オタクのおっさんの戯言

さすがではある

思い出のマーニー(監督:米林宏昌)を観に行く。

この手の映画をおっさん一人で観に行く。
んー、なかなか芳ばしくていい感じだと一人ほくそえんでいたら、

全然そんなことはなかった

という作品。

さすがにジブリ作品だわと、妙なところに感心してしまいました。
入場した時、客層が私かそれ以上のご婦人が多く、「あれ?」と思っていたのですが、なるほどそういうことかと。

まず、小さいお子さん連れで楽しむような映画ではありません。ジブリ作品だからと、トトロ的な何かを期待してはダメです。てか、ジブリ作品っていつからそういう位置づけになったんだ?

また、百合百合したのを観に行くというのでもありません。

では本作品は何なのか?

それを書いてしまうと超ネタバレになってしまう。

という感じ。
封切り前、だいぶと宣伝されてましたが、これは宣伝難しいわ。
宣伝の焦点を本質に当てたら一気にネタバレになるし。かといって、あの宣伝で見に行った人は「あれ?」とかなりそうだし。

ただ、よくできた作品であることは間違いありません。
中盤やや中だるみしますが、後半一気にきます。がっつりきます。でもって泣けます。定番のストーリーなんだけども、丁寧に作るとやっぱりくるよなぁ。

ジブリ作品ということで見に行った人にはあまり評価されないかもしれませんが、TV放送とかで広い範囲の人達に見てもらうと、評価が上がりそうな気がします。

宮崎監督が引退を表明されてから、初のジブリ作品。監督も米林監督。
そこでこういう作品を持ってきたか・・・というところに、ちょっと考えるところがありますね。

好みはあるかと思いますが、一見の価値はあると思います。


追:
しっかし、ジブリ作品っていつから「ファミリー向け」なんてレッテルが張られるようになったのかね?
前の「風立ちぬ」の時もそうだけど。

以前にも書きましたが、風の谷のナウシカなんて、ホント、知る人ぞ知るぐらいの作品だったんだが。
でもって、↓の名探偵ホームズが同時上映されてたりね。
(ナウシカはスタジオジブリができる前の作品、というツッコミはさておき)

世間の期待ってやつにジブリ作品は応えてきたとするならば、宮崎監督はそれで自分が作りたかったものを本当に作れたのだろうか?
そこがいつも気にかかる。


スポンサーサイト

けも耳の最初か?

魔法使いの嫁~1巻(著;ヤマザキコレ)、読了

「人ではないけれど、一部の女子から絶大な人気を誇る」存在(小説の登場人物とかキャラクター)があります。

古くは「美女と野獣」。最近、実写でリメイクされました。
美女と野獣

ちょっと前ですが、

↑のジャック・スケリントンとか。

上記2つのキャラクターについて言えば、
1.紳士(英国風)、2.体が大きい(特に身長)、3.ある種の大きな力を持っている、4.ちょっとダークサイド
といったところが共通項でしょうか。

でもって、どちらも、「見た目は明らかに人間ではない。」キャラクターです。
けれども、何気に女性フアンが多いキャラクターだと思います。

このあたり、「けも耳でも、見た目はほとんど人間と同じ。」な男性向けキャラクターはだいぶ違うなぁというところ。
明らかに見た目は人じゃないけれど、男性人気の高いキャラクターって、ほとんど思いつきません。

と、少し話がずれましたが、冒頭に挙げた「魔法使いの嫁」は、こういった「人ではないもの」との恋愛(?)を描いた作品です。

mahoutukaino
↑こんな感じ。
男性キャラはすでに「人間ではないものの骨」になってますw

この手はある程度需要があると思うのですが、作品としてあまり目にすることがないので、読んでみた次第。

男性(?)キャラクターは上にあげた「定番」をきっちり踏襲しているような感じ。
全体的に自然多めの優しい雰囲気の作品になっています。
個人的には、「異類の相手に対する葛藤」みたいなのを期待していたのですが、そこいらはまったくと言っていいほどありません。その理由は、本作を読んで見てのお楽しみということで。

