコクの傷みが激しい(;; 昨年、転勤で引っ越した時に加減がわからず、結構焼いちまったのが悪かったなぁ。

↑のヒメザクラサノックは1年生のバルブに花をつけるのでだいたい毎年花が見れますが、セッコクは2年生のバルブに花をつけるので、1年管理をミスると2年後に花が見れません。毎年コンスタントな管理が重要なのですが、引っ越しとかあるとねぇ・・・

それでもセッコクの場合は枯れてしまうことはまれなので、適正な管理を地道に続けてやれば、そのうち何とかなるものです。
あと、ヒメザクラサノックの冬越し見てて、セッコクももうちょいあったかめに冬越しさせてやった方がいいのかもしれないなぁと思えてきました。

とまあ、なんだかんだで、

いつーかはー、花ーもー、咲くだろぉ~♪

ってことで。

capto160327
カプトメデューサのつぼみも上がってきました。
あのド派手な花が見れそうです♪


うむむむむ・・・

ケージの配置を変えたりなんだりしているのですが、相変わらず産卵の気配がなく orz

これはなにか、妖怪のせいかなんかか?!

というか、産卵床が深すぎるというか高すぎるのが悪いんじゃないかという気がしてきた・・・

ちょっと産卵床変えてみるかなぁ。

てなところで、今週のクレスさん。


続きを読む

大好物

一か月前、久しぶりに金縛りに。
その後、風邪をひいて体調を崩しKO。←先日のエントリーで果然ひいた云々ってやつ。

んー、ちょいと出張連打だったから、出先でつかれたかねぇ・・・(--
金縛りの後体調崩すってのは鉄板だしな。

~ 閑話休題 ~

山怪 山人が語る不思議な話(著;田中 康弘)、読了。

以前書きましたが、私の大好物、「意味が分からない不思議な話」でございます。
いわゆる遠野物語系の小話。

本作は、古老から聞いたという話が多いですが、それでも遠野物語よりもはるかに年代は新しく、車や電気が普通にある時代のお話し。
そんな時ですら、山には不思議な話があると思うと、なんだかゾクゾク楽しくなってきます。

「よぉーおーかーいーのーせいなのね」と、なんでも妖怪のせいにするのは良くないって話がありましたが、昔は何でも狐とか狸とか何やかんやのせいにされていたわけで、人が理解できないことや不思議なこと、あるいは理不尽と思えることを妖怪だとかなんだとかのせいにすることは、人の営みの中で祓いというか防衛機構として機能していたんじゃないかと思います。

人の認識を超えたものに対する畏怖の念。それがその対処法を生み出す。
先に書いたまほよめの冬至の支度しかり、山怪に出会った時の認識や対処しかり。
あるいは、↑に書いた金縛りしかり(笑)

そんなしきたりが廃れてきたのは、あるいは人が原題の便利さの中で、人の力を超えたものに対する謙虚さを失ってきたからかもしれません。

人の力が及ばぬところがある

それは私にとって、なんだか甘く蠱惑的な魅力があるのですが、皆さんはいかがですか?


追:おっと、ちょいと変換忘れ。

出先で疲れたかねぇ・・・(^ー゚)

しきたり

先日、北陸の某県に出張に行った際、タクシーの運ちゃんと世間話をしていて、

「いやー、今年の冬は暖かかったけども、やっぱり春になるとうれしいね~」

冬が厳しいと春の訪れが本当にありがたく感じるもので。

~ 閑話休題 ~

魔法使いの嫁 5巻(著;ヤマザキ コレ)、読了。

本巻は、リャナン・シーやシルキーの小話を絡めながらのお話し。世界観の表現って感じかな。
その世界観が相変わらずしっかりしていてブレがなく、しかも今の日本で読んで違和感がない。

この手の世界観も、ずいぶんしっかり洗練されてきたなぁと感心しきり。

個人的に興味深かったのは冬至の話。
厳しい冬を乗り切るために人が考え出したしきたりというものの意味を、改めて感じることができます。

呪術の基本は象徴だしなぁ。

この手の日本版がもっけかもしんない。

とりま、本巻はチセとエリアスというよりも、西洋ファンタジーに浸りたいあなたにお勧めです(笑)



