結局作ってしまう

年末年始のおやすみですが、

風邪のため静養中(×_×)

熱はないので問題なく動けるんだが、咳と鼻づまりが。
幸い(?)にも休みなので、のんびり過ごすことに。なんか年末感がないですが orz

beef151231
以前ミートソースの話を書きましたが、結局ビーフシチュー作っちまいました。

炒めて煮るだけなので作るのは簡単なものの、私の場合、一回作ると余ってしまうのが問題で、なかなか作る機会がないのですが、やっぱビーフシチュー食いたいなぁ・・・ってことで。

具は牛肉の角切りと切り落とし。角切りと切り落とし併用するのは、なんとなーく、切り落としの方からいい味が出るような気がするから。

野菜はたまねぎとにんじん、しめじ。じゃがいもはあんまし好きではないので、私の場合、この手のには入れません(というか、じゃがいも自体買わない)

名前はビーフシチューですが、ハンバーグとかロールキャベツ入れたり、最後にとろけるチーズ系乗っけてもおいしいよね~。ケチャップ派の人なので、この手のトマトソース系はなんにしたっても大好物です♪

作ってる最中、味見したところ、なんか味濃いめだったので、ちょこっとヨーグルトを落としてみたり。若干、さわやかなテイストになった気がしなくもない。

出来上がったら迷わず白ご飯の上におーーーん。ハヤシライスだろ!ってツッコミは却下します。

で、わくわくしながら食べてみると、

??なんかトマト感が足りない・・・(´・ω・`)

なんかこう、味がそっけないというか。んー、使ったルーがいまいちだったのかなぁ・・・
と、せっかく作った割には若干ガッカリ感を感じていたのですが、

余って冷凍保存した分を食べたら、それはふつーにうまかった。

シチューにも「次の日のカレー」の法則は当てはまるんだなと。


スポンサーサイト
2015-12-31(Thu)
 

何が大切かということ

げんしけん 二代目 19巻(著;木尾士目)、読了。

まだらめーーー!

で、終わらせてもいいところであるが、もうちょっと書くと、うん、やっぱり描き方がいいね。
あの、目線だけでってページはさすがだと思った。

あと、「きちんと向き合うこと」とか「受け入れてもらえること」の大切さとかを、うまーく表現しているところが、木尾さんの作品の最大の魅力だと思います。

それを踏まえたうえで、

まだらめーーー!どこいくんだーーー!!


中国嫁日記 5巻(著;井上純一)

これも相変わらずの面白さ。ほのぼの~。

なんだが、以前書いた、月さんは困ってますの書下ろしも。

ある意味、いかにもヲタク的な話ではあります。

一時(電車男なんかのとき)、ヲタクがもてはやされた時がありましたが、

ヲタクの一部には金銭感覚がおかしい人がいる

ってーのは要注意。ぶっちゃけ、私の周囲にもそんな人がいました(笑えないレベル)。
新作が出ると、「これは買っときゃなきゃ!」みたいな感じで、自分の収入顧みずバンバン購入してしまう。一種のブランド症候群みたいなもんですな。

それはさておき、そんなえっらい金額の税金滞納が分かった時の月さんの対応が素晴らしい。
やっぱ、このあたりは家族意識が強い中国の人なのかもしれないね。
苦労を前向きにとらえるとか、困ったときに助け合うのが夫婦であり家族であるとか。

昔は日本もこういう感覚があったんだけれど、最近はそういう考え方が薄くなってるような気がする。

昔の日本の小説を読むと、不便だったし貧しかったしで、夫婦や家族、あるいは地域の人とうまくやっていかないと、生活自体が回らなかった。だから、和とか絆とかを重視していた。それは、農耕民族の特徴と言われるけれども、個人的には決して悪いことじゃないように思います。

けれど、生活が豊かになり、いろんな面で便利になって、一人で生きていても特段不便を感じなくなった。個の生活でも支障が生じない。これはこれで楽ではあるんだけどね。

本シリーズを読んでいると、そういう昔の日本っぽい面影が、月さんの中にちらちら見え隠れするのが好ましいなぁと思います。

って、

独りもんが語るな!って話ですが(^^;






2015-12-31(Thu)
 

大脱走!

