オタクのおっさんの戯言
小説2題
2014年01月26日 (日) | 編集 |
文鳥、夢十夜(著;夏目漱石)、読了。

引き続きの漱石w 短編なので読みやすいということで。

文鳥は、知り合いに文鳥の飼育を勧められて文鳥を飼い、それが死ぬまでの話。
正直、いつでも、どこにでもある話です。
それを漱石が書くとこうなる、という見本のような小品。

どこにでもある話なのに独特の深みがある。人生の一片のように思える。

最近は「ネタで持っていく」作品が多いですが、これを読むと根本的な違いが判るやね。

夢十夜は、私のようなファンタジー好きでも知っている作品。教科書の副読本か何かに載ってました。
これの幻想さ加減は、ちょっと他の追随を許さんやね。

私もこれぐらいのものが書ければなぁと思うのだが、いやいやそれはなかなかで(^^;


銀二貫(著;高田郁)、読了。
いわゆる時代小説の人情もの・・・なのだが、舞台は大阪、主人公は商人、というのがふるっている。

まあ、大阪だとTVドラマ含め、この手のが結構あるので、目新しいというわけではないですが、私自身は、あまり読んだことがなかったのでためしにという感じで。

ストーリーはある種鉄板。オーソドックスではあります。
ただ、当時の風俗や人物描写が細かく丁寧なので、非常にリアルさがあります。加えて、物語の展開も無理がなく、すっと入っていけます。

また、寒天問屋の話なので、当時の寒天の作り方や流通なんかが描かれており、ちょっと勉強になりました。
むう、練羊羹ってこうだったんだ・・・とか。これを知って、あらためて「ういろう」の立ち位置がわかったりw

あと、個人的には、(大阪の商人は)「信用、始末、才覚、信心が要」と書かれているのが、妙に得心しました。なるほどな~。

話し言葉はがっつり大阪弁ですので、大阪の商売人の人は読んでみるといいかもです。
読んでる最中、頭の中に大村崑が出てきますw

スポンサーサイト
今はこんな感じ
2014年01月19日 (日) | 編集 |
ここのところずっとやってるオンゲーのドラゴンズ プロフェット。

ずっとやってるため、ブログにアップする暇がなく(^^;

ですが、アレンアセット装備もそろったし、ちょっと手が空いてきたのでこの隙にちろっとアップ。
もうぼちぼちLVキャップ解放が来そうだし、そうなるとまた忙しくなるからなぁ。

てなところで、年末~年始の様子を

DP140119-1
クリスマスイベで入手した変身アイテムで。キャダック、かわいいよ、キャダック。

左手にいるのは課金ペットのプリン。プリン、かわいいよ、プリン。
せっせとドロップ拾ってくれるので超便利。
ガチャなのは難点だが・・・

ちなみにこのプリン、ユニコに似てる気がするんだが。

これの前に出たドラコロはモンガーに似てる気がするしなぁ。
まあ、モンガーよりはるかに可愛くないが・・・


DP140119-2
スノーバフェット。元龍。ただし、称号はなし。

白くてもふもふ!と思ったら、意外ともふもふしてなくて、ソフトクリームみたいな感じ。
とはいえ、青い目が可愛いけどね。

どっちかというと、龍というよりは羊w


DP140119-5
フラッシュブレス。元龍。これも称号はなし。
2時間リポップのフィールドボスを倒したときに入手できる宝箱からでる、「フラッシュブレスの笛」で召還できる。

青い色のエクシュキュと、見た目は抜群なのだが、10枠はなかなか出ない様で、この子も枠残念。

ちなみに、フィールドボスの宝箱は紫なら青装備(非バインド)確定で紫もまれに出るので、時間があるなら狙ってみるとよさげ。
私は、時間わきをまってる暇がないので、フラッシュブレスだけ取って終了でしたが。


DP140119-3
ウエスタンシードラゴン。新タイプのドラゴン。色違いでエンペラードラゴン。

待ちに待ってた日本昔話に出てくるような和&中華風ドラゴン。
名前からいけば、西海龍王:敖閏、白龍で相違なし。三蔵法師が乗ってる馬の父親。爪もしっかり4本。
さすがに台湾製。この辺はしっかりしてるなぁ。

エンペラードラゴンは金色(黄色)なので、これも伝説通り。爪は5本あれば完璧だが・・・

ちなみに、伝説通りに作るなら、他に東海龍王:敖廣(蒼龍)、北海龍王:敖順(黒龍)、南海龍王:敖欽(赤龍)が出るはず。色違いで作りそうだ。

STとINTは高めで火力は割とあるが、STでは元龍に及ばず。ただし、攻撃回数は多い感じ。素の殴りで勝負するタイプかなぁ。

ライドスキルは遠距離ブレスと周囲に炎をまとうもの。後者は割とダメージでかい。
また、攻撃スキル発動後、ミラージュ何チャラというスキルで、分身を発生させ、さらに同じスキルを発動できる。
質量をもった分身&ものまね師的な?

DP140119-4
空を飛ぶときも駆けるようににょろにょろ動きます。
非常に感じ出てますw
珍しくいい仕事するなぁ。


DP140119-6
キングギドラ、キターーー!

アンフィスバエナ。これも新タイプ。

待ちに待ってた双頭龍。キングギドラとしては1本足りませんが、なかなかいかついのでそこはそれということでw
色も白でなかなかの渋さです。

アンフィスバエナは、本来的には「体の両端が頭のヘビ」です(しっぽ(?)も頭)。アンフィスバエナとは、ギリシア語で「両方向に進める蛇」という意味。なので、双頭は双頭でも、頭が2本ではないのですが、まあ、これはこれで。

複数頭を出すなら、ダハーカでもよかったろうにとかはちょっと思いますが。

DP140119-7
いかつい。でもって、デカイ。

能力的には、ブロウとスイックが2回攻撃。チェイスやアクティブは1回。
FOCとDPWが高く、STR、INT、HITは低め。
攻撃回数を生かした状態異常で攻めるタンクタイプかな?

ちょっと、うちのキャラとは相性が悪いような気がしますが、見た目がいいのと、飛行速度180%あるので、何とか使いこなしたいところ。


なお、スノーバフェット、ウエスタンシードラゴン、アンフィスバエナは課金ガチャ orz

はっきりいって、めったに出ません。

でもって、能力的に元龍より明らかに上という感じもしないので、ドラゴン以外のパックアイテムもいるというのなら、それはそれですが、正直、これにお金突っ込むのはおすすめしません。

ちょっとやりすぎた。

とやった本人が思ってるんだから間違いないですw

あくまでも趣味の範囲にとどめるが吉かと。

だいたい、ドラゴンたんと揃えても、育成がたいがいだし、使えるドラゴンは限られてるしね。

てなところで、ドラゴンの紹介でした。


はい、ゲーム内容は置いてけぼりです





冬は
2014年01月19日 (日) | 編集 |
寒い日が続きますが、ケージ内でぬくぬくしているクレスさん達は相変わらずで。

日本の爬虫類や両生類は、この時期冬眠するわけですが、「天国に一番近い島」出身のクレスさん達は、冬眠とは無縁の存在のようで、年中同じような感じで生きています。

それでも、きりかさんなんかを見ていると、産卵時期がある程度あるようで、毎月の産卵はここのところありません。
保温はしてても夜間は温度が低くなるので、それで季節を感じているのかもしれません。

てな感じで、動物は(恒温動物でも)季節の変動を受けながら生活しています。
特に温帯地域だと、冬は餌も少なくなるわけで、それに合わせた生活をしないと命にかかわることになります。

春、温かくなる時期に子供をもうけ、夏は生い茂った樹木木陰で涼をとり、秋は来たるべき冬に備えて食料をため込み、冬の寒さをじっとすごして、春到来を待つ。

年がら年中、同じ調子で活動している人間って、そういう意味では不自然な存在なのかもしれません。
冬は冬らしく、活動が低下してもいいんじゃないかなと。


とういうわけで、最近、二度寝が気持ちよくって仕方がない管理人ですw
あったかい布団から出ずに、まったり寝るのも自然の摂理ということで。


てなところで、最近のクレスさん。


[続きを読む...]
そうして続いていく
2014年01月19日 (日) | 編集 |
乙嫁語り(著;森薫)、1~6巻、読了。

これも前々から読んでみたいなー、と思っていた作品。
6巻が発売されたので思い切って買ってみました。

うん、

これは名作

まず、画がすごい。書き込み量がハンパない。
それが圧倒的な表現力を描き出している。ちょっとした表情の画に、すごく味がある。このあたり、さすが女性作家さんだね。心理描写がすごい。

また、画とコマ割に動きがあって、映画を見ているような感覚で読める。
この手の作りも、最近少ししか見ないよなぁ。昔だと、手塚治虫さんが有名だが。

そしてなによりストーリーが素晴らしい。

結婚を軸に、中央アジアの風俗を、非常に細やかに描き出している。だから、すごく読みごたえがある。
何気ない日常というものが、実はすごく深いものだということに改めて気づかされました。


半村良さんの長屋ものに、「人は弱い生き物だから、隣近所お互いに助け合って生きている。」ってのがありました。

昔は、「朝起きて、飯食って寝る。」ただそれだけのことでも、ものすごい手間があったわけです。

炊事、洗濯、掃除 などなど、今よりもずっと時間がかかり、それができる時間も限られていました(夜になると、灯りをともさないと活動できず、灯りをともせば燃料代が馬鹿にならない)。

だから、家族や集落内で助け合いが必要だったわけです。助け合わないと生きていけない、生活が回らない。

そんな家族や集落を形成する第一歩が「結婚」。そこに基軸をおいてお話を展開していく。

さすが、女性作家さんは違うなぁ。

ヴィンランド・サーガが「戦い」に基軸を置いて展開していくのと対照的です。

なにはともあれ、非常に読みごたえがあり、グッとくるシーンも盛りだくさん。

ご一読をお勧めしたい漫画ですb


追:森薫さんが女性作家さんと知ったのはつい最近です(^^;

正直、「マジか!」と思いましたがw んー、フェチすぎるw


キスマーク?
2014年01月13日 (月) | 編集 |
先日、ナルカミ君のケージを掃除し、終わったのでナルカミ君をケージに戻そうとしたら、

咬まれました(><)

cres2bite-140112
まあ、ちっこいナルカミ君なので流血するまでには至らず、ちっと歯形が付いたくらいだし、それほど痛いってわけでもありません。歯が細かいからかとげとげとついたなんかで挟まれた感じ。ただ、かみついたまま4~5分ほど離してくれなかったので難儀しました。。。あと、離そうとすると首ぶんぶん振るし(汗


最近、やたらと元気だし、下手に触ると「がっ」とくるので注意はしてたのですが、ケージに戻すときの油断を狙われました(^^;
ナルカミ君なんでこんなもんですが、なるほどこれをジャイゲコにやられたらきっついだろうなぁ。

しかし、餌と間違えたとか、攻撃したにしてはえらく長い間噛んでたし、はて原因は?
んー、雌と間違えたのかなぁ…

だとすると、↑はちっと激しいキスマークなのかもしれません(笑)


てなところで、最近のクレスさん。



[続きを読む...]
音楽の番外編
2014年01月13日 (月) | 編集 |
相変わらずオンゲー三昧の管理人です(^^;

そのため更新が滞りがちでしたが、ちょっと落ち着いてきたので、もちっとペースもどせる・・・かな?
まあ、LVキャップ解放来たらそれまでですがw


と、前回のエントリーで、懐かしき格ゲーの話なんぞを書いたので、ちょっと番外編的にゲーム音楽の話題なんぞを。

ま、若人置いてけぼりですが。 

ええ、わかる人だけでいいですb



FF4。名作。
■にはたいして思い入れのない私ですらこれは名作と認めます。
ラスボス戦でおっさん泣きました(;;

音楽も素晴らしい。特に戦闘BGMは秀逸(9:41)。
ただ、FFがそうであるように、一般受け的な感じで癖がないのと、繰り返しが多いってのが難点かも。
ちなみにCD持ってますb



女神転生2。前から書いている通り、FFよりもメガテン派。
中でもメガテン2の音楽が秀逸だと思います。繰り返しがさほどでもないので聞いてても比較的飽きません。

個人的に好きなのは、「前科者(22:47)」。この胡散臭さは最高b
ファイナルファイトの地下鉄ステージのBGMと並んで大好きな曲。
あとは、「一攫千金ロック(18:38)」あたりが定番かなぁ。



月風魔伝。当時のファミコンでこんな和風テイストな曲が!という驚き。
ゲームも他にないような和風な内容。非常に面白かった覚えがあります。



悪魔城伝説。
もし私がゲーム音楽で何が一番か?と聞かれたら、これを上げます。
この曲はホントいい。というか、ファミコンでここまでとかすごすぎる(↑のはもちろんFC音源ではありませんが、これに近いとこまでいってます)。

ゲームも、もうこれでもか!ってぐらいやりました。EDはアルカード以外全部見たかな。
友人はDemon Seed(20:24)とかOverture(24:32)をおしててましたが、個人的には、Beginning(2:47)が最高!

オープニングのPrayer(2:34)からのBeginningは、今でも胸が騒ぐアツさ。
あとは、Riddle(22:59)とかClockwork(6:07)だなぁ。まあ、どれも名曲ぞろいですが。


と、上記2つは某コナミなわけです。

おっさんが、

昔のコナミはよかった・・・(;;

と涙するのはこのへんのあたりですな。
あの当時のコナミはホントよかったと思います。ぎゅっと魂が入ったゲームらしいゲームだったんだよね。

今はなぁ・・・

その分、他のメーカーががんばってはいますが、やっぱね、往年のコナミゲーみたいなのはもう、なかなか出ないのかも・・・とか思ってみたり。

そんな、年明け早々、おっさんの昔語りでしたw







おっさんホイホイ
2014年01月03日 (金) | 編集 |
僕らが格闘ゲームに夢中だった頃(アンソロジー)、読了。

色んな漫画家さんが、格ゲー全盛時の様子を描いたアンソロジー。

なつい

あの頃を思い出しておっさん胸アツ


いやー、あの当時、対戦格闘ゲームというもののインパクトがいかに大きかったがよくわかるやね。

私もかーなりやり込みました。

対戦ではVF2と真サム。CPU戦ではワーヒー2。
大学にて泊まり込みで論文書いてる時、「気分転換!」とか言いながらゲーセン行って対戦してたよなぁ。
社会人なってからも休みの日は対戦。新作が出た日は、仕事帰りにゲーセンよって初プレイとかね。
いやはや、本当に懐かしい。

対戦格ゲーと言えば、ゲーム情報誌:ゲーメスト。毎月愛読。
就職で東京に出てきて、○ゲ屋行くか!と行ってみたら、すでに倒産してたのは複雑な思い出ですw

あと、このアンソロジー読んでて思ったのは、NEOGEOの存在って大きかったんだなと。
個人的にはNEOGEOゲーはコマンド難しいのと、いまいち好きなタイトルがなくて、当時、あんまし気にしてませんでしたが、やはり「アーケードゲームが家でできる!」というのは画期的でした。
ROM版は読み込みないしな。

しかし、それでも「100メガ ショック!」だったのは今にして思えば隔世の感があるやね。

そんな感じで、当時、格ゲーにはまっていた人は、年の初めにこの本読んで、昔を懐かしんでみるのもまた一興ではないでしょうか。


↑TASだが、これに近い事する人はいたよなぁ。
てか、ザンギ極めた人は、本当にハンパなかった。パンチ空振りから吸うからな。


↑違う意味で胸アツ。
いいセンスしてるわー。

新年
2014年01月01日 (水) | 編集 |
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いしますm(_ _)m

ということで、24時間経たずの更新ですw

昨年前半はフィギュアとかドールとかと、年末のブログに書きましたが映画をがっつり見た年でした。
映画については今年も変わらない感じで。DVDを借りてみるのは減ると思いますが、上映作についてはなるべく見に行くようにしたいやね。

そして後半はひっさびさのMMORPG三昧。前回書いたように、ホントひさびさにゲームやってるなぁという感じです。
詳しくはまた別に書きますが、単純なレベリングとかトレハンだけじゃないところがいいやね。
たぶん、今年の少なくとも前半はこれがメインになるかなぁ。

とまあ、今年の成り行きの感じをw

あとは、本日元旦、初詣行ったりなんだりと、できる範囲で日本のお正月を満喫しております。
これまたひっさびさですが、スーパーのパック売りですが黒豆を食べたり。やっぱ、黒豆うまいなぁ。家では手間かかりすぎて作れませんが(^^;
ちなみに、「あ、黒豆か!」と思ったのは、「高杉さん家のおべんとう」の影響です(笑)。

そんな感じで毎度変わらずですが、今年もごひいきによろしくお願いします♪