オタクのおっさんの戯言
キターーー!
2015年03月30日 (月) | 編集 |
仕事の都合、などなどで相変わらずいまいちプレイできていないドラゴンズプロフェットの話題です。
ええ、今週は週間成果の入手もできずじまいで(苦笑)

1.ミダスきた!

ということで、やっとこ待ちに待ったミダスイベ実装。

欲しかったドラもコイン交換ショップに並び、がぜんやる気が出てきました。

で、やる時間がないというね(´;ω;`)
ぶっちゃけ、やれる日でダラガハントとサドンデスやって終わりぐらいですな。

ま、今のところは期間限定イベではないようなので、ぼちぼち行くことにしましょう。

2.して、イベの中身は・・・

もう、プレイ済みの人が大半でしょうし、きっと他のブログで紹介されているはず!ということで、細かい説明はしませんが(手抜き)、基本的には従来のイベの焼き直しだと思います。難易度はちょうどいいぐらいですし、種類も多いので、ソロでよしPTでよしと、久々にいいシステムだと思います。

個人的にやってみて、おすすめはサドンデスとダラガハント。回数こなすのにもぐら叩き。というところでしょうか。
山登りは得意不得意別れそうなのと、PT必要なため人を選びそうですが、やれる人はこれも面白いイベだと思います。

DP150329-1
なんか予想外の状態になりますが。
なんかこう、おんぶおばけ的な。

逆にこれはちょっとなぁ・・・というのはキャダックレース。
最後までキャダック乗ってると、ネズミにフルボッコにされます(;;
システム上致し方ないとはいえ、この粘着っぷりはちょっとなぁ(--;

ま、さっさとSとって安地(スタート地点の当たり。ネズミは入れない)に逃げ込むが吉かと。

そんな感じで、ものによって難易度に高低ありますが、レアドラや衣装、家具まで入手でき、コイン収集量もほどほどで、久しぶりの良システムかと思います。これはお勧めb

3.案の定の展開

土曜のトーナメント、ヘビードラゴンホームタイプだったので、珍しくまともにやってみたところ、
DP150330-2
めでたく4位に。
まあ、これはさすがに予想できた展開ではあるなぁ。上位4名、私を含め全員ヘビーだったし。

やはり、ホームタイプの時のヘビーはなかなかなもんではあります。もともと、リーグならグランやニンブルを食える種族だしね。むしろ、これまで過小評価されすぎだったような気がします。

ただ最近は、ちょこちょこリーグでも見かけるようになりましたし、今回のトーナメントでも、ヘビーの参加が多かったのは喜ばしい限りです。ホント、以前のトーナメントはグランとニンブルばっかだったもんなぁ(あとアースと)。

こんな感じで、ホームタイプ補正があるにしろ、トーナメントでいろんなドラが登場してくるようになるといいな、と個人的には思います。

むしろ、今回のトーナメントでは、ヘビー対策の魔法系をほとんど見かけなかったのがちょっと残念。

4.で、

ディアルカ地下監獄って何?
ええ、こんなもんですが、なにか?


EUアプデ情報
・なんか、イースターイベっぽいのが実装?(隠れた卵を探し出す&もぐら叩き)
・その他、ディアルカ地下監獄、黄金装備の追加は日本でもそうなってるのでアプデ済みかな?
とりあえず、「ジャンプは必要ない・・・しかし、自分の足で立っていなくてはならない!」って説明がうけましたがw
ほんと、あの無駄とも思えるジャンプゲーはやめた方がいいと思います。

おまけ
タワーのアミュレットが出ました♪
DP150330-3

DP150330-4
ディスクに比べてえっらい地味(--

てか、鳥関係のディスクなら、毛玉ではなく、これでいいんじゃない?

これ





スポンサーサイト
そりゃ困る(´・ω・`)
2015年03月29日 (日) | 編集 |
世界から猫が消えたなら(著;川村元気)、読了。

CDとかには、いわゆる「ジャケ買い」というのがありますが、本だと「タイトル買い」ってーのがあります。
というわけで、最近の作品&タイトルにひかれて読んでみたのが↑の作品。

帯に、「何かを得るためには、何かを失わなくてはならない」と、ハガレンの等価交換みたいなことが書かれていますが、これが本作品のテーマとなっています。

テーマ自体は昔ながらのもので、私なんかは、読んでて目新しさを感じません。最近の人たちは、こういうテーマの作品を目にすることが少なくなったのかもしれないなぁ。反面、いきなりの導入、描かれるモチーフとその範囲の狭さ(ほぼ自分の活動範囲内に限られ、その範囲がごく狭い)は今風だと思います。

こういうテーマの作品は、モチーフを変えつつ、その時代時代に合ったものが作られてゆき、それを読んだ人に「なにが大切なのか。」を考えさせるのだと思います。

この手の作品を読んだことがない、「今」を生きる人は、一読して自分の周りに思いをめぐらせてみるのもいいのではないかと思います。

追:
本作品にしろ、「思いでのとき~」にしろ、ゼロ年代から続く今の作品を読んでみて、世の中は私が思う以上に「傷ついている」のだと。

正確にいえば、昔も「傷ついている」部分はありました。けれど、それは乗り越えるべきとか、隠されるべき弱さととらえられていたように思います(私の言う「昔」のさらに昔はそうでもありませんでしたが)。

それが最近は、その傷と向かい合って認めよう、そして認めたうえでどうするのか。そこが問われているような気がします。

傷ついていること、あるいは「生きにくいこと」。それは決して「悪いこと」ではない。

私からすると、そういうとらえ方の方が、むしろ健全だと思うのですがいかがでしょう?