先日、ケージ内に霧吹きをしようと扉をあけたら、壁面に張り付いていたナルカミ君が、

突然のジャーーーンプからの猛ダッシュでケージから脱走(@@

脱走はすごい早業でしたが、さすがこの時期、外の気温が低いためか、あっという間に動きが鈍くなり、壁際でへちょーんとなったところを無事確保。

ひやー、ひっさしぶりに冷や汗かきましたわ(ヲヤジギャグ)

クレスはまったりしているようですが、やるときはやる子だし、特にナルカミ君はやんちゃ坊主なので、取り扱いには注意せんといかんなと反省。

てなところで、今週のクレスさん。


続きを読む>>

2015-12-27(Sun)
 

革すげー(@@

会社にて。

わし:「Aさん、その結婚指輪すごいですね。」

Aさん:「あー、これタングステンなんだ。」

わし:「ええっ!タングステンで指輪なんかあるんですか?」

Aさん:「ああ。めっちゃ固いから、工具とか機械いじっても傷つかへんで。普通の指輪やとすぐ傷つくけどな。」

わし:「おー、すげ~。」(@@
(タングステンを指輪にして加工するとかすげー・・・)

~ 閑話休題 ~

夏ごろにオーバーホールに出したものの、バンドの不具合でしめられなかった腕時計。
本体はチタン製なので全くの無傷なのだが、フック部分のバネがおかしくなった様子。
古い型なので、バンドの在庫がメーカーにもすでになく、修理に出しても直る保証はないとのこと orz

かといって、せっかくオーバーホールから戻ってきたところだったし、なにより長年使ってきて愛着もある。

今まで使ってきた時計は、だいたいガラス面に瑕がついてダメになっていたのだが、この時計は荒っぽい使い方はおろか、多少の薬品を浴びたところでびくともせず、しかもほとんど狂うことなく時を刻んできた。

バンドはチタン製であることをいいことに、器具用の洗浄液にしたして、超音波洗浄機で洗浄したこともあったが、それでもびくともしなかった。←

ステキすぎる堅牢さ。日本製バンザイ。
↑と同様、メーカーの人間らしい発想。

というわけで、もうちょこっとでも使いたいなぁと、正規品ではない市販品のバンドへ交換することに。

お店で相談すると、「市販品の金属製バンドだと、時計と本体の間に隙間が空いてしまい、ちょっと見た目が悪くなるので、革バンドの方がお勧めです。」とのこと。

んー、革か~。革製品は好きだけど、時計のバンドだとなぁ・・・汗とかで蒸れやすいし。。。
かといって、他に選択肢があるわけでもなく、まあ、これもやむなしかと革ベルトに交換してみたら、

これが思いの外ぴったりでびっくり(@@

むしろ見た目的には革バンドの方が渋い。てか、むしろしっくりくる。
革の持ち味ってすごいもんだねぇ。

しかし、革バンドでもいけるってことは、自分でも作れるかもしれん、ということか( ̄ー ̄)ニヤリ
それはまたおいおいということで。


2015-12-27(Sun)
 

冬支度

風邪ひいた(×_×)。会社でうつされちまったなぁ…

さほどひどくないので動いてますが、というか、植物の取り込みなどなどで動かざるを得ないわけで。

セッコクとフウランは先日の祝日に発泡スチロール箱に取り込み完了。
デンドロは昨年と同じく、簡易温室状にするためプラケに入れて、春蘭系はそのまんま室内に取り込み。
とりあえず、これで冬支度は完了かな。

あと、以前から書いていたツバキの種。もう年末だし、ぼちぼち片付けるか、と思って見てみたら、
tubaki151226
発芽してました(@@

街路樹のやつから拾ってきて早2~3か月ほど。取り播き推奨の種なのに、発芽までこんなにかかるんだとびっくり。捨てずによかった・・・
例によって断根して鉢に植えつけ。
残り2粒残っていますが、こちらも念のため保存の方向で。

冬支度のために室内に取り込むものもあれば、この時期になって芽を出すものもある。
植物の多様には驚かされるやね。


~ 植物紹介 ~
gagyu-gunbai151226
臥牛~軍配型
学名:ガステリア・アームストロンギ。古典園芸植物のおもとに似た雰囲気があるせいか、昔から趣味家の方が品種改良に取り組まれている種。

葉幅、葉長、葉色、葉面の質感などにタイプ違いがありバリエーションが豊富。その中から自分の好みのものを選び出す、あるいは育種によって作り出すのが、本種栽培の最大の面白さ。

なんだけれども、↑のように重厚かつ渋い種なので、”きれいさ”とか”かわいさ”基準で多肉植物が選ばれている昨今、非常にマイナーな種になってしまっていますが(^^;

前置きが長くなりましたが、本品種は、そんな数あるタイプ違いの臥牛の中で、葉幅をひき、葉長短く、全体的に「ころん」とした感じの品種。きっちり作りこむと、最上位展開葉2枚が、あたかも軍配のように見えることから「軍配」の品種名がついています。この手のタイプが非常に好まれることもあり、臥牛の中では比較的有名な品種です。