まだ1巻なのでこれからに期待というところですが、結構人気があるようで、それなりな部数が売れているようです。

「地球の男に飽きたところ。」な方にはお勧めですb


追:
こういった、「人外のものとの婚姻」を異類婚姻譚とよび、本作もその一分野としているようですが、厳密にはちょっと違うかな。なお、異類婚姻譚の「異類」はたいがいアレなので、うかつにググらないようにw

追2:
人ではないけれど人気があったキャラクターだと、



名探偵ホームズのホームズ。これも当時、一部の女子からは、すごい支持されていたように思います。

ま、そういう私もハドソンさんは好きだがな!
非常に宮崎さんっぽいヒロインだよね。

ちなみに↑は知る人ぞ知る名曲b

追3:
あと、見た目人間ということであれば、真壁君という最強の生き物が。

当時、
女子:「ちょっと不良っぽいけど本当は優しくて~、しかも、実は魔界のプリンスっていいよねぇ~。」

男子:「じゃあ、怪物く・・・」(ゴッ)(グーで殴られる音)
は定番のネタでしたw

追4:
異類の男子版だと最近ではこんなところかな。

モンスター娘のいる日常

たいへんふつーにラブコメですw

そういうときもあるじゃない

「海賊とよばれた男」(著;百田尚樹)、読了。

ええ、ベタだというのはわかってます。
わかってますが、ペヤングのカップ焼きそばを食べたくなる時ってあるじゃないw

ということで、その内容。
第一部というか前半部分は非常に百田さんらしい感じで、期待通りだったのですが、後半は、事実というか「あった出来事」をだーっと並べてる感じで、思ったほどの感動はなく。

戦前戦後を石油を通してみる、あるいは「明治の男」の傑物ぶりを読む、という意味ではよいのですが、史実をもとにしたフィクションとしてみると、読み物としての面白さが欠けるかなぁというところ。
もう少し、前半部分のような人間物語的なものを入れてほしかったように思います。

なかなか興味深い内容で、面白く読めたのですが、後半部分が小説と伝記の中間みたいな感じになってるのが残念かな。

さすがに、近代のことなので、江戸~明治の話のように、思いっきりフィクションにするのも難しかったのかもしれませんが。


追:
さて、本作、現在、漫画化もされています(連載中)

海賊とよばれた男

なかなか、原作に忠実に描かれているのですが、

takechi
武知甲太郎が驚きのイケメン。

敗戦直後の人に見えねぇ。

このすきに

ドラゴンズ プロフェットの話題を。

先日、うちのギルドが民族大移動をしたのですが、私はとりあえず居残り残留を決め込むことに。

で、このすきに、たまっていたDVDを消化したりとか。

そうだよなぁ~、21世紀になったら、Geishyaの電光看板見ながら、屋台でうどん食ってるはずだったんだがなぁ・・・

~ 閑話休題 ~

もありますが、ちょいと積み残していた課題をちょっとづつ片づけることに。

1.コレクション
DP140830-2
長老とか

最後の〆に、
DP140830-3
最初↑見たときは衝撃だったよなぁ。「え?これドラゴン?!」みたいな。

そして、
DP140830-1
今さらながらで恐縮です(汗
とっくに達成してる人もいると思いますが、まだの方は、今ならいけると思いますのでチャレンジしてみてください♪
入手できるのはルーンだけですが(いわゆる自己満足)。

あとの、徹底研究、熱狂的コレクター(だっけかな?)はまだまだ遠いなぁ(==


2.神殿周回
だいぶパターン化がこなれてきて、1周、うまくいけば4分切れるようになってきました。
火力は大して変わっていないので、きちんとしたパターンを組めばいけるんだなぁと。

さらに火力調整すれば、プリーストでも4分は十分切れると思いますし、実際、4分を大幅に切る感じで周回している方もいらっしゃるようです。

ちなみに、使用ドラはエンシェント。ツインのマインドショックは便利なのですが、Mobを集めすぎてしまうため、その殲滅に少し時間を取られる感じ。あと、移動がわずかに遅いからかな?