春分

明日は春分の日。
暦上は3連休でございます。

暦上は。 orz

~ 閑話休題 ~

某所で椿展が開催されている様子。
ちょっと行きたいなぁと思っていたのだが、先週今週とも天気が悪く、あげく何気に3連休でもない様相なので今年は見送りに。

今年は実生@5鉢できたし、これを楽しみにするさ! と自分を慰めてみる(半笑

と、天気が悪いこの隙に(?)てってけ植え替え作業。春蘭に加え、今年は風蘭の植え替えも済ませてみる。
鉢数がだいぶ減ったので楽になったなぁ。手の届く範囲ということだと、これぐらいがいいのかもしれない。

そして、花が終わってきた椿を軽く剪定。椿は花後の切り戻し剪定でいいらしい。

昔、しこたま剪定をやった経験が何気に活かされてるな(笑)
ちなみに、個人的に植物関係の作業で一等おもしろいのは剪定だと思います。盆栽なんかもやってみたいのだが、平日の灌水がねぇ・・・

izumoyabu20160319
出雲大社藪。非常にヤブツバキらしいヤブツバキだと思います。月の輪の豪華に対して可憐という感じ。
これも軽く切り戻してそのあと施肥。

妖精さんではないけれど、春の節の変わり目は、なんだかんだと忙しい。

模様替え

はくろさんがなかなか卵を産んでくれないので、産卵床の場所を移し、レイアウトをちょっといじってみる。


てなところで、今週のクレスさん。


続きを読む

ちっちきちー

鉢土をネットで注文→無事到着

ちゃっちゃか春蘭類の植え替えを。今日で半分ぐらい終了。

植え替えた分についていえば、根はまずまずだなぁ。冬越しはまあまあうまくいったかもしれん。

ただ、大一品は・・・。これは引っ越しのストレスからの夏の暑さにやられたような気がしなくもない。

春蘭の類は環境変化にちょいと弱いのが悩ましいところだね。


思った通りには

最近、きりかさんの餌食いがイマイチなので、ちび助用に作っていた壁に取り付け式の餌置きを活用して、もちょっと高め、きりかさんの生活空間あたりに設置してみました。
すると・・・

cres1-160306
食べるのだが、距離が遠いからか半分ぐらい残す orz

結局、余った分は冷蔵庫に保存して、次の日水で薄めて食べやすく(飲みやすく?)してやるときれいに間食するようになりました。

なかなか思ったようにはいかないねぇ(´・ω・`)

あと、ペアリングが終わったはくろさん。
ぼちぼち産卵かな?とみてるのだけれど、せっかく置いた産卵床には目もくれず、いつも通りポトスの鉢土をほじくり返してます orz

なかなか(ry

てなところで、今週のクレスさん


続きを読む

初めからは難しいんだろうね

ひっさしぶりに、Imperial Sagaの話題。

前回、ボーナスキャラ(将)がさっぱり引けなくてやってられるかー (ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻
となった話を書きましたが、いくつか修正が入ったのとイベント仕様がちょっと変わったので、またちょこちょこやってます。

まず、イベント仕様。

今のところバレンタインイベだけですが、ボーナスキャラが確率&ポイント交換でできるようになりました。
つまり、前回みたいに、「回っても回ってもでねー!」時には、周回で貯めたポイントで交換できるので、頑張れば運に頼らずともなんとかならんでもない(ポイント集めるのもそれなりに大変ですが)。

ほほう、これならばとやってみたら(てか、この仕様じゃなければ、そのまま放置続行してたと思う)、周回だけであっさりボーナスキャラゲット。ポイントを貯めるまでもありませんでした。

このイベだけだったかなぁと思っていたのですが、今開催中のイベでもわりと楽にボーナスキャラゲット。
ふーむ、ボーナスキャラの獲得確率あげたかもな。

なんにしろ、ボーナスキャラの獲得がしやすくなったのはいいことですな♪
時間なくてもなんとかなるし。


ついで、システムの仕様

こちらは、かなり基幹的なシステムが変更に。

まず、回復に必要だった「宿屋」が廃止に。ほっとくと勝手に回復します。
5キャラで1PTなので、これぐらいの回復仕様が良いね。おかげで取り回しがだいぶ楽になりました。

ついで、LP→0でキャラロストだったのが、使用不可になるけれどロストはしないように。
でもって、アイテムでLP回復可能へ。

これはなかなか思い切って変えてきたなぁ、って感じ。

いままで、「課金で得たキャラが死亡してロストするとかありえん!」とひっじょーに批判を受けていたシステム(課金ゲーとしては最悪とまで言われていた)ですが、わりと根幹的なところ(おそらく、キャラロスト前提でゲームバランスを構築している)なので、ここは変わらんだろうと思っていたのですが。

ゲームとして非常に単純だということはあるかもしれませんが、対応の早さというのは和製ゲームのいいところかもしれません。

何にしろ、システムとかイベントの仕様が変わって、ちょこちょこやる分にはいい塩梅な感じになってきたように思います。


ただ、個人的にもうちょっと何とかしてほしいなーと思うのは、

・術が・・・LV上げないと使い物にならない。したがって、術適正持ってるキャラが、使いにくい。
・槍が・・・あえて使う意味がない。てか、ほぼはずれキャラ。

低LVの術を充実させるとか、槍に全体攻撃とは言わないまでも、範囲攻撃をいくつか足すとかしてもらいたいやね。



しっかし、今回の変更見て思ったんだが、オンゲーって最初から手堅いシステム組むのって難しいんだろうね。
とりあえず(開発費の回収のこともあり)見切り発車で正式運用。後のアプデでシステムいじるってパターンが多いような気がする。

このゲームは単純なので、システムいじってもそれほど影響でないんだろうが、もちっと複雑なゲームだと、システムいじるとゲームバランスが大きく損なわれることもある。

かといって、後ではまらないよう、きっちりテスト運用して手堅いシステム構築してっと開発経費ばっか掛かって回収が遅れる。

このあたりのジレンマをうまくさばけるか否かがポイントなんだろうが、ちょっと見てる範囲ではどうだかなぁ・・・ってのが正直な感想。


ま、オンゲーはちょいとした息抜き程度にやるのが一番いいような気がする。
ガッツリやるなら、やはりコンシュマーのスタンドアローンに越したことはないんだろうね。
それがオンゲーに押されて少なくなっちまっているのがおっさん的には切ないねぇ~。

よしよし

ゲッターズ飯田さんの占い本(性格診断みたいやつ)を見たところ、私の性格は、

偏屈な大工の親分(生まれた時から60歳)

あたってる (゚д゚)
          ・・・と思う。

やっぱ職人とかになった方が良かったかなぅ。

~ 閑話休題 ~

den160306
プラケージに入れて簡易温室的に冬越しさせたデンドロ。いい感じにつぼみが充実してきました。

新芽も動き出してるし、今年も冬越しはまずまずうまくいったと思います。

ただ、去年住んでたとこより室温がはるかに高いんだよな・・・

去年;最低 8℃ぐらい。今年;だいたい17℃ぐらい(たぶん、最低でも15℃切ってない)

プラケージの簡易温室が必要だったかわかりませんが、とりあえず結果オーライということで。

しっかし、今にして思っても、前の家の室温は尋常じゃなかったな。
てか、多分、断熱が悪すぎ。

うなるね

七つの会議(著;池井戸 潤)、読了。

言わずと知れた池井戸さんの一冊。

ぶっちゃけ私はこの手のサラリーマン物を全く読まない。とーおい昔に読んだ源治鶏太さん以来。
が、やっぱ下町ロケットのTVドラマが面白かったんだよね。ベタではある。ベタではあるんだけど、それゆえに。

で、本作もある意味ベタ。ある種の勧善懲悪。ステレオタイプな登場人物。お約束なストーリー。読みやすいが癖はない文体。

けれどもやっぱり面白い。

サラリーマンなら「あー、いるいる」と思える登場人物描写とその背景。思わずうなずく心理描写。「あるよなぁ。。。」と身近に感じるシチュエーション。
それが短編仕立てで読みやすく構成され、しかも適度な緊張感をもって展開される。「ドーナツ」なんてな小技も効いている。
実用上問題ないという理屈の危うさを、ほんの小さな部分というものが与える影響の大きさで描き出すのも素晴らしい。

こういうのを読むと、面白いと思いつつ、「ちくせう」と思っちまうんだよなぁ。とにかく偏ったのを良しとしてるから(笑)。

ある面、先週書いたディズニーのスター・ウォーズではある。






プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器