私も憧れて、小苗で購入してからもう何年たったかなぁ・・・やっと、どっしりした見ごたえある風格になってきました。
作りが甘くて「軍配」のとこまで葉長をつめられていませんが(汗、それでもやはりいい味出してます。

何度も書くようですが、お店の人に「同じ買うならいい品種を買いなさい。」と言われたことの意味が、今になって本当にわかるようになってきました。






2015-12-27(Sun)
 

一年、いろいろ~♪

年の瀬でごんす。

今年も何やかやと色々ありました。

なんといっても転勤が今年最大のイベントでした。
引っ越しなどなどで大変でしたが、リセットがかかる面もあり、それはそれって感じ。

生活パターンをくみ上げるのが大変だなぁ・・・と思っていましたが、意外とすんなり組み上げられてちょっと拍子抜け。
今住んでるとこ、何気に便利なんだよなぁ。

ただ一つ、残念なとこがあるとすれば、これという喫茶店がない、ことでしょうか。
むー、行きつけの喫茶店ができてしまえば完成するのだが(ヲイ

あと、今回の転勤先は「仕事ハードだよ~」と脅されていましたが、少なくとも今のところはそれほどでもないな、って感じ。
むしろ、出張がほとんどなくなったので、妙に規則正しい生活が送れるように(´∇`)ゞ

以前は、朝5時に起き―の、車で数時間かけて出張しーのってのが、週2~3日ありましたが、今は就業開始時間は一定だし、通勤は電車に揺られてればすむので、なんか前より楽になった気がしなくもない。

ま、通勤時間が長くなって、家帰ってからの時間は減りましたが(笑)

その他もろもろについては以下の通り。

1.本、漫画、映画

転勤の影響で、いずれも今年はボチボチといったところ。特に、映画は見た本数減ったなぁ~。
その中で、これは見っけもんだったという作品を上げるとすれば、

映画:フォックスキャッチャー
小説:マージナルオペレーション

が非常に良かった。上記2作品はお勧め。

漫画は、これまで読んでたのの続刊がほとんどで、新たに読んだのが少なく、これというのはないなぁというところ。
個人的には、高杉さんちのお弁当の完結が喜ばしかったですね♪これはいい漫画。


2.ゲーム

ドラゴンズプロフェットの配信終了が、色々と象徴的だったなと。なにせ、ストーリー完結前に終わっちゃったからね。
今年の年明けごろから人もがた減りだったし。

これについては散々書いてきたのでもうさほど触れませんが、やはり(少なくとも日本では)重厚長大なMMORPGはオワコンだなと。

重厚長大なだけに、とーにかく、時間食いすぎ。私は「これでMMOは打ち止め」と考えていたので、できる範囲の最大限やってみましたが、食われた時間がハンパないやね。ドラゴンズプロフェットやめたら、時間にすごい余裕ができて、他のことに手を出せるようになったからなぁ。

で、それだけ時間かけても、↑みたいに中途半端なところで配信終了。やっぱ、MMOは手を出しちゃいかん分野だわ。
私は、「毒を食らわば皿まで」、「やってから物申す」ことにしているのでやるだけやりましたが、過去に書いた通り、このご時世、今更この分野に手を出すのはお勧めしません(笑)

あと、「オンゲは後からのアプデで修正できる」ってーのは、技術的にはそうだけども、ゲーム的にはナンセンスなんだと改めて。
一度走り出したら、もう調整はきかないやね。そういう意味でも、やはり見切り発車のオンゲーはダメだろうと思います。


そして、翻ってコンシュマーなんだが、こっちも「これ」というものがないねぇ。
オンゲーにかまけている間に、コンシュマーがこれほど衰退しているとは思わなかった。
ぶっちゃけやりたいと思うゲームがない。

ということで、以前書いた通り、今はフラゲのImperial Sagaをやっているのだが、こちらもやや食傷気味。
先日、ボーナスキャラでないかなーと70周ほど周回(☆4のAランク)してみましたが、結局キャラは出ず。これで、一気にトーンダウン。しょせん、周回の作業ゲーだし。

ちょっと息抜きにやるのはいいのだけれど、70周周回=約6時間かけてボーナスもらえないようじゃ、やっぱ↑のMMOと同様の時間食うだけの代もんになっちまうからね。

やっぱ時代はスマホのSNSゲームなのだと思うけれど、おっさん的には、ちまちまやりながらクリヤーして、クリヤー後に感動とか達成感が得られる、そんなコンシュマーゲームがやりたいなぁ。

もう、開発経費などなどの問題で、そんなゲームはなかなか出てこないのかもしれないけれど、ゲームの面白さって開発経費の問題ではないと思いたいやね。


3.身の回り品

これも以前にブログに書きましたが、転勤したこともあって、身の回り品などなどを買い替え。でもって、それがいまだに継続中 orz

仕事の内容が結構変わったというのが大きいのですが、いままでほったらかしにしていたツケも大きく (ノ_・。)