逆に、意外とシャロンが使えます。マスタースキルのサモンライトニングが、神殿ぐらいのMobだと結構有効です。

パターン化はゲーム(特にアクション系)の基本なので、他にも色々と試してみるのも面白いと思います。

個人的には、瞬間最大火力を出すのよりは、よほどゲームだと思いますんで。
瞬間最大火力的なのは、 「(それはゲームじゃなくて)算数の問題」と言われることがあるし・・・
人それぞれ好みや考えはありますが。

あー、金クエで周回こなしてたの思い出すなぁ>某友人

3.ワールドボス
サブキャラでうろついてた時に出会ったりしたので、力試しにメインキャラで食ってみることに。

DP140830-4
この他、ヤーダンを。

乗り降り併用で、時間はかかりますが、ソロでも十分食えますね(いまさらという話ですが(汗))。
ただ、作業すぎて途中で飽きる・・・orz

4.サブなんかを
ちょろっと育成。

んー、キャラの見た目が、なかなか好みに仕上がったなぁとしばし見とれる。2秒ぐらい。

その後、あーでも、こんな両手斧ぶんぶん振り回すのって、どっかのホッケーマスクさんみたいでこえーよなぁ、と思い直す。

んで、周囲のゾンビさんを斧でぶんぶん。どこのホラー映画かと。

5.その他
ウォンバートン城で迷子。無駄に広すぎ。あげく、他に人いねぇ。

LVアップしてるのに、なんか強くなんねーなぁと思っていたら、ステ振ってなかったというオチ。あるあるネタの提供。


追:
ヴァイキングの龍のイメージ

12秒頃の船のへさき参照。
↑は、ワンピースの作者が影響を受けた作品としても有名。

追:
以前、「イースターの卵ペットって、カリメロに似てるよね。」と言ったら、「(カリメロ)しらん。」と言われたorz


で、↑がカリメロです。
かわいすぐる~(≧▽≦)/
2013年の新作で、今年、日本でも放送されるとか。
で、卵ペットに似てるでしょ?主に卵の殻だけ。
てか、卵の殻をかぶってると、もれなくカリメロに脳内変換されます。

ちなみに、おっさんが知ってるのはこっち。

時代を感じるよねw

そういや昔、
友人:「あの、卵のからかぶったやつ。えーっとなんだっけ・・・」
友人:「そう、チャルメラ!

私:「ちがっ・・・」
ってなこともあったなぁ(遠い目)

なお、 「羽装備を見るとダンバイン思い出すなぁ。」ってのには賛同してもらえたので、ボーダーはそのあたりらしい。

今見ると、黒ボニーも走っててビックリだ。

おまけ
今度メガネさんの映画が封切りになります。

好きな人は見に行くといいかもです。
「嫌いな女子なんていません!」って大野さんも言ってたし。メガネじゃない方で。

蓼食う虫も好き好きなら、やっぱり私は蓼食う虫【クレスさん】

とある方から、

ペットの趣味が悪い 

と言われた管理人です。

まあ、(ピー)の趣味も変わってると言われたことあるしなぁ。

ということで、言ったご本人=Lotusさんのブログをリンク(相互)させていただきましたので、よかったら見に行ってね~♪

夜想曲

ドラゴンズプロフェットのブログです。
赤毛のアンとハーブとメガネが好きな、アルプスの乙女です(推定)。
だれか、ロッテンマイヤーさんを呼んできてください。

あと、実にムテキなチャットを打たれます。私のIMEに記憶させたいほどです◎。

と、宣伝はさておき、まあ、このうちの子たち、確かに人を選ぶのは間違いない。
ダメな人は本当にダメだし、逆に、好きな人は女子でも好き。
というか、何気に女子にも好きな人は多かったりします(特にレオパとかボールとか)。

ということで、まあ、この子たちが好きだという人もいるんで、そこはそれということでね~。

danbo1-140826

danbo2-140826

danbo3-140826

danbo4-140826

と、ミニダンボーさんで薄めてみるテスト。


んー、人を選ぶあたり、やっぱ、私の(ぴー)の趣味と(ry


てなところで、以下、恒例の、「ダメな人は死亡する」画像をw


続きを読む

複雑な気持ち

3.11のあの日、TVを見ながら、

「あー、もうこれで日本でゴジラが製作されることはないだろうなぁ・・・」

と思っていました。
不謹慎ですいませんm(_ _)m、特撮脳なんで許してください。

と、そこへ海外からやってきました。

GODZILLA

そりゃまあ行きます。

ハリウッド版ってところにちょっとひっかかりはあります。
でもって、ゴジラとでっかい植物ががっつんがっつんやる日本映画を見て、「二度と和製ゴジラ見に行くか!」と思ったこともあります。