昔、私の友人が、「陰は表に出すな。表に出して規制をかけるな。それは、より見えにくい場所にもぐるだけで決してなくならい。それはそれとして、そっとしておけ。」、そう言ったことを思い出します。

追:ちなみに、映画化もされるようです。

世界から猫が消えたなら

これが映画化されるというのが、やはり今の時代なのかもしれません。

それには理由がある
2015年03月29日 (日) | 編集 |
「魔法使いの嫁~3巻」 (著;ヤマザキコレ)、読了。

↑の新刊。相変わらず面白い。というか、巻を追うごとに面白くなっていっている気がします。
話が少しずつ深いところに向かっているというのがあるかもしれません。

あと、世界観が手堅い。イギリスファンタジーを元に、それを独自に展開したものと思いますが、ぶれがなく、その土台に話を作ってあるためか全体的な雰囲気に安定感があります。

昔はファンタジーってとらえどころがない分野でした。ものによっては、SFと入り混じってたりしてたし。特に和製のは「なんだかなぁ」ってのが多かったように思いますが、今は、日本で構築されたファンタジーの方が、むしろなじみやすいという気がします。

そして、内容の方も、ある意味、昔ではなく今を反映したもののように思います。
以前、異類婚の話を書きましたが、昔の異類婚は力を得るための手段であったり、あるいは単純に奇譚であったりしたものですが、本作はそれとは別のところに異類婚の理由があるように思います。

「呪われたもの」の居場所、あるいは理解者としての異類婚。

ファンタジーの本質的なところでありますが、そこがうまく描かれていて、巻を追うごとに深化していくところが本作の魅力のように思います。

個人的には、ちせがエリアスに○○されそうになってるシーンと、壁を「ダンッ」って殴るシーンが印象的でした。
うーん、いい作品だなぁ~。

次の巻が楽しみです♪

追:
あと、リャナンシーの話も印象的。
深いな・・・

追:
限定版はおまけつき、というのは知っていたのですが、ラバーマスコットということでスルーしていました。ところが、書店に行ってみると限定版も平積みに。

ほー、と思って限定版を買いましたが、
mahoyome150329
想像以上にでかかったw

んー、でかすぎて、さすがに私では使えんなぁ。


深いな。
2015年03月29日 (日) | 編集 |
フォックスキャッチャー(監督;ベネット・ミラー)、を観に行く。

見たのは上映終了間際。
ちょいと個人的興味があって見ようとは思っていたのですが、仕事などでバタバタしていたので、「んー、時間あんましないし、DVD出た時にでも見るかなぁ。」と悩んでいたところ、別件で用事ができて、「ならついでにいっとくか。」と見に行った次第。「映画を見るなら映画館」というやつですな。

てな感じで、見に行くまではぐずぐず悩んでいたのですが、

これは観に行って正解だった映画

ひじょーにいい映画ですb

開始から、結末までに至るまでの道筋を非常に丁寧に描いています。
その描き方が非常に渋い。BGMがほとんどなく、演出と役者の演技で淡々とみせていく。ある種のドキュメンタリーのようです。しかし、その演出、裏に隠された暗喩に、明確な製作者の意思が見え隠れします。

これが非常に映画的で、見ていて心地い。

見る人に考えさせるような体を取りつつ、そこに製作者の色を出していく。
個人的には、製作者の意図を「ばーん」と前面に出した、「いかにも○○だなぁ(笑)」みたいなのが好きですが、こういうあえて表に出さず、主張もしないように見えて、見る人を引き込んでいくのも悪くないなぁ。

モチーフが少々特殊で、そこに興味を持つかどうかに好みが出るかと思いますが、映画の面白さを味わってみたい方にはお勧めしたい作品です。


追:
先日書いた、アメリカン・スナイパーとはある種対照的ではあります。

ドキュメンタリー風に淡々と話をつなげていくのはどちらも似ているのですが、アメリカン・スナイパーの方はドキュメンタリー的な色が濃く、ネタでもっていってるところが大きいのに対し、フォックスキャッチャーはネタを非常にうまく調理して一品に仕上げているところが根本的に違うと思います。

映画的には、やはりフォックスキャッチャーの方が評価は上だと思います。


大体計画通り【クレスさん】
2015年03月29日 (日) | 編集 |
きりかさん&ナルカミ君のペアリングが終わって数週間。
概ね予定通りに採卵できましたb

例によって、卵は産卵床からふ化床へ移動。
産卵されてから数日たってたかと思いますが、今のところは異常なく育ってる様子。今年は子供が見れるといいんだがなぁ。

で、はくろさんの方はあまり変わらず、ケージ内をうろうろ。産卵床には入っているようですが、まだ卵は産んでない様子。
さーて、はくろさんの方はどうなるかな?