いまだに、ネットで調査→現物確認→気に入ったら購入、の繰り返しです。
ただ、この年になって改めて勉強をして、いろんな知識を得られたのは良かったなと。

特に、レザークラフトは見っけもんでした。革製品の知識も得られたし。最近作ってませんが、またちょこちょこ作りたいと思う次第です。

しかし、これまた以前書いた通りですが、

男の身の回り品に、「できる男の~」とか「モテる男の~」ってつけるのはえー加減やめてもらえんかね?

できる、できないかは身の回り品ではなく中身の問題だし、身の回り品やファッションで男を選ぶような女性って限られると思うんだが。少なくとも私の周りには、ファッションで男選ぶ女性はいなかった。むしろ高級ブランドがっちりみたいな男は、「遊んでそう」とか「金銭感覚がおかしいor合わない」って敬遠されてたしな。

男の身の回り品って、TPOに合わせたものであることが必須だが、それさえ守っていれば、あとは自分自身のこだわりとか楽しみのためのものだと思うんだけどね。

モノでデキますとか、女性へアピールするというのは、なんだか本末転倒のような気がするのは、私がおっさんだからだろうか?

ということで、ネットで検索するとそんなサイトばっかで、目的にたどり着くまでえっらい手間なので、なんとかその辺改善よろしく(^-^)

いや、ホント、若い人向けのはそれなりにあるんだけど、おっさん向けとかなるとこれがほとんどないんだわ。
情報が氾濫しているといわれながら、「え?こんだけしかないの?」ぐらいでびっくり。

あと、ステマがこれほど蔓延しているとは気付きませんでした(笑)
うちの会社関連でも広告業者がいろいろ売り込みに来ますが、はーこうなってるのかと。

4.結局のところ

そしてこの年になって改めて思うのが、結局残っているのは植物とクレステッドゲッコーだなと。

本、漫画、映画、ゲームは、その時自分に吸収してしまうので、ある意味一過性。私の場合、よほどの作品でないと二度見することはないからね。

プラモやフィギュアも好きだし、今でもたまにショップはチェックしているが、結局これはコレクション的なもので、入手してしまえば終わりってところがある。

それに対して、植物栽培や動物飼育は年数の積み重ねだなと。植物だと作りこむ、動物だと飼いこむといわれますが、かけた年数が良さや面白さにつながっていく。

1回にかけるお世話の時間はそれほど多くはないけれど、それを地道に積み重ねる過程に面白さがあり、重ねた結果に達成感がある。

私はもともと生き物屋ってーのもありますが、この年になってくると、日々の積み重ねが良さに変っていく、そんな趣味が残っていくんだなぁと思います。

一周回って元に戻っただけって話もありますが(笑)


てなところで、年の瀬の雑感でした(^^;


2015-12-23(Wed)
 

拒食か?

クレステッドゲッコーの餌について、以前はコオロギ他昆虫と言われていたが、最近はCGD(人工飼料)をメインに昆虫はおやつ程度、というのが主流になってきているようだ。

以前少し書いたが、野外個体の消化管内を調べたところ、内容物のほとんどが果実由来であったらしい。そのため、アダルトぐらいになると、昆虫よりも植物質主体のCGDにした方が栄養バランス的にいいようだし、実際、ジャイアントゲッコーなんかは、成長するにしたがって植物質(果物)を好む傾向が顕著になってくるようだ。

というわけで、イエコの成虫の端境期なので、CGDを与えているのだが、きりかさんは今一つ食いつきが悪い orz
ナルカミ君とはくろさんはペロッと平らげてくれるのだが。

このあたりは人間の食生活と同じく、一概に栄養バランス云々で言い切れないところがあるやね。

ちなみに、ちび助は、一度、イエコに見せかけてペースト状にしたCGDを与えて、うまく食いついてくれたのでしめしめと思っていたら、それがどうも嫌だったらしく、以後、CGD与えると、誤って食いついても首をぶんぶん振って吐き出すようになってしまいました(;;

クレステッドゲッコーは拒食の心配の少ない種だと思いますが、管理状況などの影響で全くないわけでもないところが悩ましいところです。

てなところで、今週のクレスさん。


続きを読む>>

2015-12-20(Sun)
 

微妙に寸止め

マドンナはガラスケースの中(著;スガワラエスコ)、読了。

本屋でたまたま、表紙のレオパに目がとまり、「ほー」と思って買ってみた次第。
女子がレオパを肩に乗っけた表紙なんて、ハチュ専門雑誌ぐらいしか見たことないしな(笑)。