ですが、だけれど、↑に書いたように、日本では諸事情によりおそらくは製作されないであろうゴジラ。
海外版でも、そこはやはり観に行かねば・・・というぐらいな感じだったのですが。

結果:これはいいゴジラ 

うわー、さすが今のハリウッド、作りにそつがねぇ~。狙ったところにきっちり落とす感じ。
むしろ、日本の製作者よりもゴジラが何たるかを理解してるなと。

知っている人は知っていると思いますが、ゴジラは本来「荒ぶる自然」みたいなもんの象徴でした。実際、1、2作はパニック映画でしたし。

それがだんだんと、「地球を守るヒーロー」とか「子供の味方」的な存在に変わっていきます。ここいらは、円谷さんなので。

で、このハリウッド版、その2点を非常にうまい具合に融合させてます。これはビックリ。
ほんとよくゴジラを理解してると。

おすぎさんが、「(報道)規制がかかってるから何も言えないのぉっ!」って言ってましたが、なるほどそういうことかと。
これは見ればわかりますb

あと、ゴジラが世界的にインパクトを与えたのは、特撮技術による「スケール感」でした。というか、ゴジラはスケール感を楽しむ映画だといっても過言ではありません。というか、そう言い切ってよし。

特撮=コマ撮りだった時代に着ぐるみを導入。世界初のスーツアクターの誕生。それによるリアルな動きと、日本人らしい繊細な舞台セット。これで、当時としては驚異のスケール感を出したわけです。その驚きは今も色あせないと思います。

で、本作、そのスケール感がものごっそい出てます。すごいです。製作者もよく理解してるし、CGもすげー。

また、ゴジラと言えばその咆哮。
これも素晴らしいの一言。使い方がばっちり決まってます。おっさん、この咆哮だけでちびりそうです。

この咆哮も、ゴジラ音楽を担当した伊福部さんの手になるもの。
たしか、チェロの弦をたるんだ状態にして弾き、それをさらに音声加工したんじゃなかったかな。

存在しないものの鳴き声。まさに天才の手になるものですが、本作はそれを見事に踏襲していながら、それにさらに余韻を持たせています。これはぜひ、劇場で聞いてほしい。

そいうことで、大切なことなので二度言いますが、

ホントこれはいいゴジラ

劇場に見に行く価値はあると思いますb
見終わった後に妙な感動があります。


追:
ただ、あえていちゃもんをつけるとすれば、最近のハリウッド映画仕様で、無難すぎるなと。
もうちょっとどこかしら突っ込んでほしかったかなぁ。

あと、水爆の立ち位置が・・・ゴジラを倒すために使用されたってーのは、理解はするけど複雑な気持ち。

また、案の定ではありますが、3.11とか9.11とかフィリピンの津波を思わせるシーンが出てきます。
最初、「日本では作れない。」と書いたまさにその通りです。なので、みて複雑な気持ちになるところが、あるにはあります。

エンタメをこういった点から見るのはいろいろ意見があるのは承知なのですが。

そういった意味でもね、本当は日本で作ってほしかったんだよね・・・

追2:
パシフィック・リムといい、あの当時の日本の特撮に影響を受けた人たちがやりたい放題でいい感じb

追3:
ゴジラ音楽と言えばこれは外せません。



ええ、外せませんとも! 

やっと一息

8月もなんだかんだで残すところ1週間ほど。

夏休みの宿題は終わったかな!

という、定番のツッコミはさておき、やーーーっと一息着けた感がある今日この頃。

何かしらんが、今年は2月から連綿と仕事が続き、走りっぱなしだった感じがするなぁ。普通なら、途中で小休止があるんだが、今年は山を越えたら、また目の前に山、みたいな感じで。

それもまあ何とかひと段落といったところ。
てなわけで、今年の夏はゆっくり休みますzzz
疲れたときに、今年は自家製梅シロップが大活躍b おかげで(?)今年は冷やし甘酒の出番なしで。
うーむ、これは来年も作ろう。