てなところで、今週のクレスさん。


[続きを読む...]
はぁ~一休み一休み
2015年03月29日 (日) | 編集 |
ここのところ、仕事の都合もあり、ちょいとバタバタしてましたが、

sekkoku150329
先週書いたように、植え替えの第一弾が終わったので、今週はちょっと一息。

植え替え終わって、部屋の中に取り込んでいた植物たちを外に出して改めて思いましたが、やはりポイントは遮光だなぁ。
「日陰で作るのではなく、日当たりのよいところで遮光をして作る。」、その意味があらためて分かった気がします。

「完全な陰ではなく、木漏れ日がちらちら当たるような林床をイメージしなさい。」と言われますが、なるほどなと。
その植物が、そうあるように育ててやるというのが根本なんだろうなぁ。

そんなところで、今日は春らしい、やわらかい雨が降っております。


完了b
2015年03月22日 (日) | 編集 |
相変わらずバタバタしていて、「卵放置を頑張る!」という状況が続いておりますドラゴンズプロフェットの話題。

1.ふぃー
DP150322-1
放置を頑張ったかいもあり(?)ついに完了b

これで、ドラゴンスレイヤー、一種への愛、ドラゴン学博士、と合わせ、ドラリーグ&ドラゴンコレクションの称号がおおむね揃いました。地道に長かったけど達成感はあるなぁ。

↑のドラゴンマイスターの称号が一番難易度高いかと思っていましたが、インキュベがある現在、上記称号の中では一番難易度が低い称号かもしれません。私の推定では、課金ドラゴンなくても達成できると思います。

てなところで、比較的見かけないレアなドラゴンをご紹介。

DP150322-2
コンプソグナエメ。
「なんでこれが?」と思われると思いますが、これはAEの個体。ドラコレでは、どういうわけか同じ名前で2種類いることになっています(設定間違いのような気が)。
ヤンコンプソグナエメを倒さずにAEやるとこれが出るんだっけかな?私は、たまたまAEに行ったらこれがいたのでそのまま捕獲しましたがw

DP150322-6
ライトブルー。細長い卵(バラン採集)から。
インキュベ卵限定のドラが何種類かいますが、これもその一つ。色がきれいからか、リーグでちょこちょこ見かける気がします。

交換卵からは、
DP150322-3
ゴールデンマスクやバロッソンあたりが有名でしょうか。こちらは交換卵から出るので、入手は比較的楽です。

DP150322-5
ダークフィンガー。軽めの卵(スカイコロニー採集)から。
リーグ対戦0回というレアドラゴンw 孵化させた人もいらっしゃると思いますが、スカイコロニー採集卵からなので、数は少ないかもしれません。

ちなみに、
DP150322-4
監獄のティアリプトルと同じですw かっこいい、私好みのドラなんだけどなぁ。ちょこっとでいいからグラ変えて欲しいもんだ。

DP150322-7
グラ同じの名前違いで、スクウィープド。クウィープドと「ス」が違うだけですが。手抜き・・・(んがんぐ

DP150322-8
テイムイーター。これもリーグ対戦0回。
ルーブロ、アクアスケールドラゴン、イーターと同じグラ。手抜きにもほどが・・・(検閲
他のと同じだし、あえてこれ孵化させる人は少ないよなぁ・・・

てなところで、マイスター記念、レアドラ紹介コーナーでした。
え?こんな「その辺のドラ」を「レア」と言うなって?w


2.これじゃなひ
ファッション装備のために登るタワー。スケイルが貯まったので、また箱を開けてみました。
DP150322-9
鎌か~・・・

ギルメンさんは、斧ガールという新たな分野を切り開いておられますが、

カマ男だと、別の地平を切り開きそうなのでやめておきます 

DP150322-10
私好みのいい鎌なんだけどなぁ。シンプルなスチール感がいいb 少なくとも、毛玉ディスクよりはしぶいやね。
ただ、最近、ディスクオンリーで鎌使ってないのががが。鎌-ディスクのスイッチもあるんだろうけどね。

ま、鎌は気が向いたら考えよう。来るかどうかわからんけど、ダブルジョブのこともあるしな。

○EUアプデ情報
・タワーにドラゴン2種追加(1種はイブルアイかな?)
・ドラゴンにもタフネスの効果が出るように変更(キャラクターと同じになる)
・耐性がマイナス値になると最大50%被ダメ増加
・タフネスのステータス修正。クリティカル率、貫通力にも影響を与えるように変更。(←重要らしい)
・1回の生産の生産数を1,000に増加

ふーむ、ドラゴンのタフネス効果が気になるところ。現状、タフネス装備ないし、リーグは装備ないので関係なさそうだが。
今後、PvPコンテンツで影響してくるのかね?

おまけ
DP150322-11
某モーテルみたいに (((((( ;゚Д゚))))) ガクブル

DP150322-12
宙に浮くゴブリン教教主。
さては、目がいっちゃってるおねーさんがトレードマークの、 「木の芽時」イベント布教告知活動か!



もうちょっとかね?【クレスさん】
2015年03月22日 (日) | 編集 |
ペアリングが終わったはくろさんですが、ふ化床を入れているものの、そこに近寄る気配すらなく・・・

んー、産卵まではもうちょっとかなぁ。とりあえず、卵詰まりが解消されていればよいのだが。

てなところで、今週のクレスさん。



[続きを読む...]
ご冥福をお祈りいたします
2015年03月22日 (日) | 編集 |
先日、桂米朝さんがお亡くなりになりました

昔、ある人が、「米朝師匠には色気がある。」とおっしゃってましたが、なるほどと思いますな。男の私から見ても、なんともいえん「雰囲気」というものがある、そんな方やったと思います。

大阪弁というと、なんやがちゃがちゃした、ともするとガラの悪い言葉やと思われておりますが、ほんまは商人が使う「角のないまるい言葉」やと思います。米朝さんが語られる、いわゆる「船場ことば」はまさにそれやと思いますな。

こういう独特な色気と雰囲気、そして端正な芸というのんを、最近はなかなか見かけんようになりました。

ご逝去を惜しむとともに、ご冥福をお祈りいたします(-人-)



米朝さんといえば私的にはこれですな。「味の招待席」
私が「フランベ」なんてな言葉を覚えたのは、この番組からですな。

でもって、語尾に「な」をつけたもんですな。
なつかしいですなぁ。



今年は
2015年03月22日 (日) | 編集 |
昨日は春分の日。
毎年恒例、植物の植え替えの季節がやってきました♪

例年であれば、春分の日の祝日とか、運が良ければその連休とかに「えいやーっ」とやってしまうのですが、今年の春分の日は土曜日。連休にもなんにもならず、

ga-nn150322
ガーンだな。 
また、来年ですか?

仕方がないので、この土日にせっせと植え替え作業。

まず、先日あげた椿の植え替え。三鉢購入した内の一鉢、ちょっと調子悪いなぁと思っていたところ、案の定根が結構いかれていました(;;。完全な根詰まりだなぁ。植え替えで、調子を戻してくれればいいのだが。

その次に、セッコクと風蘭の水ごけ植えコンビをがーっと。なんとか2日で終わらせることができましたb

残りはサボタニですが、こちらはもうちょっと気温が上がってからかな。桜満開当たりを目安にしようかと。
しかし、改めてサボタニを見てみましたが、なんかえらいことになってるな~。増えすぎてワキワキになってるのがちらほら。これは結構時間かかるかもだなぁ・・・

と、ちょっと春めいてきて、「あー爬虫類でも見に行きたいなぁ。」ってなお日和でしたが(注;春の感じ方には個人差があります)、家にひきこもって水ごけと格闘していた土日でしたとさ♪

pana150322

追:
今は培土もネット注文できるようになったので、えっらい楽になりました。椿用に「日向土」と一袋頼んだのですが、あっという間に配達完了。
昔はホムセンとかで買ってきて、よっこらせーと家まで運び込んでいたんだがなぁ。いやはや楽な世の中になりました。


たまご、たまご
2015年03月16日 (月) | 編集 |
↓に、クレステッドゲッコーの卵を上げてみましたが、最近、インキュベに忙しいドラゴンズプロフェットの話題。

リアルでもゲームでも卵か!

と思わなくもないw

1.というわけで
ちとリアルの方が忙しいということもあり、最近はちょいとインキュベいじくって終了彡ってな日が続いております。

ま、狩りの方はひと段落しているので、むしろ今やっとくかというところ。
バタバタ忙しい時でも、インキュベは放置で進むから大変楽。ビバ、インキュベ。

とはいえ、インキュベ自体は今週中には片が付くといいなぁ。

2.てな感じで
あんまし狩りはできていませんが、ギルメンさんのお手伝いでちょこっとID行ったり。

ソロでDHやパレス行けるようになってきましたが、それよりむしろ、PTの裏道周回なんかの方が楽しい♪
慣れてる人はホントうまいからなぁ。あうんの呼吸で進められる感覚。PTの醍醐味だね~

最近、パレスと裏道ぐらいしか野良PT募集見かけなくなったのが、非常に残念です。
黄金装備の新ID、あんな仕様にしなければよかったのになぁ・・・と思わなくもない。まあ、エンドコンテンツというならそれまでですが。

逆に、先週書いたように、ドラスタルがっつり詰め込んで火力あげるのって、PTでどれほどの有用性があるんだろう?という気がしてきました。もちろん、ある程度の火力が必要なのは確かなのですが。
ぶっちゃけ、裏道周回ぐらいだと、ドラスタル詰め込み後でも、体感あんまし変わんないんだよね。。。PTのメンツにもよるんでしょうが。

サイレントタワーもPTで行く方がはるかに楽だしな。てか、ソロだと一部特殊階層詰むしw

3.こんな感じだったか
EUのアプデ情報に上がっていた、白のシステムメッセを自分で流せる「ラブ・メッセージ」ってアイテムが配布されました。

(入力)+「定型文」+(入力)の形式で、一種の「お題作文」みたいなものですが、本来の目的(?)以外のメッセにも多用されていて、中にはなかなか面白いものが。
こういう「遊び」なシステムっていいなぁ。これなら、いつもは邪魔な白メッセも許せます(笑)

ホワイトデー以外のときにも、たまにはこういうのやって欲しいねb

4.こんな感じだったかの2
同じく、EUのアプデ情報に上がっていた、「エンゲージ・リング」が実装。ほーこういうシステムだったか。

使う相手がいませんが。

ええ、私にとっては下手なIDよか難易度高いですw
逆に、できる人はこれで称号量産できるんかね??これの称号量産するってーのもアレですが。


と、EUで実装されたシステムも、ぼちぼち日本にも適用されてくるようになってきたところで!

ミダスイベまだ~(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

むしろこれを。
というか、イベなくてもいいから、イベドラだけ配布してw

といったところで、今週はバタバタしているため、手抜き文字だけの更新で申し訳なし。

○今週のEUアプデ情報はありません。

コロンと【クレスさん】
2015年03月15日 (日) | 編集 |
先日来から同居させていた、ナルカミ君とはくろさんのペアですが、再び個別飼育に切り替え。

ケージの掃除の都合とか餌やりの都合とか考えながら、またタイミングがあれば同居させようかな?とも思っております。

で、個別飼育に切り替えてすぐに、
hakuro-egg150315
はくろさんが、”ころん”と一つ産卵。

前々から、「ちょっと気になっていることがある。」と、書いてましたが、それは、ひょっとするとはくろさん、卵詰まりをおこしてるんじゃないか?と。

というのも、しばらく前からはくろさんの食が細く、おなかのふくらみが少しおかしいような気がしていたので。
すでに1回産卵しているのですが、その後卵を見かけず、これはひょっとして・・・とずっと気になっていました。

そのため、ナルカミ君とペアリングすれば、それが刺激になって、産卵してくれるんじゃないかと期待していたのですが、思った通りの結果になり、ちょっと一安心(^^v。まだ、要経過観察ではありますが。

自然であればつがいになるお年頃。
「そうなるようにしてやる」というのが、生き物にとって一番大切なのかもしれません。

お医者さんにかからず、気が付いた時には手遅れ・・・というのもダメだけどもね。

てなところで、今週のクレスさん。


[続きを読む...]
そろそろだが
2015年03月15日 (日) | 編集 |
先日購入した、椿の「月の輪」が咲きました。
tukinowa150315
美しい・・・非常にゴージャスな花。ちょっとハイビスカス風な感じです。
これは買ってよかったなぁ(しみじみ)。

少し前、鉢や培土を見がてらホームセンターに入ったのですが、やはりホームセンターだと椿の品ぞろえってほとんどないですね。しかも、庭植え用の根まき物が多くて。

たまたまでしたが、あの椿展は行けてよかったなぁ。


さて、その他春蘭類もちらちらと。
shynken150315
春剣蘭。今年は細弁の上、かなり落肩に咲いてしまいました(;;
春剣蘭は年によって花型が狂うのが悩ましいところです。

yousiso150315
楊子素。久しぶりの開花です。
裾もの扱いの素芯ではありますが、やはりいい花ですね。濃緑の花弁と白い舌のコントラストが素晴らしく、非常にすがすがしい花です。

上の椿と下の楊子素。
全く趣の違う花ですが、この両方を美しいと見、そこに春を感じる。
これが日本人の感性なのかもしれません。


少しファンタジーな世界
2015年03月15日 (日) | 編集 |
思い出のとき修理します、(著;谷瑞恵)、読了。

以前書いたように、「最近の作品読んでないなぁ~」と思い、最近の作品を読んでみたという次第w

舞台はさびれた商店街。今の人たちはどうかわかりませんが、私なんかは、その舞台設定だけでノスタルジーに浸れます。

そんな舞台で、「思い出のとき」にまつわるちょっとした話が展開していきます。どこか懐かしく、そしていわゆる「甘い痛み」のようなものを抱えたお話。

そこにちょっとしたファンタジー。日常の中に、ほんの一瞬交錯する、ちょっとした不思議。その時は「あれ?」と思うものの、時の流れがそれすらも日常の中に組み込んでいきます。

でも、そんなちょっとしたファンタジーがあるから、そこに癒しがあるのかもしれません。あとは、それに気が付くかどうかでしょうか。

そういう、ハート・ウォーミングな五編の連作。日々に追われているならば、ちょっと足を止めて、こういう作品を読んでみるのもいいかもしれませんね。


さて、ちょっと話は変わりますが、先日、愛用していた腕時計が動かなくなってしまいました。店に持っていったところオーバーホールが必要とのこと。提示された費用は、そこそこの腕時計なら新しいのが買えるほどの値段。しかも、オーバーホールには約1か月かかるとのこと。

それならば、いっそこの機会に新しいのを買うか?とも思ったのですが、お店の修理担当の方に、「購入されて7、8年ですか?オーバーホールすればまだ使えますよ。」と言われ、「たしかに、長年使ってきたやつだしなぁ。まだ使えるなら修理するか。」と思いなおし、結局オーバーホールに出すことにしました。

その後しばらく腕時計のない生活に。今は携帯やスマホで時間を見れるため、最近の人だと腕時計をしない人も多いようですが、長年腕時計を使っていた私なんかは、やはりちょっとしたときに腕時計がないと不便さを感じてしまいます。

「オーバーホールに1か月もかかるんなら、やっぱりあの時新しいの買っておけばよかったかなぁ・・・」、などと思っていた時に読んだのが↑の作品。
そして、本作品を読んで、いやいや、オーバーホールに出す方が正解だったんだと、しみじみそう思いました。

この作品を購入したのは、腕時計が動かなくなる前。

そして、読み始めたのはオーバーホールに出してから。


生きていると、そんなちょっとした不思議が交錯する瞬間があります。

なぜなのか?

それはいまだによくわかりません。


こういう境地なのかね?
2015年03月15日 (日) | 編集 |
「アメリカン・スナイパー」 (監督;クリント・イーストウッド)、を観に行く。

ええ、監督がイーストウッドだからですがなにか?

というだけではなく、ちょっとスナイパーってのが気になってたからとか、戦争ものだからというのもありますです。

しかし、ここのところイーストウッド監督、結構な頻度で新作作ってるような気がするんだが。んー。

で、内容というか作品の作りですが、ある種、以前に書いた「ジャージー・ボーイズ」に似ています。
すごい淡々と描いていくというか積み上げていくというか。映画的というより、ノン・フィクションものっぽいというか。

個人的にイーストウッド作品ってベタな印象があったのですが、最近は作風が変わったのかね?あるいは、そういう境地に達したのか。

ただ、淡々と、ある意味非常に冷静な目線で描かれているからでしょうか、非常に難しいモチーフを、変な政治的な色合いを出すことなく描き切っています。しかも、全体を通して、いい感じの緊張感が保たれています。このあたりはさすがだよなぁ。

同じモチーフの、ハート・ロッカーとは全く異質だし、「アカデミー賞有力」とか言われながらかすりもしなかった(笑)フューリーとも全く違います。しいて言えば、西部戦線異状なしに近いのかな?

とりま、今のイーストウッドが戦争を描くとこうなるというのを見たい方はどうぞ。

エンドロールが全くの無音というのに、イーストウッドの思いが込められているように思いました。
アメリカで驚異の大ヒットになっているというのは、分かる気がします。


追:
以前書いた、GROUNDLESSで、「スナイパー」というものがどういうものか気になっていたのですが、勉強になりました。
なるほどな~。逆に、GROUNDLESSって、ある意味非常にリアルに描かれているんだなと。

追:
あと、主人公の奥さん役のシエナ・ミラーが、私的にはドストライクでしたw
いいわ~

ほのかにあっためときました
2015年03月08日 (日) | 編集 |
最近、「アーテイシアが定位置」と言われている管理人です。

ええ、先週今週とも仕事がバタバタしていて、卵放置ばっかですがw
逆にいえば、プレイはできなくとも卵放置ができる!とは、おっさんの勤め人にはありがたい仕様であります(-人-)。

それがゲームかどうかはともかくとしてだ!

1.ドラトーナメント

先日のトーナメントは、グランがホームだったので、うちのグランをエントリーしてみたところ、
DP150308-2
予選は突破。
その間、中の人は飯食って放置でしたが。放置でもいけるとは、さすがグランだなぁ。

しかし、グランホームとか他種族にはきつそうだ・・・。まあ、飯放置してたので、どうやって勝ったかわかりませんが。

ホームアドバンテージのおかげで、ホームであれば普通は使わないような種でもトーナメント出れるようになったというのは良いのですが、逆に、それ以外の種だと詰む場合がありそうなのは難点だね。

ま、次はここいらに調整が入るかもだなw

あと、ラピッドブラッドに修正がかかったものの、ニンブルをうまく調整して使ってる人もいらっしゃいますね。
個人的には、「頭一つ抜け出た」強さはなくなったかもしれませんが、相変わらず使える種族だと思います。

ただ、相対的にニンブルが弱くなったためか、リーグでは他の種族をよく見かけるようになりました。
私もぼちぼちヘビーから別のに切り替えたいところだなぁ。てか、今の環境だとちとつらい相手が(^^;


2.これはディスクに入りますか?

成果でマークドラゴンスケイルが貯まったので、「ひゃっほー」と、サイレントタワーのファッション箱を開けてみたところ、ディスクが。さっそく装備してみたのですが、

DP150308-2
拡大
DP150308-3
青い毛玉にしか見えません。

ディスクなのにすげー厚み。ディスクというより、むしろ洗車ブラシ。くるくる回ってるし。
それならばと、卵抱えたギルメンさんの卵を、これで磨いて差し上げました。
スクショ取り忘れたのが残念でならないw

とまあ、今週は卵あっためるのに忙しかったのでこんなもんでw


3.おまけというか
ギルメンさんやフレさんのブログにキャラメイクの話題が出たので、うちのサブキャラですが、

DP150308-4
拡大
DP150308-5

ひんぬーにしようと思ったのに、これ以上小さくならない。・゜・(/Д`)・゜・。

男がみんな、きょぬー好きと思うなよ!ヽ(#`Д´)ノ

仲○さんとか、○さんとかいるじゃないですか。そんな感じを目指していたのに・・・ 作れないとかガッカリだorz

DP150308-6
一応差はあるんだが・・・

※仲○さんとか○さん(伏字にすると誰かわからんな)を代表みたいにあげてしまい、ファンの方には申し訳ありませんm(_ _)m

・アプデ情報(EU)
すでに先週上がっていましたが、PvPコンテンツが実装の様子。
5~10人PTのチーム戦で、相手のクリスタルを破壊するとか。以前の領地のクリスタル戦みたいなもんなんかね?
このゲーム、システムの使いまわし多いからなぁ。

ちなみに、タワーと関係なく、毎日開催だそうな。
はじめての【クレスさん】
2015年03月08日 (日) | 編集 |
というわけで、先週ちらっと書きましたが、ナルカミ君をはくろさんのケージに移して同居させてみることに。

ちょっと気になることがあったから・・・というのがあるのですが、たぶん、はくろさんもお年頃だと思うんで、そろそろ大丈夫かなと。

で、同居させた結果が以下展開。


[続きを読む...]
ようこそ、日本へ~
2015年03月07日 (土) | 編集 |
以前、「ちょっと椿が欲しいなぁ。」ってな話を書きましたが、なかなか入手する機会がなく。

今年もこのまま終わりかなぁ・・・と思っていたら、駅の掲示板に「つばき展」の広告が!