オフィディシズム(よいこは深いところ検索しちゃだめよ)な爬虫類ショップの店員とハチュに興味がある女子のお話し。
その女子=小学生なため、まあ、お約束の寸止めタイプです。

ただ、女子=小学生の設定にしたのには、ストーリー上の意味がある様子。↑にWEB掲載の最新版がのっているので、読んでいただければその理由が薄々わかるかもしれません。

男子はハチュショップ店員という設定で、作者さんご自身がレオパを飼育されているようで、爬虫類ネタはそれなりに。
爬虫類飼育のあるあるネタがちらほらという感じです。

といったところで、両爬がお好きな方はご一読を・・・と言いたいところですが、んー、全体的に今一つ薄い感が。

人物描写もさほど深くなく、ハチュネタもその世界を知らない人に魅せるほどでもなく、かといって爬虫類飼育者向けほどコアでもなく。
なんというか、今一つ狙いがつかめないというかね。

レオパが出てくる漫画なんて初めて見たので、そういう意味では新鮮ですが、まずは、無料WEB版を読んでみて・・・ってあたりが無難なところかな?

個人的には高杉さんちの~みたく、読めば何気に地理学までわかるって感じのやつが好きです(笑)


追:
なんか最近、年の離れた男と女子って組み合わせが多いように思うのだが気のせいだろうか・・・

うさぎドロップ、高杉さんちのお弁当。映画にもなった、娚の一生とか。人外ではあるが、魔法使いの嫁なんかもある意味かぶってるし。

んー、そういう時代なんかねぇ。



べ、別に、お、おっさんの趣味がそうなんじゃないんだからねっ!!


2015-12-19(Sat)
 

冷えてきたし

ちょっと冷えてきたので、

meat151219
市販のレトルトミートソースに色々増量し、ご飯にかけてみました。

ぶっちゃけ言うと、ミートソースではなく、ビーフシチューが食いたかったわけですが(^^;

まあ、とりあえずということで。

やっぱ、この時期はシチューが食べてくなるよね。とろみがついた食べ物は体があったまるし。

さて、クリームシチューにしろビーフシチューにしろ、うちでは白ご飯にかけて食べてました。
なんというか、カレーの別バージョン的なイメージで。

私はそれがフツーだと思っていたのですが、大人になってそれを話したところ、

「シチューはカレーじゃない!」

「それ、ハヤシライスだろ・・・」

周囲からは全否定 orz

シチューはご飯にかけてもおいしいんだと思うんだけどなぁ・・・
クリームシチューなんか、前の日に残ったやつをご飯にかけ、チーズをのっけてオーブンで焼いたらライスグラタン風になるしな。

というわけで、↑のミートソースも白ご飯にかけてますw

「パスタじゃないのか?!」というツッコミは却下しますb

てなことを書いてたら、ビーフシチューが食いたくなってきた・・・


2015-12-19(Sat)
 

さすがにそろそろ

今日あたりからちょっと冷え込んできました。やっと12月らしいというか。
今度の祝日あたりにぼちぼち取り込むかな。

~ 植物紹介 ~

keitia151219
ハオルチア・リミフォリア var ケイティで購入したもの。
葉幅をひくつや葉。葉色濃く、葉面の横線も破線状で、大きさの割には全体的にどっしりとした重厚感があります。

比較的発見が新しい亜種だったかな?
そのせいか、分類がやや混乱していたようで、購入した時は「ケイティ」のラベルでしたが、今だとこのタイプは「ブラックケイティ」と呼ばれているようです。

加えて、当時は「ケイティにはタイプ違いがある」ということで、「これがタイプ違いかも?」と言われて購入したのが、
keitib151219
↑ですが、上段のと同じですな(笑)

実際のところケイティには、葉面の線が白色のものと↑のような白くならないものの2タイプあるようです。
タイプ違いというよりも、種が違うのでは?という気もしますが(^^;


2015-12-19(Sat)
 

慢心と油断【クレスさん】

先日、クレスのちび助@1体がお亡くなりに(;;

ケージの掃除をした時は普通にしていたのですが、次の日、餌やりの時に見ると体色がおかしくなっており、「あれ?」と思っていたらあれよあれよという間に体調を崩したようで、その2日後には☆に・・・