と、走り続けてふと気が付くと、

asagao140824
いつも間にやら放置してた鉢からアサガオが!(@@

昨年の鉢をわきによけて放置していたのですが、
先日の台風の時に雨をかぶった→こぼれていた種がお目覚め→いつの間にやらこんなにも→お父さん、気が付かなかったよ・・・的な。

昨年の「グリーンカーテン作戦」が思ったほどの効果が上げられなかったので、今年はアサガオの種まくのやめてたんだがなぁ・・・たぶん、花を咲かせるまではいくような気がします。

てな感じで夏も過ぎてゆくねぇ~


追:
目の付け所がシャープ杉



ほぼほぼ

というわけで、ここの所珍しく続いている、ドラゴンズプロフェットの話題を。

1.色違いツイン
ついにキングギドラが!と思ったら、やったら高い・・・1パック@380円とか、バモ以上。

ないわー 

さすがに見送り。

ハードの時みたいな、確定セットを期待してたんだが、ガッカリ。
他の色のもガチャ売りなのでパス。ツイン自体は足りてるしな。


2.ディスクと鎌とタレントと
タレントの修正が来たので、やっとこ鎌のタレントの構築を。

って、このタレントこれでいいのか?

いや、まあ、これが仕様ならいいんだけどね。ええ、ありがたく使わせてもらいますが(-人-)

あと、相変わらずテキスト修正が来てないので、まだ知らない方のために表に書いときますが、

ウエイブアタックのタイダルファーストの効果:
左=攻撃速度上昇
右=攻撃力上昇

です。非常に重要なので、知らなかった方は参考に。


で、結論を言うと、通常の狩りならディスクの方が楽。
特に、コルハラ神殿のような低難易度のIDではそれが顕著。
ディスクだと4分半程度で安定して周回できますが、鎌だと5分はかかる感じ。
あと、中距離なんが楽。のけぞり食らわんとこんなに楽とは・・・

けれども、最終的には好みかもしれない。

そんなこんなの詳細は、長くなるので以下展開で。

なお、台湾では、タレントの再ポイント振りの無料期間が終わったようなので、タレント構築されている方はお早めに♪

続きを読む

いっしょやん【クレスさん】

えー、ある方から、うちのブログを見たとき、クレスさんのエントリーの「以下展開」部分を誤って開いてしまい、

危うくモニターの前で死にかけた 

とのお話がありましたので、題名に【クレスさん】とつけてわかりやすくしておきました。

んー、うちの子そんなに致死性高いかなぁ。

今私がやっている、ドラゴンズプロフェットのは、

shyaron
眠たげなシャロンさん。


bafett
青い目をしたバフェットさん。

なわけですが、

そして、以下展開。




続きを読む

・・・とは

さて、ドラゴンズプロフェットのお話し。

一応、ディスクのタレントが仕上がったので、次は鎌の構築に取り掛かる。

ちょこちょこ試してみたのだが・・・

んー、地下神殿周回ならやっぱディスクかなぁ。

鎌はライド併用しないと時間がかかる感じ。だいたい、ディスクの+1分~1分半ぐらいかな。

雑魚狩りのスピードは鎌でもディスクでもあまり変わるような気がしませんが、問題はボス。
ディスクだとパシフィルカーンで終わるところ、鎌だとどうしても時間を食ってしまう。

ただ、まだバグ修正があるので、構成を詰めるのはそれが終わってからにするつもりです。
ちょっと気になる修正があるので。

しかし、今回はバグ修正早いね。テキスト修正より早くシステム修正してるからなw
今までのでよほど懲りたのかな。まあ、何にしろ、速やかに修正に取り組むのはいいことですが、

できれば、これだけ過疎る前に気づいてほしかった。 

ねー。



○アプデ関連情報(私が知る範囲内で)

1.バグ修正(主に新タレント)

2.領地戦の報酬他の変更

3.ドラゴンハッチングシステム
 これは、

ハウジング内にドラゴン孵化部屋を作る
→孵化部屋内にドラゴンの卵を置く
→所定のアイテムを使うと卵から孵化するドラゴンのレア度が上がる
→孵化には時間がかかるが、孵化部屋にフレが来てなんかすると、孵化までの時間が短縮される

ってものらしい。開発曰く、「これで、ハウジングにフレを招く理由ができた。」んだと。

これは実装近そうだね。

ドラポスが誤表示になってるほどだし

その他、バフェット、ツインヘッド、バトルの色違いが公表されてます。ついに、キングギドラ降臨。
あと、邪悪なオパールさんも登場予定。


追:
新タレントのエフェクト見てるとSUMOを思い出すんだが。





これら、NHKのTYU-KEIで見れます。

ししょー!

某ブログで師匠こと、平沢進さんの話題が出ていたので。

音楽はほとんど聞かない私ですが、その数少ない中で聞いていたのが平沢さん。

以前のエントリーにちょいと書いてますが、

「・・・と少しの香辛料」

あとは、以下の曲がお勧め。



神曲が多いからどれか選べというのも難しいけどね。

個人的にはやはりParadeがw

もう、私のようなおっさんになると、こういうちょっと「くる」やつじゃないと、こないんだよなぁ。


追:もう消しましたが、ちょいとコメントが付いたのでそのリプライ。

蓮は、泥水の中から茎を伸ばして湖面にきれいな大輪の花を咲かせます。

そのため仏教では、汚れた泥水=俗世の様々な苦悩の中から、大輪の花を咲かせる=悟りを開く、といった意味合いがあります。

「大輪の花を咲かせるには、むしろ泥水が必要なのだ。」とする考え方もあります。

ヒンズー教では、女神ラクシュミと女性性の象徴。たしか、ラクシュミは手に蓮の花を持ってたんじゃなかったかな?

あと、平沢さんのは感性でとらえればよいと思います。意味は人それぞれということでb

残念ながら・・・

先日来から書いていた、きりかさんの卵ですが、やはりダメになってしまいました(;;

日数からいけば、孵化は間もなく・・・ってとこだったと思うのですが。

んー、以前から書いているように、孵化までたどり着かない理由がわからないのが一番痛いです。

どこを気をつけたらいいものやら・・・

なんにしろ、また来年、再チャレンジしたいと思います。

というところで、今週のクレスさん。


続きを読む

ちょいとまとめて

最近、ゲームにかまけていたので、ここのところ読んだ漫画をまとめてご紹介。


ドロヘドロ 19巻(著;林田 球)、読了。

これで完結かと思わせといて・・・まだ続きますw
これが、ドロヘドロ!

相変わらず展開が読めませんが、カイマン&ニカイドウ ペアは良いよなぁ。
あと、カスカベ博士とハルもね。
このあたりは女性作家さんだなぁという感じ。


僕はコーヒーが飲めない、読了。

監修、絵、原作が分かれているので、ちょいと割愛w

王道のグルメ漫画の形式をコーヒーに持ってきたという体の作品。

うんちく好きのおっさんにお勧めですb

ただ、私はコーヒーがないと生きていけない人ですが、やっすいインスタントばっか飲んでいるので(要はカフェインが取れれば何でもいい系)、コーヒー好きなのにコーヒーのことは全く知りません。

なので、本作品を読んで、なるほどなぁと、ちょっと勉強になりました。

やっぱ、農作物は作り手だよね。


修羅の門 第弐門 13巻(著;川原 正敏)

飛田!

まあそういう巻ですw
アリキックのグラップル版というかね。

ただ、作者が後書きに書いていますが、必死さというか、勝ちにこだわる姿勢、ってのはすごく重要だと思います。

最近、ちょいと仕事がらみで感じたことがあったので、特に胸に響きました。

普段はちゃらんぽらんでもいいし、全戦全勝は求めないんだけど、「ここぞ!」って時は、やっぱ決めにいかないとダメだよね。男として、漢として。

そこを最後まで詰め切れるかどうかが、分水嶺だと思います。


たいふうふいた

今日は朝から台風襲来。

寝ている間に過ぎてるかなぁ・・・と思っていたのですが、予想より速度が遅かったようで、ようやっと、防風圏内から外れるかなぁといったところ。

幸い、こちらは大した被害もなく、洗濯ができなかった(><)、程度の問題ですが、被害に合われた方にはお悔やみ申し上げます。

さて、台風ではありましたが、うちのベランダの植物にも特に被害はなく。

襲来前にすだれを巻き上げるぐらいはしときましたが、鉢が吹き飛ばされるとかいうこともなく、ほっと一安心です。

しかし、この時期の台風はなぁ・・・

がっつり水につかった田んぼと稲穂を見ると心が痛みますね・・・

あと、鳥取の方に抜けているので、今年は二十世紀ナシの被害も心配です。



明日のために、その位置

新タレントが導入されたドラゴンズプロフェット、相変わらず

過疎ってます 

むしろ人減ったかもなぁ。さもありなんですが。

海外では、新タレントの導入や仕様変更について、開発者の言い訳弁明が掲載されていましたが、日本は特にそんなのなかったしな。

いずれにしろ、従来の方向性であってた人はそのままだし、変わった人は・・・って感じでしょうか。

ちなみに、私の知っている範囲では、これから以下のアプデがあると思います。

1.PvPの仕様変更
今後、導入予定のバトルリーグに向けてでしょうか。すでに、変更の片りんについてはお気づきの方もいるんではないかと思います。
また、開発者曰く、変更後のPvPではドラゴンゴッドタレントの使い方がポイントになるんだとか。

と、これぐらいの情報から、次のPvP仕様がどのようになるか予測するのも、ゲームの楽しみかと思います。

2.ドラゴンリーグのトーナメント
これは海外ではすでに導入済みかな?
このトーナメント形式が、バトルリーグにつながるのかもしれません。

3.ドラ育成
ドラの卵の育成ってのと、レボリューションの次の段階がありそうな感じです。

と、こんなあたりの情報から、次がどうなるか予測して、自分の立ち位置を決める。
それもなかなか面白いことではあります。

その前に、リタイヤするってーのも手ではありますがw

そんなところで、長くなってきたので、プリーストのタレントについては以下展開。




続きを読む

追いつけども追い越せない

ということで、ドラゴンズプロフェット。ついに、新タレントのアプデが来ました♪

この手のカスタマイズが好きな私にとっては、

wktkがとまらない 

仕様でありますw

タレントいじっては神殿周回でその様子を見る・・・ってなことの繰り返しの毎日です。

ちなみに、アプデ前はライドスキル主体で、神殿1周=約7分少々だったのが、新タレントの導入で、神殿1周=約5分少々と、約2分ほど時間短縮されました。

ドラゴンゴットタレントが素晴らしすぎる。

まあ、ライド全盛のころは、神殿1周=3分ほどでやってた人もいたって話なので、それに比べれば大したことないタイムですが、私からするとかなり楽になったなぁという感じ。

今まで私が神殿周回してなかったのは、火力なくて無駄に時間がかかっていたから。
なので、ドラの育成を先にやっつけちゃって、神殿周回は新タレントきてから考えよう、と思っていたのですが、だいたい私の方向性で合っていたようで。

なんにしろ、アプデが一通り終わったここからが、本格的な育成のスタートですな。


ただ、今回のアプデで思ったのは、人によってこれまでの対応がまちまちだったなぁということ。

新タレントの導入はだいぶ前から話としては上がっていたのですが、私はこの話を聞いたときにライドスキルは切りました。
理由は簡単で、新タレントとライドスキルは並列はできても両立はできないから。ドラ乗ったままタレント使えないしね。

また、全体的に見て、バトルライドスキルにはいくつかの問題があり(バグもあるし)、現状見る限りでは、将来性はあんましないなぁと感じていたからです。

なので、アプデ前、最高火力=ライドスキルなのは間違いなかったものの、その調整は必要最低限にとどめていました。
が、大多数の人はそうじゃなかったようで。。。まあ、ライドの火力はアプデ後も変わってないようですし、相変わらず使える場面もあり、それはそれではありますが。

「ユーザーにとっては、リリースされたものが現在だが、開発者にとって、リリースされたものは過去のものである。」と言われますが、今現在のシステム上の最高を追い求めるのは、開発上は過去の遺物の頂点を目指すのに等しい・・・ってことは、頭に入れておくべきだとは思います。


ゲーム上、一般的にライバルは他のプレイヤーだったりしますが、私の場合、相手は常に開発者においてます。
ゲームヲタクもここまで来ると泥沼ですがw

と、おっさんの与太話が長くなったので、プリーストの新タレントは続きを読むで。


続きを読む
プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器