おお~、ナイスタイミング!と早速行ってきました。
しかし、最近、駅の中づり広告とかでイベント気づくことが多いなぁ。しかも、絶妙なタイミングで。

展示の方は、屋外で大型の鉢物。
tubaki150307-7

tubaki150307-8
これぞ椿!って感じの花ですね。
花だけでなく、葉の作りも素晴らしい。緑の照葉と赤のコントラスト。

tubaki150307-9
昔は、くっきりはっきりした花色、例えば黒侘助なんかが好きでしたが、最近はこういう淡い桃色がいいなぁと。年取ったせいかなぁ(^^;

tubaki150307-10
八重の斑入り。赤と白のコントラストが美しい。

tubaki150307-11
椿がこんな感じに咲くとはちょっとびっくり。こう、ぽつぽつ咲くもんだと思っていたので。
品種と作る方の技術なんだろうなぁ。

tubaki150307-12

tubaki150307-6
獅子咲きかな?八重や獅子咲きになるとボリュームがでてきます。千重咲きともなるとまるでバラのようで、ぱっと見、椿に見えないほどになります。

ボリューム感があって豪勢な花ですが、個人的にはすっきりとした一重の方が好きかな。

tubaki150307-13
白斑。美しい。
白雪に紅椿、日本の冬の美しい風景の一つだと思いますが、それを一つの花の中に映し出しているような清冽さがあります。

tubaki150307-14
覆輪八重花。
椿の名花に「玉の浦」がありますが、それの八重のようです。くっきりとしたコントラストとボリューム感が素晴らしい。


室内では、盆栽仕立てのものと、花見本のような感じで一輪挿しが展示されていました。
tubaki150307-15
根上り盆栽かな?これだけ見事に咲かせるというのはすごい技術ですね。


そして、会城(笑)内の庭園にも、もう時期は終わりかけですが、いくつか花が残っていました。
tubaki150307-2
唐子咲。
おしべが花弁化したもの。八重とはまた違う独特のボリューム感と美しさがあります。

tubaki150307-3

tubaki150307-4

tubaki150307-5

椿は学名;Camellia japonicaの通り、日本を代表する花木だと思います。茶花にもよく使われます。
昔、日本からヨーロッパへ持ち込まれたものが人気を博し、「椿姫」のモチーフになったのは有名な話。
色を失った冬の景色に咲く赤花に、どこか心をつかまれます。

そんなわけで、前々から少し手元におきたいなぁと思っていた次第。
木ものではありますが、生長が遅い低木なので、まあ、うちでもなんとかなるかなと(^^;

あと、以前少し書きましたが、私が小学生のころ、山で見つけた椿の苗を、田舎の庭に植えていたところ、白花のきれいな椿に育ちました。1本立ちの苗が、こんなにもなるものかと驚いたものです。
ところが、その椿を、阪神大震災のどさくさで失ってしまい・・・(泣
それ以来、椿には何か心に引っかかるものがあるんですよね。

といったところで、即売場もあったので(というか、メインはこちらというw)、3鉢ほど買ってみました。
そのうちの一つが、
tubaki150307-16
出雲大社藪
ネットで見ていて欲しいなぁと思っていた品種。出物があってよかったです(^^v
小ぶりでいかにも茶花という感じの花ですが、↑に書いたように、年のせいか、最近はこういう花がよくなってきましたw

椿には、なんかこう、日本的ななごみを感じて癒されますね。
tubaki150307-1

城内では、梅もきれいに咲いていました。
木に春と書いて「椿」。
春ももうすぐ。


追:
梅と桜は風景。椿は点景。
城内のを見ていてそんな感じがしました。


生き残るもの
2015年03月01日 (日) | 編集 |
ちょいと片が付いてきたので、まったり進行のドラゴンズプロフェットの話題
※以下展開のクジャバイの説明修正(大変申し訳ありませんm(_ _)m)

1.ニンブル修正
公式には発表されていないようですが、EUで修正された、ニンブルのマスタースキル「ラピッドブラッド」の修正が、日本でも当たっているようです。

そのため、ドラゴンリーグでニンブルがかなり弱体化。
ラピッドブラッドについては、海外の掲示板で「強すぎる」という批判が出てたぐらいだからなぁ。

その影響からか、リーグを眺めると、先にあったアースの修正でアースが消え、今回の修正でニンブルが消え、現状、残ったのはグランぐらいというところでしょうか。

でもって、グランはうちのクジャバイさん(ヘビードラゴン)で踏みつぶせるので(ちと厄介ではありますが)、対戦はかなり楽になりました♪

逆にいえば、やたらとグランが目につくようになり・・・
何人かの方は、変更前からグラン以外の種族(シャロン、フライ、バッダスあたり)をリーグに出しておられ、通好みのしぶさだなぁ~と感心していたのですが、それ以外は結局グランかよ・・・みたいな。

以前少し書きましたが、仕様変更で「順位」が入れ替わり、そのたびごとに下からひっくり返すってなことをやってきたので、今回のことも「見慣れた風景」ではあるのですが、なんでこうも「見慣れた風景」の繰り返しになるのかなと。

強い者、頭の良い者が生き残るのではない。変化するものが生き残るのだ。

とは、ダーウィンが言ったという都市伝説で有名な言ですが、警句としてはあながち間違いじゃないやね。

ま、ドラリーグなんて、コンテンツのごく一部なので、どう考えるかは個人の趣味というところでしょうか。

ちなみに、うちのクジャバイさんのスキルとかの構成は、コアな話なので、以下展開のとこに上げときます。
あと、個人的に、ニンブルは、使い物にならないほど弱くはなっていないと思います。

2.ホームアドバンテージ
↑の修正に加えて、トーナメントの種族ホームアドバンテージが正式に当たるようになりました。
土曜はたまたまツインヘッドだったので、試しにうちのバディのアンフィスさんを投入してみましたが、

なんだこの火力(@@

予選でグランと対戦しましたが、ウインドアタックでグランのHPの9割方持っていきます。
ツインとは思えぬこの火力。アドバンテージの威力すげぇな。

結局32位戦でグランに負けましたが、ツイン、しかも狩り用のリーグ調整していないドラで、トーナメントいけるというのは驚きでした。

これからのトーナメントは、グランのウインドアタックでドーンとはいかなくなりそうです。
一部のドラについては、ホームだと、それ以外の種で勝つこと自体不可能かも。

逆にいうと、ホームタイプであれば、バディに入れている狩り用のドラでも結構いけると思うので(少なくとも今なら)、少し参加しやすくなったかも知れません。
前のトーナメントなんか、グランとニンブルの展示会だったもんなぁ。

このあたりは、今後様子を見る必要があるでしょう。
リーグとは別に、トーナメント用の調整というのが必要になりそうな予感。

ま、これもしょせん1コンテンツですし、今後仕様が変わる可能性もありますがw

3.ドラスタル
やっとこ装備のドラスタルの埋め込み完了。従来からエネ値をちょっとあげ、構成種類を少し見直しました。
ふー、やれやれ長かった(--;

で、火力は上がったんだろうということで、ハーファスあたりを回ってみましたが、

体感ほとんど変わらん・・・

以前書いたように、神殿周回は当然全く変わりません。

気づけばドラゴンハート神殿もソロで行けるようになってましたが、ここはやはりPTで行った方がはるかに楽。

正直、ドラスタルってどれほどの意味があるの?

って感じ。
もちろん、入れないより入れた方がいいのは間違いないのですが、台湾サイトのランキングにあるように、ファッションに詰め込むだけで十分なんじゃないかという気がしてきた・・・
キャラ強化でドラスタルの話がよく出るので、自分でも、と試してみたら、思ったほどでもなかったという感じ。

だいたい、自キャラの火力をドラスタルであげたところでしれてるしなぁ。やっぱし、IDによりますが、PT組んでがーっといった方が楽です。

ともに戦う仲間こそ、最強の剣、最高の盾

だという気がするね。

と、AP使用でドラスタルもらえるキャンペーンやってるにも関わらずこんな記事をw
てか、エネ値700ドラスタルって確かにすごいけど、1~2個あったぐらいじゃ大して変わらんと思うんだがなぁ。


そして、以下展開にうちのクジャバイさんのデータを。

[続きを読む...]
次どうするか【クレスさん】
2015年03月01日 (日) | 編集 |
今週は仕事がバタバタしていたこともあったし、たまっていたネタは先週がーっとアップしたので、今週はのんびりペース。

きりかさん&ナルカミ君も、短い同居が終わって再び平常進行。
ただ、きりかさんのケージには産卵床を入れておきました。来週か再来週ぐらいには産卵かな?

さて、その次、はくろさんとの同居をどうするか考え中。
はくろさんは今一つ体が大きくなっていませんが、年齢(?)的には、ぼちぼちお婿さんを迎えてもよいはず。
ちょっと気になることもあるので、来週あたり同居させようかと考えています。

クレステッドゲッコーは野外だと、一匹の雄に複数の雌のハーレムを形成するようですが、さすがに家でその環境を再現するのは無理なので、「通い旦那」になってしまいますが(笑)


てなところで、今週のクレスさん




[続きを読む...]
やっとだ・・・
2015年03月01日 (日) | 編集 |
妖怪大戦争(監督;黒田義之)、を見る。

デアゴスティーニの「大映特撮DVDコレクション」から。

あ~、やっとというかついにというか。最初に見てから何年たったろう(遠い目)。

深夜の特撮特集かなんかでTV放送されたこともあったんだが、野球だか何だかの影響で放送時間がずれ、途中までしか録画できておらず orz当時の鉄板あるあるネタではあるけれど。

そんなころから幾星霜、たまたま本屋で見かけて即購入。やっとこ全部みることができました。
まあ、大映特撮DVDのことは前から知っていたんだが、さすがに定期購読するつもりはなくて(^^;。ほんといいタイミングで目についたよなぁ。

と、前置きが長くなりましたが、大魔神に続く時代劇仕立ての大映の特撮映画。一部のマニアには有名な作品ですな。
2005年に三池監督で同名のリメイクも制作されております(妖怪大戦争(2005年版))←ちなみにこちらは見てません(汗

で、内容ですが、

内容はき・く・な~

ということでw
そりゃまあ、あの時代だしね。
ただ、さすがにそこは大映、大魔神と同じくドラマパートは結構しっかりしていますし、当時の時代劇感がよく出ています。

爆発こそが特撮

みたいな某系列の映画とはやはり一味違うよなぁ。
てか、ほんと、あの系列、なんであんななっちまったんだか。海外リメイクの方が・・・(ゴニョゴニョ

と、ごく一部のマニアなおっさん向け作品ではありますが、なにかと妖怪だらけの昨今、またリメイクされてもよい作品かと思います。内容的にも、このご時世に合うところがあるしね。

「このままやったら日本のお化けの名折れやで!」 by 油すまし


追:
同じような感じで大魔神もリメイクされていい作品だと思うんだがなぁ。
ちなみに、大魔神は1作目「大魔神」が好き。怒ると逆襲はいまいちだったかな。

追:
ディアゴスティーニのシリーズで、妖怪大戦争の次はガメラvsギロンでした(すでに発刊終了)
ギロンはすごいよね~。インパクトのでかさであれに匹敵するのはちょっとない。最初見た時のおどろきはハンパなかったw


ホントおかしい。いろいろおかしい。

追:
で、今週は、「宇宙人東京に現る」
これもまた一部のマニアに、ヒトデとかデカラビアの原型として有名な作品だが、さすがの私もこれはなぁ・・・

追:
てな感じで、「妖怪ブーム」って定期的(?)におこっている。
理由はよくわからないが、子供受けする、というだけではないような気はする。