原因として、

○摂食不足(CGDをあまり食べなかった)
○多湿すぎた(ベビーは高湿の方が良いとされているが、高すぎたかもしれない)
○ケージ掃除のときに何かあった

ぐらいが考えられるのですが、正直、はっきりとはわかりません。
まったく同じ条件で飼育しているもう1匹の子は普通にしているので。

一番ありそうなのは、餌食いを十分確認できていなかったので、餌不足→抵抗力低下・・・なのですが、それよりも、

飼いやすいと思って油断した

飼い主としての慢心が一番問題だったかなと反省しています orz

やはり生き物の飼育で一番重要なのは、日々観察することなんだなと、あらためて思いました。


ということで、餌やりに問題があった可能性があるため、

cresb-d151213
ケージ内にエサ入れを取り付けられるようにしてみました(これまでは床面に直置き)。

アクアでエアーチューブなんかをまとめるために使用する吸盤にアルミ線を括り付け、エサ入れ用のミニカップをはめ込めるようにしました。

これからは、残ったちび助を大事に育てていきたいと思います。


てなところで、今週のクレスさん。


続きを読む>>

2015-12-13(Sun)
 

12月・・・だよね?

12月も半ばというところですが、えっらい暖かいし、あげく雨も降るしで。
植物を取り込むタイミングがつかみづらい・・・


植物紹介
limiforia151213
ハオルチア・リミフォリア(基本種)
そういえば、バリエーションは紹介してきたけれど、基本種(var. リミフォリア)を紹介してなかったなと。

和名:瑠璃殿。葉幅をひき、らせん状に展開する葉とその横筋が織りなすラインに雰囲気があります。
いかにも基本種らしい、「何もひかない、何もたさない」落ち着きがあるように思います。

斑入り品種が瑠璃殿の光。作りこむと非常に美しい。
もう、すそもの扱いかもしれませんが、今になって、私もひと鉢持っておけばよかったなぁと思います。
(昔、斑入り品種には手を出さないと考えていたもので(^^;


2015-12-13(Sun)
 

眉毛!

乙嫁語り~8巻(著;森薫)、読了。

眉毛!

こと、パリヤさんのお話し。

相変わらずのツンデレっぷりにおっさんめろめろです(ヲイ

とにかく本作品、細かな感情表現とかデティールの書き込みとかがすごい。
登場人物が生き生きとしているし、生活感がよく出ている。

こういうのを読むと、「庶民の生活」の根幹というか大事なところってどこなのか、あらためて気づかされるね。
せちがらい今の世の中、そういうものがだんだん希薄になって言ってるのが残念だ。

てなところで、早く続きが読みたい!

ツンデレ眉毛の行く末が気になってしょうがないおっさんですw


2015-12-13(Sun)
 

意外となかなか終わらないorz

前回のエントリーで、「だいたいひと段落ついてきたかなぁ~」なんてなことを書きましたが、

これが、なかなか終わらない (><

結局、ネットで色々調べものしたり、実際に出かけてみたりなどなど。んー、意外とエンドレスだなぁ・・・
というか、これまで放置しすぎだったおいうのも大きいかもですが(^^;

~ 閑話休題 ~

○みずーの~

朝、大家さんから電話。
何事かと思ったら、下の部屋(今は空き部屋)に水が漏っていて、早急にうちの部屋を確認したいとのこと。

そ、そんな急に言われても(オロオロ

幸いにも、次の日ちょっと時間があったので、私も立ち会い、大家さん派遣の水道屋さんに部屋を確認してもらったところ、どうもうちの部屋ではなく、どこか別の場所の配管から水漏れしている様子。

水道屋さんに聞いたところでは、下の部屋は水がぽたぽた垂れている状態らしく、それならまずは配管の異常を疑うべきなんじゃないかと思うのだが、どうも大家さんは私がどこか水をあふれさせたんじゃないか?と思ったっぽい。

水道屋さんに確認してもらったので疑いは晴れたようだが、その後、大家さんから状況の説明はなく・・・
まあ、疑いが晴れただけで良しとするか。

しかし、一人で暮らしてると、こういう突発的なことに対応せざるを得なくなったときが大変なんだよなぁ(--


○回線

朝、某やわらか銀行から電話。

何事かと思ったら、回線とプロバイダーを統合しませんか?って話。

今、仕事中なんですが(イライラ

金額はともかく、回線工事どうすんのかとか、プランはどうなるのかとか話してる時間もなく、資料請求したら、資料は作ってないって話で全くらちが明かないので、いったん電話を切り、後でやわらか銀行の店舗へ行くことにする。

で、店舗にて話を聞いたところ、最初の受付で説明された内容と、その後、手続きしながら担当の人から説明された内容とが微妙に食い違う。

さすが、相変わらずのやわらか銀行クオリティーだな(--。わかんねーならわからんとはっきり言ってくれって。
まあ、とりあえず切り替え手続き完了できたということで良しとするか。

