オタクのおっさんの戯言

原風景

GWは実家へ帰省していた。帰省のついでに私が生まれた町へ足を運んだ。

私が生まれた町は海と山が近い。子供のころはその両方でよく遊んだものだった。

だからこの日は山の方を訪ねてみた。

susanoo130428
某大学のすぐ裏手にこの神社の参道がある。だが、この神社のことを知っている大学生はほとんどいないのではないかと思う。

子供の頃はなんと書いてあるのか読めなかったが、今ならスサノオと読める。
昔の遊び場がスサノオ神社だったことに、この時はじめて気が付いた。

昔よく、この隣の山へクワガタを取りに登った。その山の中腹に獣道のような抜け道があり、そこをたどるとこの参道の入り口に出る。私はその道を祖父に教えてもらった。祖父は、祖父が子供の時にその道を知ったそうだ。

今となっては地元の人でもその道を知る人はいないだろう。そして私にその道を伝える人はいない。

参道の階段を上るとすぐ、奇妙な形をした樹がある。根元から3本に枝分かれし、そのそれぞれが半ばから朽ちて洞になっている。強い個性には魂が宿るというが、まさにそういう雰囲気のある樹だ。

そのためか樹にはしめ縄が張ってある。けれど、どういういわれがある樹なのか私は知らない。

ただ、不思議な思いで見上げていたその樹は、やはりそのまま不思議な樹としてそこにあった。


さらに参道の階段を登る。

当時は平気で駆け上がっていた階段に、今では息が切れるようになってしまった。

階段を上り詰めると神社がある。小さな神社だ。

平成に入って建て直したからか、当時の記憶と少し合わないような気がする。
かといって、当時がどうだったかを明瞭に思い出すこともできない。

神社の山門から下を眺める。

machinami130428
水平線がかすんで見える。

これが私の生まれた町だ。
海と山が近くて、道は細く坂が多い、静かな町だ。

山門にしつらえてあったベンチに腰を掛け煙草を一服する。煙の向こうに町がかすんで見える。

・・・ ・・・

汗がひいたところで参道を下る。

下りの参道を見て、時々夢に見る参道がここだったのかと初めて気が付く。
もうすっかり忘れていて頭の奥底に沈んでいる風景が、眠ると表に浮かび上がってくる。

そうか、ここが私の原風景か。



スポンサーサイト

植え替え進行中(泣

サボタニをせっせと植え替えしていたら、

用土が尽きた(;;

仕方なく植え替え一時中断。ホムセンで鹿沼購入。

最近、仕事でホムセンよることが少なくなったので、用土購入でも一苦労。
あー、これからはネット通販頼もう。

で、用土揃えて培土調製したものの、今度は仕事が忙しく。

3日で走行距離1200kmとか。

職業ドライバーじゃねぇ!(#゚Д゚)

ということで、やっとこ今朝になって少し植え替えを進めることができました。

ruriden130427
鉢底からこんにちはしている瑠璃殿。鉢の底に新芽がぎっちりと(^^;

瑠璃殿の増殖ってすごいね~。



と、ある程度区切りがついたところで、これから出かけます。
てか、あわただしくってしょーがねぇ(--;


てなわけで、今週末は出かけております。
御用の方は(ry


ええ~Σ(゚Д゚)

日曜日、愛する二人をひっぺがし・・・ってまではいかんが、個別ケージに戻す。

きりかさんのケージに産卵床投入

月曜日、産卵床をほじった跡がなく、「そりゃ、1週間で産卵はせんか。」と産卵床をいったん撤去。

今朝、床面に転がる卵が二つ

え、えっ~~~!!ヽ(゚○゚ ;ヽ)三(ノ; ゚□゚)ノ

crese-130423


いや、昨日の晩、きりかさんが床面にじっとしてて様子が変だなぁとは思っていたんですが、お腹もそんなにふくれていないし、まさかこんなに早くお産みになるとは・・・

なんつー安産。

いやいや、そういうことではなく、と仕事行く前にあわてて孵化セットを組み上げて卵を投入(A´∇`)ホッ

あー、産卵セットは用意しといてよかった。

とりあえずこれで様子見ですが・・・

んー、ちょっと変形してるしなんか無精卵っぽい感じがする。

いずれにしろ、数日たてばはっきりするでしょう。

ナルカミ君が男になったかどうか。
(いやいや、そっちじゃねぇ)


意外にも

クレスさんの交尾は激しい。

ネットや本などの情報によるとそうらしい。

オスがメスを追っかけまわしたり、噛みついて抑え込んだりするので、ひどい時にはメスが血まみれになったり尻尾を自切したりするらしい。

だから、きりかさんとナルカミ君をペアリングさせるのはちょっと心配だった。

きりかさんはちょっと神経質だし、ナルカミ君はきりかさんよりちびっちゃい。きりかさんが自切するというのもあるが、逆に怒ったきりかさんがナルカミ君に逆襲・・・なんてこともありうるんじゃないかと。

で、ペアリングして一週間。どうなったかというと・・・


以下、興味にある方は展開で。


続きを読む

天才と



ヒッチコック(監督;サーシャ・ガバシ)を見に行く。

まず、お客さんがおっさんの私よりさらに上の年代なのに驚く。

まあ、ヒッチコックはおっさんの私のさらに上、私の親世代ぐらいなんで、当たり前と言えば当たり前ですが。

私も見たことがあるヒッチコック作品と言えば、サイコとヒッチコック劇場を数話ぐらい。

サイコはあの時代にしてはショッキングな映画だったと思うのだが、

ホッケーマスクのあんちゃんがチェーンソー振り回したり、お腹の中から異星人がこんにちはするような映画がデフォ

の私世代にとっては、それほどのショッキングさはなかった。

ただ、映画としての完成度はすごく高かったし、演出には目を見張るものがあって、なるほどさすがに名作と言われるだけのことはあると思ったもんです。
あと、ラストがよかったやね。

他に「鳥」は見たような気もするのだが、あまりに小さすぎてかまったく記憶にない。

ヒッチコック劇場は「TVドラマですごいの作るなぁ。」と思った記憶がある。
ホテルか何かの部屋の一室だけの舞台セットで1話とかね。

ハリーの災難はTV放送をビデオに録画しようとしたら、直前の野球中継が長引いて全部録画できず、

ハリーの災難じゃなく俺が災難(#゚Д゚)ゴルァ

ということがあって結局見れずじまい。

今にして思えば、もちっとヒッチコック作品見とけばよかったなぁ。
少なくとも、深夜枠で放送していたヒッチコック劇場はもちっと録画しとけばよかった。


それはさておき、今回の映画:ヒッチコックはサイコ制作の舞台裏を縦軸に、ヒッチコックとその奥さんアルマの夫婦関係を横軸に描いた作品。

サイコは私が見たほぼ唯一のヒッチコック作品。それがこの映画を見に行った最大の理由なのだが、あのサイコの製作にこんな裏話があったのかとちょっとびっくりした。

映倫・・・どうしようもねぇなw

また、ヒッチコックとアルマの夫婦関係もいいい感じに描かれていて心地よい。
暴走しがちな天才:ヒッチコックをアルマが支える・・・って話だけじゃないところがうまいね。シニア世代の夫婦関係ってもののツボを押さえているかもしれない。

私の前の席にそういうシニア世代のご夫婦が並んでこの映画を見ていたが、なんかちょっと微笑ましかった(^^)こういう映画をそろって見に行くシニアのご夫婦ってなんかいいよね。

あと、ヒッチコック役のアンソニー・ホプキンスが特殊メイクで、顔とか体型がヒッチコックそっくりになっていたのにびっくり。

ただ、

目がこわいよ~、レクター博士だよぉ~

とりあえず、吹き替え:熊倉一雄さんは無理げw

全体的な完成度はすごくいいし、ホプキンスとヘレン・ミレンの演技はさすがって感じなので、すごく感動するって作品ではありませんが良質な佳作だと思います。

サイコとかヒッチコックに思い入れある方、夫婦関係でお悩みのシニアの方wにはおすすめです。


サイコは見たことなくても、↑の曲(特に1分50秒あたり)は聞いたことがあると思います。
これは有名。


追:
ヒッチコックがブロンド好き、ってのは初めて知ったが、モノクロ映画にはブロンドがよいと聞いたことがある。
黒髪をモノクロで撮ると黒ベタになってしまうが、ブロンドだとモノクロでも映えるからだ。
ヒッチコックはモノクロ時代の監督だから、特にブロンドに思い入れがあったのかもしれない。

ちなみに、モノクロ時代の色使いとかについては、映画:雨に唄えばに出てきていたように思う。
雨に唄えばはすごくいい映画なのでおすすめb


追:
ヒッチコックがサイコを撮るのにこれほどの執念を燃やしたのは、やはり天才だったからだと思う。
天才だからこそ魅かれる、あるいは理解できてしまう狂気というものが確かにある。

映画の中ではサイコの元ネタになった某シリアルキラーが、ヒッチコックの妄想の形でちらちら顔を出す。

以前、今敏監督のパプリカや妄想代理人について書いたエントリーで少しふれたが、作り手が「これをどうしても作りたい。」という衝動に突き動かされて作った作品というのは、完成度はどうであれ、妙に人を惹きつけるものがある。

私はそういう強烈な個性が表れた作品が好きなのだが、残念なことに最近そういうの見かけなくなったなぁ(--

セッコク開花中、植え替え進行中

ukonmaru130418
セッコクの右近丸が開花。
この品種は他の品種より頭一つ開花が早い。でもって、淡いレモン色の花色もすがすがしく、花付もいいという素敵な品種。

さて、今日は寒の戻りで冷え込みましたが、春分の日からひと月たったので、灌水代わりに液肥を施用。春蘭他には置き肥を施す。

てな感じで蘭類の管理は順調( ̄▽ ̄)b。というか、この辺までは通常管理ですが。


そして、サボタニ類の植え替えを開始。
本当は先週から始めたかったのだが、別のエントリーに書いた通り、会社がらみの・・・で1週ずれて今週から。

で、臥牛やギムノ・バッテリィを鉢から抜こうとしてびっくり。

根がぎっちり回って鉢から抜けない(@@

これほどの根張りはいまだかつてない。

やはり植物はお日様の光で作るもんだなぁ。

人間ができることって、ほんのちょびっとしかないような気がする。


思ったよりは

旅行から戻ってきたので、きりかさんとナルカミ君をつがいにすることに。

気温も上がり時期もよくなってきたからというのもありますが、

ちょっと前、ナルカミ君がヘミペニスをペロペロやって(検閲)を舐めとっているのを目撃したり、

きりかさんのケージが置いてある斜め上方向をじぃーーーっと見てるのをみると、

何だか切ない。

同性として切ない。


これは何とかしてやらねば。同じ男として。(`・ω・´)

ということで、照明を落として活動をし始めたころにナルカミ君を取り出し、きりかさんのケージに投入。

突撃一番握りしめ~♪ではないけれど、なんかこう、「返り討ちにあうなよ!」と、新兵を見送る上官のような気分で。

そして、ハラハラしながら様子を見ていたのですが・・・


以下、気になる方は展開で。

続きを読む

たりめぇだ

以前書いていたSNSゲームのトイボットファイターズですが、先月の18日にサービス終了。

たびたび書いているように、ゲームと言えるような代物ではなく、いかにして課金させるかという「システム」なわけで、サービス終了になってそりゃそうだろ、って感じ。

もし子供がいてSNSゲーやってたら、わしなら全力で止めるね。

で、そのトイボットファイターズそ製作していたのがKLabって会社ですが、

KLabがストップ安、赤字転落予想を嫌気
↑が4月15日のこと。

そりゃそうだろうよ、と思っていたら、

今日のニュースでは、
Klabがストップ高 「ラブライブ!」ヒットの予感で思惑

株価までガチャ仕様か

株価がストップ安になった時のニュースによると、SNSゲーの世界も、似たようなゲームが乱立してきて競争が激化している上、スマホ対応で開発コストがかさむようになってきたらしい。

「システム」は何ぼでも真似できるからね。そりゃ競争も激化するだろうさ。

でもって、ユーザーも目が肥えてくれば従来のもんじゃ満足できなくなってくる。そうなりゃ開発コストも次第にかさんでくるわな。開発コストの上昇はスマホによるもんだけではないと思う。

ということで、私は、SNSゲーというのはだいたいこれで頭打ちになったかとみていた。


ところがところが、新作ゲーが好調となると一気にストップ高。
もちろん、一気に下がりすぎて割安感があったこともあるだろう。

でもなぁ、株って、その会社への期待や将来性に対する投資だと思うけどなぁ。

今の世の中こんなもんかと思うのは、やはり私がおっさんだからかね?┐(´ー`)┌


二度あることは三度あるとはこのことか

ok13-1

ok13-2

こういう景色を見ると、

部活の合宿で、先輩と一緒に↑を(裏声で)熱唱しながら浜辺をランニングしたの思い出すねぇ。

あの頃はバカだったよなぁ~ヽ(´ー`)ノ

今でもたいがいバカですが。


ぺんさんはいるかの曲芸!
ok13-17
わんぱくふりっぱぁ!! 

鉄板ネタ。あの頃はほんとにバカだったよなぁ。ヽ(´ー`)ノ

今でも本気でバカですが。 (´ー`)y-~~



ok13-4

ok13-5
種類がどうこう言うより、食えるかどうかが話題。


ok13-11

ok13-3
ニモかわえーp(*^-^*)q

ok13-14

ok13-15
じんべぇいいよ、じんべぇ。あのゆったりした悠々感がステキ。
そういや、あだち充の漫画にもあったな。


ok13-7
象??えーーー( ̄д ̄) エー

ok13-8

ok13-18

なんかこういう感じだよね。

カクテルは泡盛ベースでb


そして、戦利品。
ok13-19
去年の教訓を活かしてみましたb

ok13-20
裏側に、MADE IN KENYAって貼ってありました。

全く関係ねぇ。

ほら、ばかでしょ、でしょでしょ?(・ω・)b

あと、購入してませんが、
ok13-9
ほー、金蟾(きんせん)か。

ok13-21
一つも同じものはありません。それぞれがそれぞれの財産です。


ok13-6

なお、私のカメラのメモリーに人間は入ってませんw





!WARNING!
以下、ウミヘビの写真とか、ちょっと癖のある写真なので、気になる方だけ展開で。

続きを読む

ちょいとお休み

会社がらみの所用にて、週末出かけております。

発信音の後にピーとお入れください。

ではなく、

週末のブログ更新などなど、ちょっとお休みさせていただきますm(_ _)m


あー、土日つぶれると家事が滞るからいてーんだよな~(-”-)
主に、洗濯と買い物ががが。


自分のことはわからないもので

先日、寿退社される女子社員の方とお別れの食事会がありまして、その席で、

「ぺんさんって面白い人だったんですね。」(^-^)、と言われました。


はぁ (==;


以前、私が前にいた職場の人から、「ぺんさんって面白いから話してみるとよいいよ~。」と言われていたらしいのですが、そう聞いた時には「え?そうなの??」と思ったそうで。

で、今までは、諸事情によりその方とあまり話す機会がなく、「どう面白いんだろう?」と思っていたところ、退社が近づき話す機会が増えてみて、「あ、なるほど。こういうことか。」と納得したそうで。

「えー、じゃあ、今まで私ってどんな感じに思ってました?」と聞いてみると、

「んー、なんか一人で静かにタバコ吸ってるイメージ。」とのこと。

いやいや、それで合ってますよ?一人で静かにタバコをくゆらすナイスおっさん・・・
のはずなんだがなぁ~(==;

こんなブログ書いてるけどね!


あと、「ぺんさんって声がいいですよね。会社への連絡はメールじゃなくて電話がいいです。」(^-^)とのこと。


はぁ (==;


これは男女問わずしばしば言われるのですが、実のところ自分ではよくわかっていません。

常に自分の声は聞いているので慣れているためか、自分で聞いてる声と人が聞く声は違っているので認識できないせいなのかよくわかりませんが、私的には「そんないい声って言われるほどの声か?」と。

自分では低い声だと認識してますが、ただ単純に低い声というわけでもないらしい。謎。
ちなみに、カラオケでは声が低いのと音域がすげー狭いので、最近の日本の歌だとほとんど原曲キーで歌えません(;;


ということで、ちょこちょこブログに出てくる腐女子の知り合いに、「私の声に似てる声優さんって誰?」と聞いたところ、

「んー、森川さんかなぁ~。」(´・ω・`;)との返信。で、つべで探したところ、



えー、まじでこんな声なん?! ( ̄□ ̄;)!
てか違う気がする・・・

しっかし、BLの帝王ってどんなだよ!(丿 ̄ο ̄)丿
あー、腐女子に聞いたのがそもそもの間違いか orz


とまあ、自分のことはよくわからないということでw


追:
さっきCMでこの曲が、

ナット・キング・コールはいい声b

意外と難しいと思うんだが

今日はまた寒の戻りで冷えたねぇ。

以前に卵かけごはんを紹介しましたが、こういう冷える日に卵かけごはんはちょっと寒い感じ。
ということで、

medamayaki130410
目玉焼きのせごはんb

これまた以前に「目玉焼きって焼肉より難しいんじゃね?」と書きましたが、焼肉と違って単に卵を焼けばいいってわけじゃないのがポイントかと。

目玉焼きには、サニー・サイド・アップとターンオーバーの2種類あります。
サニー・サイド・アップは↑の写真にあげたような片面焼き。ターンオーバーはそれをひっくり返して両面焼いたもの。焼き方に2種類あるという時点で、すでに焼肉とは違うわけです。

私はターンオーバーは今一つな人なんで、サニー・サイド・アップしか作ったことがありません。ターンオーバーはハンバーガーの具で食べたぐらいかなぁ。というわけで、以下「目玉焼き=サニー・サイド・アップ」ということで話をすすめます。

まず、この目玉焼き、卵の下にハムやベーコンをしいて焼き、ハムエッグやベーコンエッグにすることもあります。卵+肉という組み合わせ。これだけでおかずとして十分成り立ちます。

個人的には塩味のきいたベーコンエッグが好きですが、ベーコンをカリカリに焼くのか、あるいは少し火が通った程度にするかで味わいと食感が変わってきます。そう、すでに卵をのっける前、ベーコンの焼き方から選択を求められるわけです。うむ、奥が深い。

ベーコンエッグの場合はベーコン自体の味が濃いので、卵自体に味をつけなくても問題なくいけます。しかし、↑の写真のような純粋な卵焼きにすると、下にしくもので悩むことはありませんが、味付けをどうするのかという問題が出てきます。


私は目玉焼きをパンにのっけて食べることが多いので、だいたい少量の塩と黒こしょうを卵の上に振って味付けしています。しかし、今回はごはんに乗っけるということで、味付けは全くせずそのまま焼いています。

味付けをどうするか決まったら、次はどう焼くか。私の場合は、すぐさま少量の水を入れてフライパンにふたをして焼き上げます。人によっては水を全く入れず、卵の水分だけで蒸し焼きにするという方もいらっしゃると思います。それはそれで「何も加えない」感じがグーですが、私がやると少々焦がし気味になることが多いので、最近は少量の水を入れる派でやってます。これだと、水が完全に蒸発しない限り、焦がす心配があまりありません。

こうして卵に火を加えるわけですが、最後にどこで火を止めるか。私は半熟が好きなので、黄身の表面に白身の膜が張った時点で火を止めます。黄身がしっかり固まったのがお好きな方は完全に火が通るまで加熱。
このあたりは個人の好みが出ますね(^-^)

こんな感じで目玉焼きは完成なんですが、焼くときに味付けをしていない場合、盛り付けてから何をかけるか。「しょうゆ」なのか「ソース」なのかは、もはや「ご家庭の味」ネタの定番といえるでしょうw。

ちなみに、「ぺんさんって目玉焼きにはしょうゆ派ですか?ソース派ですか?」と聞かれたとき、
↑に書いたように「焼くときに塩&黒こしょう派です (`・ω・´)ゞビシッ」、と答えると、
聞いた人はだいたい肩すかし食った「え、え~、そうなん? (´・ω・`)」
みたいな感じになります。
性格の悪い私にはそれが面白かったりしますΨ(`∀´)Ψ


ただ、今回は「卵かけごはんを目玉焼きでやる。」のが一つのコンセプト。ですので、↑の写真では目玉焼きをご飯にのっけた後、しょうゆをかけています。卵かけごはん同様、卵+白ごはん+しょうゆは無敵に素敵なコンビネーションb。かつお節かけるとさらにうまし。

これをごはんとがっつり混ぜるもよし、少しづつくずしながら食するもよし。
目玉焼きという、やや洋風テイストでありながら、ま・さ・に日本の常食。
いやー、冷えるときにはこれに限るねぇ。

というわけで、今回は目玉焼きについてだらっと書いてみました。

焼肉よりは難しいと思うんだけど、どう?(笑)

簡易版

昨日今日は大荒れの天気でしたが、皆さんお住まいの地域はいかがだったでしょうか?

私が住んでるとこは幸いにも、風が非常に強かったものの雨はそれほどでもなく、これといった被害はないようですが。

さて、気温も徐々に上がってきたので、きりかさんの産卵目指してふ卵器を組んでみました。

furanki130407
といってもこんなもんですが(^^;

ネットの情報を参考に、発泡スチロール箱のふたの裏側にピタ適をとりあえずセロハンテープで貼り付け。箱の底にサーモのセンサーを投入して26℃に設定。私はあんましパネルヒーターのパワーを信用してなかったのですが、今の室温なら楽に26℃の設定温度維持できました(^^v

本当は箱に配線を通す切れ目なんかを入れた方が良いようですが、風蘭の冬越しにも使ってる箱なので、とりあえず加工はせずにこのまま行こうかと思ってます。

来週は週末ちょいと出かけるので、再来週の頭ぐらいには、きりかさんとナルカミ君を同居させたいな。
ただ、ナルカミ君がちびっちゃいのが悩みどころ。

事故はおきませんように(-人-)ナムナム


以下、最近のクレスさん。




続きを読む

ぬこ

吾輩は猫である(著;夏目漱石)、読了。

「なぜ今?」と言われると全くその通り、お恥ずかしい限りなのですが、昨年末の同窓会の折、学生の時の国語の先生に、

「先生がお勧めの本ってありますか?」と伺ったところ、

師曰く、「(小説では)最近だと、村上春樹さんかな。ノーベル賞候補にもなったほどだからね。」

「でも、日本だと芥川龍之介、太宰治、夏目漱石、を超える人はいないね。この人たちの作品は何度読んでも新たな発見がある。」

とのこと。さすが、国語の先生(^-^)。

芥川と太宰は短編中心ではありますが学生のころ一読したので、残す夏目漱石を読んでみようと手に取ったのが「吾輩は猫である」というわけです。すでにこのチョイスがへたれではありますが(汗)

ただ、夏目漱石は「坊ちゃん」が私的にはダメだったんだよね。私が読んだのは文語で書かれていて読みづらかったうえ、内容もあんまり面白いとも思えず。それで、夏目漱石は手にしてこなかったという。

今回、「吾輩は猫である」を手にしたときも、正直、「うーん、どうなんかなぁ・・・」と思ってました。

が、読んでみると、

文章すげー (@@

「作文が上手になりたかったら漱石を読め。」と言われますが、なるほどと納得。すごく納得。

長文にもかかわらず調子よく読める。だから非常に読みやすい。漢文や俳句できる人が書いた文章だと思いますが、これほどのものは他には見たことがありません。

内容はいまさら私が書くほどのことでもないので触れませんが、作文が上手になりたい方はぜひ一度、漱石の文を読んでいただければと思います。

実は私も「吾輩は猫である」を読み始めてから、このブログの文の書き方をすこーし変えてます(^^:
惜しむらくは、やはり若いうちに読んどくべきだった事(;;)


追:
ちょっと余談になりますが、芥川龍之介、太宰治、夏目漱石に共通していること。それは、なんらかの精神疾患を患っていたのではないか?と言われていることです。

夏目漱石:統合失調(分裂症)、太宰治:境界性人格障害、芥川龍之介:うつ病

個人的に、作家というのは自分の人生すら創作してしまえる人たちだと思っているので、その作品を見てどういう精神病かを判断するのは難しいのではないかと思うのですが、何らかの精神疾患であるがゆえに、人を感動させる優れた作品を創作できることはあると思います。

精神疾患であるから人を感動させ、心の琴線を揺り動かす作品を創作できる。

それは結局のところ言い方は悪いですが、正気と狂気は連続したものであるからなんだと思います。だから、狂気は人の心を強く揺さぶる。

正気と狂気は別のものではなく、程度と線引きをどこにするかだけの問題。

ちなみに、こんなプレゼンがあります。

適度な狂気(ジョシュア・ウォルターズ)

↑の方は双極性障害(躁うつ病。字幕で二重人格と出ますが間違いかと思います)
日本の作家さんだと、以前あげた北杜生さんがそう。
宮沢賢治もそうだったと言われています。

ある種の狂気が作り出す創造物は非常に魅力的。

なぜならそれは無意識にとらわれている枠組みを超えるから。
そして、知っていながらも気づかないものを教えてくれる。自分一人ではないのだと。

たしかに、夏目漱石、太宰治、芥川龍之介の作品にはそういうものがあります。
国語の先生が勧めるぐらいだから間違いないw

あとはその狂気をどの程度制御するかの問題。
翼を持っても、太陽に近づきすぎれば墜落するからね(^-^)


追:
というわけで、個人的には若い人達にも古典的名作を読んでもらいたい。古い作品でもそこから得るものはあると思います。

個人的には太宰治がお勧め。私の場合は、どっぷりはまりそうになるのが怖くで逃げましたが(^^;
でも、それぐらいくるものはあります。

宮沢賢治も「雨ニモマケズ」が有名ですが、「春と修羅」もお勧めですb

ちょうど春だし興味ある方はご一読を。






Yippie  yi  ya~n♪

ゴーストライダー(監督:マーク・スティーヴン・ジョンソン)、を見る。

以前書いたように、私にとってMARVELヒーローは、「イラストやゲームでは見たことあるけど、どんなものかは謎。」な存在だったわけですが、X-MEN、ファンタスティック・フォー、アベンジャーズの映画化でようやっとどういうものか知ることができました。

そして、最後に残ったのがこのゴーストライダー。これで、謎だったMARVELヒーローはだいたい見れたかなぁ。

VISION以外は。 

って、わけで次はVISIONで。CG処理めんどそうですがw


さて、例によってゴーストライダーを最初にイラストで見たときは、「黄金バット(ないしはワッハマン)みてぇだな。」と思ったわけですが、合わせて「Ghost riders in the sky」と関係があんのか?と思いました。

Ghost riders in the skyというのは、カントリーのスタンダードとしてアメリカではよく知られた曲らしい。

↑がその曲。

私が学生の頃、以前あげた「夕陽のガンマン」含め、ウエスタンの曲をちょこちょこ聞いていたのですが、その内の1曲にこれのカバーがあってよく聞いてました。

ちなみに、学生=中学生だけどね(^^;まあ、この頃から趣味偏ってたのは間違いない。

↑のは私が聞いていたカバーではないですが、アメリカではこの方のが有名みたいなのであげときました。それにしても、いい声だな~。

で、映画版のゴーストライダーを見たのですが、やはり劇中にこの曲が使われてました。

↑のビデオにある新旧ゴーストライダーが並走するシーンのBGMとエンディングテーマがこの曲。

いやまさか、中坊の頃聞いていた曲を、今になって映画で聞けるとは思いませんでした。しかも、旧ゴーストライダーがカッコイイ(≧▽≦)/。この並走シーンが一番テンションあがりました。


主演はニコラス・ケイジ。彼はアメコミの大フアンで、本人が出演を希望したとか。そういや、キックアスにもビッグダディ役で出てて、「あれ?なんでこんなところに。」と思っていたが、それもやはりコミックが好きだったからのようで。

しかし、ニコラス・ケイジって顔長いよね。(ヲイ)

いやいや、揶揄してるわけではなく、ニコラス・ケイジはコスプレヒーローだとちょっときついなと。

クリストファー・ノーラン監督のバットマン役、クリスチャン・ベールは「バットマンのマスクをつけたとき、顎のラインが一番バットマンらしかった。」という理由で選ばれたそうだが、ニコラス・ケイジがマスクつけたら、まさにキックアスのビッグダディ状態。マスクつけてても、誰かわかるやん!みたいな。

あと、アイアンマンのマスクがぱかっと開いて、ロバート・ダウニーJr.が出てきたら、「ほうほう」と思うけど、ニコラス・ケイジだと「え?マスクの中に納まってないんじゃ・・・」とか思うじゃない。

ところが、ゴーストライダーは変身すると顔が骸骨。

うむ、まったく違和感がない。 

まさに、ニコラス・ケイジにピッタリのヒーローかと。ひょっとして狙ってた?


と、前ふりが長くなりましたが、内容はごく普通。可もなく不可もなくといったところ。

ただ、ゴーストライダーって敵をバイクで轢いたり、チェーンでしばきまくるのが決め技かと思っていたら、必殺技は「俺の目を見ろ、何にも言うな。」だったのがちょっと意外な感じでした。


例によって、前ふり長くて、映画の内容についてはうっすいレビューですいませんm(_ _)m


追:
キックアス2は今年の夏ごろ公開予定らしい。

予告編はこちら。

ヒットガールがずいぶん大きくなっていてビックリ(ノ゚ο゚)ノ

日本で公開されたら見に行くつもり・・・なんだが、映画化権をユニバーサル・ピクチャーズが買い取ったのが気がかり。マイルドになってたらやだなぁ(-”-)

プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器