そんなんに1時間かかったが。

しかし、料金体系的にやわらか銀行を選んでるけど、やわらか銀行、こういう手続き関係を処理せざるを得なくなったとき面倒なんだよなぁ(--

ぶっちゃけ、手続き関係ではなるったけこことは付き合いたくない

2015-12-13(Sun)
 

色、色々【クレスさん】

↓にトウレプで見たクレステッドゲッコーのモルフの話をちらっと書きました。

数が少ないタイプのモルフ(というか個体)の値段が高くなるのは、「希少性」ってやつのプレミアなのでそれはそれでありますが、クレステッドゲッコーの場合、遺伝的に固定されているモルフというのは非常に少ないので、モルフ名云々ではなく、その個体を見て自分の気に入った体色の個体を選ぶのがいいんじゃないかなと思います。

「希少性」にどれほどのお金をかけるのかもまた、個人の好みかもしれません。


それとモルフについて、ちょいとした追記は以下展開。


続きを読む>>

2015-12-06(Sun)
 

そろそろ

今年もはや12月、一年過ぎるのは早いもので。

植物紹介
giganteia151206
ハオルチア リミフォリア var. ギガンティア(実生)

これまた、瑠璃殿の亜種になります。亜種名の通り、巨大化する種のようですが、ちょっと日が足りなかったのか、葉が細長くなってしまいorz 実際にはもっと葉幅が広くなるようです。

まだまだこれから作りこみだなぁ。

2015-12-06(Sun)
 

いやいやこれは結構なもので

紳士服売り場のネクタイコーナーで、圧倒的に女性客が目立つのを見て、クリスマスを感じる今日この頃です。
街中で流れるやっすいクリスマスソングなんかより、よほど季節感を感じるね(笑)

~ 閑話休題 ~

先日書いた、アンダーウェアが完結。

水木先生SP的な感じで、劇場版;ゲゲゲの鬼太郎に差し替えられたので、放送時間変わりましたが orz

改めて書きますが、非常に面白く良質なドラマでした。

日本でもこんなドラマ作れるようになってきたんだ、というところに感慨深いものがあります。
ゲゲゲの鬼太郎はそれはそれで意味がある放送ではありましたが、んー、差し替えるほどだったかなぁ。あの劇場版だし。
そう思ってしまうほどいいドラマだと思います。

若い主人公と高級下着メーカーの女性社長を対比させながら、女性の人生というものをアンダーウェアとそれを取り巻くファッション業界をモチーフに描き出す。
これまでの女性向けドラマではテーマにおかれがちだった、周りの男性陣や恋愛なんかは最小限にとどめながらもポイントは外さず、非常にいいスパイスになっています。

これほどモチーフを多重的に組み合わせて内容に厚みを出し、それでいてテーマがぶれない作品は久しぶりに見ました。

あと、全編を通して貫かれている「プロ意識」というものが、見ていて非常に心地よい。

第一回放送を見逃したのが悔やまれる(><

アンダーウェア=下着ってことで、題名的には色物風に見えるかもしれませんが、中身はかっちりプロの仕事です。
男性、女性問わず、未見の方にはお勧めですb


追:
最近、ファッションとか流行とかってなんだろうなぁ、と思います。

↑のアンダーウェアで、高級下着メーカーの社長が作る下着は、「芸術的でゴージャスだけど着たいとは思わない」って評価が出た反面、社長が「こんなの下着じゃない。」と言い切った、主人公が作った下着は、今の女性から高評価された、ってシーンがあります。

なるほど、レースがついたゴージャスなオーダーメイドの下着って、今の時流には合わないのかもしれません(おっさんなのでよくわかりませんが(笑))。

しかし、そのあとで、「(女性は)それでもやっぱり、シルクとかレースにあこがれがあります。」みたいな台詞がありました。

以前書いたように、私のようなおっさんは、子供の頃に見た「大人の男」ってイメージが強くて、かっこいいとか渋いのイメージが、そのあたりで固定されております(^^;

たぶん、今の若い人たちから見ると、「重たい」とか「まさにおっさん」、「いかにもサラリーマン」みたいなファッションになるのかな。

それはそれとして重々承知してはいるのですが、ちょっとは昔あこがれた服とか着てもいいじゃない、と。
流行だとかなんだとかともかくね。

男のファッションは女にもてるため

と言い切る人もいますが、男も自分のために服を選んでもいいんじゃない?とか思ってみたり。

そういう意味でも、アンダーウェア、興味深く見させてもらいました(^^

とりあえず、最近のアウター、流行はわかるんだが、丈短いわ、タイトすぎるわでおっさんにはいかんともしがたいorz ←

追:
女社長役の大地真央さん、このすごさというか迫力は何なんだろうと見ていたのですが、姿勢の良さが圧倒的なんだなと。あと立ち居振る舞い。

さすが、元宝塚の人は違うよなぁ。

2015-12-05(Sat)
 

・・・

先日、水木しげるさんの訃報が報じられましたが、

なくなってない

と、思います。

だろ?


2015-12-05(Sat)
 

行ってきた

以前、会社の女子社員から、

女子社員:「ぺんさんってどんな芸人さんが好きなんですか?」

わし:「江頭2:50だね」(即答)

女子社員、ドン引き 

になったことがある管理人です。

~ 閑話休題 ~

というわけで、

tourep151205
東京レプタイルズワールド2015冬に行ってきました♪

いつもなら写真とともに速報的なご紹介をするところですが、写真撮影禁止のブースが多く、今回は文字でさらさらっと。
ふむー、去年、あの販売方式が写真にアップされ、一部ツッコミが入った影響かね。
なんでもかんでも・・・な今の風潮は性に合わないが(--#


会場内に入って思ったのは、

人多! 会場せまっ!

だだ込みですw

そういや、東レプは行ったことあったけど、会場が違ったな。でもって、ナゴレプと比較すると明らかに狭いなと。
回るだけでも一苦労ですが、まあ土地の高い都心部だとこんなもんかね。
やっぱ住むなら地方都市だなぁと改めて(そこか?)

販売についてはまずまず例年通り。ただ、年々、両生類爬虫類よりもエキゾチックアニマルの比率が増えているような気がしなくもない。このあたりはそういうトレンドなのかなぁと。

両ハについていえば相変わらずではありますが、輸入の関係からか、オニタマオヤモリをちらちら見かけました。なかなかなお値段ですが(^^;

逆に、ナゴレプではちょこちょこ見かけた大型個体は、スペースの関係からか少ないような気がしました。バナスパとかね。

で、ラコダクですが、これはまあまあいつも通りな感じかなと。クレステッドゲッコー中心に、ガーゴイルゲッコー、チャホアが少々、ジャイゲコがちょびっとって感じ。やはり、レオパとかボールのようにモルフが豊富じゃないせいか、なかなかメジャーな種類にはならないようだね。まあ、それで困ることもないけどね(^^;

クレッステッドゲッコーについては、最近流行りの「ダークモルフ」や「モザイク」がちらほらと。クレステッドゲッコーはモルフの選抜が難しい種だと思いますが、それでも私が飼い始めた4年前から比べると、明らかに変化がみられますね。ちょこっと、物欲をくすぐられそうになりましたが(^^

あと、以前はほとんど見かけなかったオス個体が結構売りに出されていました。一部難ありな個体もありましたが、オスが出回ることで、一般飼育者のレベルでも繁殖が楽しめる環境になってきたのは喜ばしいことですね。
もちろん、無計画な繁殖はダメですが、比較的繁殖が簡単な種類だと思いますので、生き物を育てるというだけでなく、殖やすという楽しみを感じてもらうのはいいことだと思います。

しかし、ショップに並んでいる個体って、なんかうちのよりがっちりと体高があるんだよなぁ。。。うちはなにか飼育環境が違うんだろうか?

てなところで、個人的に、「おっ」と思ったのをピックアップ。

○オバケトカゲモドキ
 おお、これはでかい!かっこいい! でもって、値段もたけー!(゚ロ゚)w

○サラシノミカドヤモリ-ホワイトスポット
 これはきれい☆サイズも大きく見ごたえありました。

○クレステッドゲッコー - レッドバイカラーダルメシアン
 「その他大勢」的な扱いで並べられていましたが、最近見かけなくなったクラシックなタイプ。
 体側面の赤さび色が美しいモルフ。気になった方は探してみられるとよいと思います。


して、今回の購入物は、

vivaga151205
エガちゃんが表紙のビバガ。トップページは奇蟲。

売れるのかコレ?

という気がしなくもないですが、エガちゃんが表紙だからこそ買う人もいるのでこれかはこれか←
あ、一応、クレスの記事もあります。

それと、レパシーのCGD。
今家にあるタイプに加え、クラシックとマンゴー風味という2種類が追加されていて、何が違うのかわからず、ショップの方に聞いてみたところ、

今のCGD:タンパク質が植物性ベース

クラシック:今のCGDの前のタイプ。動物性たんぱく質入り。成長期のクレスにはいいかも?

マンゴー風味:食いつきが悪い場合に。マンゴー風味でクレスさんまっしぐららしい。

結局、うちにあるのと同じ、今の一般タイプを追加しときました。あんまし餌変える必要性を感じないしね。


てなところで、トウレプ速報でした。
明日もやっているので、興味ある方はレッツラゴー(死語)

2015-12-05(Sat)
 
プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR