オタクのおっさんの戯言

これだ!

牙狼<GARO>~MAKAISENKI~、を見る。例によって、GyaO!の無料放送でb

牙狼を見るのは実は初めて。というか、ずっと前からなんだろ?と思ってたぐらい。

いかんなぁ、いかん、いかん。アンテナが低すぎた(-_-;

で、全話見終わって、

すっげー、これだよ、これ! 

ひっさびさに納得かつ満足できる特撮見ました。はぁ~満たされる~。

さすが、雨宮慶太さん。これでもかというほどのツボの押さえ方。
未来忍者もなかなかの出来で、世界観などなどすごくよかったのだが、演出的にちと粗いところがあった。

しかし、この牙狼は完璧。ほぼ隙がない。
未来忍者をよりブラッシュアップした感じ。和テイストの世界観。素晴らしいの一言に尽きる。

30分で1話完結。小エピソードと全話通してのストーリー展開。
ストーリーも落ちもオーソドックスではある。ではあるが、完成度がきわめて高い。だから、濃密な30分が楽しめる。

なんだ、やればできるじゃん。 

これ見ると、今のヒーロータイムの仮面ライダーがいかに間延びしているかよくわかる。

ヒーロー性についてはやや弱い感はあるが、十分許容レベル。他の部分が補って余りある。

俳優さんの演技も悪くない。また、ゲスト出演者が妙に豪華。「手紙」のゲスト出演者には、正直倒れたw

とまあ、私的には手放しで絶賛できる特撮です

特撮好きな方はぜひ見とくべし。
昭和テイストの特撮だけどね。

はー、もっと早くに見てりゃよかった・・・(--;


追:
こうなると1作目も見てみたくなるなぁ。GyaO!の有料ので見るかなぁ。

追:
GyaO!の無料放送はありがたいのだが期間限定なのがね。
ぶっちゃけ、がしがし見てたのでねもい(==

追:
主人公の俳優さん、なんかマツケンに見えるのは気のせい?

追:
しっかし、これだけの作品、製作費どうしたんだろう?
通常、いわゆる「おもちゃ戦略」で稼ぐのだが、牙狼についてはフィギュアぐらいしか見たことがない。
パチンコの版権でそんないくと思えんし・・・
今までの私の感覚から行くと、収益構造が謎なんだが。
ただ、番台がこういう作品に金出すようになったというのはちと驚き。

スポンサーサイト

孵卵器

今週、きりかさんが無精卵を産卵。たびたびのことなので、私もきりかさんも慣れたものになってきました。

最初の頃はきりかさんも神経質になって、鉢土ほじほじしたり、それ見た私も「大丈夫か?」と心配になりましたが、今回なんかは床材のキッチンペーパーを少しほじった後、その上にコロンと産卵。

私の方も、「あー、また産んだか。最近お腹大きくなってたしなぁ。」ぐらいな感じで(^^;

逆に言うと、クレスのメスは無精卵を何回か産ませるぐらいの経験をさせた方が、落ち着いてきていいのかもしれません。

とはいえ、こう何度も無精卵を産ませるのも切ない。ということで、先週あげたようにナルカミ君とつがいにさせたいなと考えているわけです。


さて、つがいにもさせていないのに、ちょっと気が早いかもしれませんが、今後のことを考えてちょいと孵卵器を検索。

最初は某孵卵器を買おうかと思っていたのですが、それは現在販売禁止(日本の規格に合わない)になっているようで、輸入代行業者さんから直接輸入するしか手がなさそう。加えて、日本の規格に合わないってことは、事故が起こった場合が怖すぎる。ということで、この某孵卵器は見送り。

他に国内で入手できる孵卵器も探してみたのですが・・・うーん、こんなに高いもんだとは(-_-)。
クレスさん1匹のために買うには躊躇する値段です。

やっぱ、パネヒ+サーモで自作すっかなぁ。


以下、最近のクレスさん。

続きを読む

おや?

うちの植物、去年の今頃ってどうだっけ?と思い、当時のブログを読み返してみたら、

んー、去年はもう老文団素が咲いてるなぁ。

今年は、先日あげた春剣蘭以外花茎すら伸びてない状態。

去年は屋外放置していて、雪が積もるぐらい冷え込んだのであわてて室内に取り込んだのだが、今年は初冬から室内に取り込んだから、寒暖差が小さく、そのため開花が遅れているのかな?

あるいは、今年の冬が去年より厳しかったからか・・・

いずれにせよ、毎年同じってわけにいかないところが難しいところでもあり、面白いところでもある。

ニホンゴ

「月とにほんご」 (著;井上純一)、読了。

中国嫁日記の番外編的な一冊。中国嫁の月さんが日本語学校へ通う話と、中国の方から見た日本語の不思議なところをトピック的にまとめたものとの2種類構成のようになっています。

一時期、外国人から見た日本語、みたいな本が何冊か出ました。人との連絡手段が電話→メールに移り、文を書くことに対する認識が高まったため、日本語に対する理解を深めようという機運が高まったため、この手の本がよく売れたようです(美しい日本語とか漢字の本とかね)。

本作もある種それらと似たような感じですが、中国嫁同様、ほのぼのとした雰囲気がGoodですb
中国嫁日記がお好きな方はもちろん、日本語に興味がある方にもおすすめです。

あと、私のような薀蓄好きにもw

しかし、本作にも3.11の話が出てきますが(中国嫁日記2巻にも出てくる話)、あの震災は日本にいた外国の方にも多大な影響を与えたんだなと改めて思いました。震災というより原発問題が特にね。

日本語だけでなく、この国自体が美しくなってほしいやね。
・・・これじゃ某政治家と一緒か orz


「ぼく、オタリーマン。」~6巻(著;よしたに)、読了。

以前に書いたかもしれませんが、この手の4コマは瞬発力なのであまり買ってないのですが、これだけは変わらず。自分がそうだからなぁw

内容も変わらず安定。自虐ネタもカラッと明るいし。

ただ、今巻はちょいと変化が。副題の「ここから始まる、どこまで行ける」が、なるほどなーと。
気になった方は、ご自身の目で確かめられるのがよろしいかと(^-^)

しかし、となると今後ネタはどうなるんだ??



ざまぁw

先日のニュースで、

ソーシャルゲームに陰り アイテム商法のツケ、2強の活路は…

そりゃまあそうだろ。 

もちろん、↑の記事は成長率についてのもので、市場規模としては相変わらず大きいということは認めざるを得ない。

が、それでも個人的には前々から書いている通り、今のSNSゲーはつぶれてしまって欲しいと思っている。

とにかく、課金システムというか集金システムが酷すぎる。加えて、ゲーム性が希薄すぎる。こんなのゲームじゃねぇw

大東京トイボックスの言葉を借りれば、SNSゲームには「魂が入っていない。」

日本のゲームが一つの「文化」として認められるまでになったのは、世界観やゲームシステム、ゲーム性 etc・・・にクリエイターさん達の「魂」が込められていたから。その魂が人の心を打つ。

しかし、SNSゲームはゲームではなく単なる集金システムだと思う。「いかに課金させるか。」を念頭に最適化されたシステム。たしかにそれはそれでプロの仕事ではある。だがしかし、集金システムが心に響くなんてことはありえない。

↑の記事で海外展開の遅れが指摘されているが、そりゃそうだろうと思う。

「魂」はまねできない。けれどもシステムは模倣できる(特許の問題はあるが)。
「ゲーム」は一つの作品であり、それはそのクリエイターさんしか作れない。しかし、システムは元を解析して似たようなものを作ることが可能だ。

だから、今のSNSゲームが海外で数字を伸ばせば、おそらくゾロ品がわらわらと出てくるのは間違いない。そうなれば、市場規模が拡大しない限り1メーカー当たりの売り上げは減少してじり貧になる。これまで何度も目にしてきた光景だ。

SNSゲーム自体は悪いとは思わない。これだけ携帯端末が普及している以上、コンテント事業は必要不可欠だ。

だがせめて、それならば、「魂」は込めてもらいたい。

クリエイターさん達の魂がギュッと詰まったSNSゲーム。

そんなものの登場を期待しています。

以上、オールドゲーマーの戯言でしたw



追:
そういえば、飯野賢治さんも亡くなったなぁ・・・

合掌(-人-)

ふむむむ

以前から書いている、クレステッドゲッコーのナルカミ君。

ちょっとづつ育っている気がしなくもないが、大きさ的には、すでに3号さんに追い越されそう。

やはり、この子は背骨に異常があるような感じで、それが障害になっているような気がする。

先天的なものか後天的なものかと考えると、個人的には後天的なものだろうと考えている。

クレステッドゲッコーは元親の数が少なく、そのため(いわゆる血が濃い)異常のある個体が散見されることが知られているが、そのような先天的な異常なら、それこそ生存にかかわるような障害が出ていてもおかしくない。しかし、ナルカミ君については、行動や摂食に異常は見られない(摂食量は少ないが)ので、先天的なものではないのではないかと思っている。

後天的異常だとすれば、うちに来る前なのか後なのかが問題なのだが、同じような条件で飼育している3号さんには今のところ異常が見られないことから見て、うちに来る前からの異常ではなかろうかと。

思えば、購入時にフロッピーテール風な症状が出ていたんだよなぁ・・・

ナルカミ君がうちに来たのも何かの縁ということで、これからも大切に育てていこうと思いますが、購入時には個体の状態をよくチェックしておきましょう、ということで。


春になって気温が上がってきたら、ナルカミ君ときりかさんでつがいにしようと思っているのだが、サイズ差があるのでうまくいくかどうかちょっと心配。


以下、最近のクレスさん。

続きを読む

ちょいとしたブログのまとめ

先日のエントリーで、「あー、節分だなぁ。」的なことを書きましたが、このブログも書き始めて2年ちょっと。いい機会なので、ちょいとこのブログの簡単なまとめを。

このブログの前身としてやってたホームページの概要についてはこのエントリーに。

何もかもが懐かしい

私のホームページやっていた頃から一貫した方針は、「(内容は)情報系であること。」

ですので、本・漫画・映画・ゲーム・プラモ・フィギュアなどのレビューと蘭・サボテン・多肉植物の栽培、メガソマ&クレステッドゲッコーの飼育情報、これがうちのブログのベースになってます。最近はこれに料理の薀蓄なんかが混じってきましたw

しっかし、自分で言うのもなんですがこれだけ情報の分野がバランバランなブログも珍しいやね(^^;

ただ、ホームページやってた経験からして、情報系だけでコンスタントに記事を書いていくは難しい。問題はネタの分量。これだけ多岐にわたる分野に手を広げていても、ネタにつまるときがあります。むしろ、ネタの分散ということで、あっちこっちに手を広げてると言えなくもない。

そこで、戯言をちょこちょこ入れてネタの増量を(汗)。あと、情報系ばかりでは偏るのでちょっと箸休め的な感じも込めて。

そんなうちのブログですが、アクセスされてる検索ワードはこんな感じ。


1.クレステッドゲッコー他爬虫類関係

うちのブログに来ていただいている方で一番多いのはこれ。というかほとんどこれ。「おや?」と思って検索してみたら、いつの間にやら「クレステッドーゲッコー 飼育」でかなり上位にヒットするように(照)

逆に言えば、うちのこんなブログが上位に出てくるあたり、クレステッドゲッコーはやはりマイナーなんだなぁと感じます。レオパのブログはもっとあるからなぁ。

こんなブログですが、これを参考にクレステッドゲッコーの飼育はじめてくれる方が増えればうれしい限りです。

クレスさんいいよ、クレスさん。暑さにちょっと弱いけど・・・


2.武装神姫バトルコミュニケーション

「なぜこれが?」と思っていたら、「武装神姫 バトルコミュニケーション」で検索すると、うちのブログがトップに出るんだね(驚)。てか、バトコミのブログがほとんどないあたり、やっぱその程度のもんだったということか。

ちなみに、武装神姫はオワコンっぽい感じ。フィギュアの新作情報もないし。昨年秋のTVアニメで終わったっぽい感じだなぁ。

以前書いたように、コンセプトは非常によかったと思うし、バトロンはすごく面白かっただけにこのまま終わってしまうのは非常に残念ではある。

でも、今のコナミじゃ・・・ねぇ。


3.植物&メガソマ関係

ごくたまにこれらの検索ワードでアクセスしてくださる方がいらっしゃいます。ただ、情報量としては非常に少ないのと、情報というより雑記的な感じなので、うちのブログはあまり参考にならないかもですね(^^;


以上がアクセスの多い検索ワードです。

その他、レアだけどちょこちょこ引っかかる検索ワードは、

1)ガメラ:ガメラのフィギュア関係で。

2)方位磁石:節分の方角知るのにw

3)4コマエロ漫画:放課後プレイで。

ぐらい。

逆に、本・漫画・映画関係でアクセされる方はまずいらっしゃいません。↑の「4コマエロ漫画」ぐらいかな。

ということで、アクセスだけから見れば、クレスさんのこと書いてるのが一番いいような感じもしますが、

今後もこのスタイルは変わりません。


だって、オタクだもの。 


ということで、検索で来てみたものの内容に思わずドン引き、な方もいらっしゃると思いますが、そこは生暖かい目で見てやってください(^-^)


デジャブ

うちのドヤ顔彼女さん。

どっかで見たことあるなぁと思っていたのですが・・・

以下、ドールの話題なので興味ある方だけ展開で。


続きを読む

腐女子からの手紙

昨日はバレンタインデー。

もはやおっさんたる私にとって、クリスマスと並んでネタにもならない日なのですが、

先日、知り合いの腐女子からこんなメールが。


ぺんさん、誰にチョコあげるんですか?(^-^)


・・・


は?!(゜Д゜)

すげー、腐女子、すげー。∑( ̄ロ ̄|||)


追:
一応、周りにナイスガイも鬼畜眼鏡もいないので渡す人いません、と返信しときました。
いやいや、ナイスガイや鬼畜眼鏡がいたら渡してたということではなくしてだね。

追:
というか、わしは受けなの??

余っていたので

先日、醤油諸々が一気に尽きたという話を書きました。

こんなこともあるんだなと

しかし逆に、ぽん酢がほとんどまるまる1本余っておりまして。
んー、夏、冷奴にかけて以来使ってない気が(--;;

ということで、
mizudaki130212-1
水炊きです。
「え?どんぶりに入った煮込みらしきものにしか見えない。」と思われるかもしれませんが、

断固、水炊きです

mizudaki130212-2
ほーら、取り分けてぽん酢かければ立派な水炊き。
・・・のはず。

~ 以上、おっさんの茶番 ~


さて、私が子供の頃一番好きな鍋物と言えばこれでした。
薄いだし汁で鶏肉と白菜を煮込む。つけ汁は、ぽん酢ではなくレモンないしはスダチの果汁を鍋のだし汁でわり、醤油を少したらしたもの。

レモンとかすっぱいものが好きだった(今でも好きですが)のと、酸味がきいてあっさり食べられるのがお気に入りでした。鶏肉も白菜も癖ないしね。

逆に私にとって、すき焼きは甘ったるすぎたし、寄せ鍋は塩辛くていまいち。キムチ鍋なんてものはなかったしなぁ。

そんなわけで、晩飯が水炊きだとテンションあがったもんですw
は~、水炊きってすばらしい。

~ 以上、おっさんの思い出語り ~


というわけで水炊き。

水炊きとは鶏肉と白菜を食べるもんだと思っております。あと豆腐かなぁ。

なので、できれば鶏肉はいいやつにしたかったのですが、今回はぽん酢の消化が目的ですので、とりあえず冷凍してあったやつで。鶏肉やすいし常備品です。白菜はこれまた以前書いたように、今現在、見た目単価が比較的安いので冷蔵庫の中に常備されているので問題なし。豆腐も同様、年間通して値段変わらんし。

ええ、いろいろと本末転倒なのは承知の上です。

ただ、やっぱり鶏肉は地鶏ぐらいは使いたいところ。ブロイラーとは肉のうま味が全然違う。煮込んだ時に出るだしの味わいや脂のうま味、口に入れたときに広がる肉汁もブロイラーとは雲泥の差だからなぁ。

白菜は選択のしようがないので普通に黄芯系(芯の葉っぱが黄色いやつ)。持ってずっしり重い、葉のしっかり巻いたものが良品。業界で「しまりが良い」というやつですな。

さて、この白菜。昔は「白菜で御殿が立つ」と言われるほど、冬には需要の高かった野菜なのですが、最近は少々嫌われ気味。

理由は重いから。

農家さんの高齢化が進む昨今、結構な重量物である白菜を収穫するのは一苦労になっています。
加えて核家族化が進み、白菜丸ごと一株買う家も減ってきました。「一株丸ごとなんて冷蔵庫に入らない。」というお宅も増えていると思います。また、白菜一株なんて食べきれないという場合もあるかと思います。

昔も白菜丸ごと一つはいる冷蔵庫なんてそうそうなかったのですが、家族が多ければ消費量も多いですし、余った分は漬物にもできたので、白菜一株、冷蔵庫に入れず冷暗所で保存していても、悪くなる前に消費されていました。今はなかなかそういう風にはいかないようで。

そのため農家さんがせっせと収穫しても、スーパーに並ぶときには1/2とか1/4とかのカット状態。これでは消費も伸びません。
ちなみに、最近の白菜が黄芯系なのは、カットして店頭に並べたときに見栄えがするからです。

そんな白菜ですが、水炊きでは鶏肉と並んで主役級。ここぞとばかりにがっつりいけて、農家さんの苦労も報われるというものです。
嗚呼、水炊きって素晴らしい。

~ 以上、おっさんの薀蓄 ~


その水炊きの作り方ですが、作り方というほどたいそうなものもなく。

鍋にだし汁を沸騰させ、そこに鶏肉と白菜を投入。その他、ねぎや豆腐、きのこ類なんかも適当に。
さっと火が通ったら出来上がり。

安い、早い、超簡単!
作り方はわずか二行。今までの前ふりの長さと対照的です。

いやー、水炊きってスバラシイ。

これをぽん酢でささっといただく。
うまいねぇ~。日本の冬だねぇ~。

というわけで、晩御飯に水炊き。いかがでしょう?


追:
あーでも、本当はぽん酢ではなくレモンかスダチで食いたかったなぁ。

ええ、本当に本末転倒です。

追:
今回は、ダンボー・ミニで。



黒白

そういや、昨日はワンフェスだったか。結局、一度も行けずじまいで引っ越してしまったよなぁ(泣)


それはさておき、以下、ドールの話題なので興味ある方だけ展開で。


続きを読む

ダンボー&!

先日購入した、ダンボー・ミニ

danbo-m130211-1
完成(`・ω・´)
てか、メインのランナー1枚しかないので、作り方によっては1時間ぐらいでできるかと。
私の場合は、ゲート処理&全面やすってますので、もちっとかかってますが、慣れた人なら同じ作業してもやはり1時間ぐらいでできるかな。

しっかし、これで、○○○円か~。若干ぼったくりな気がせんでもない(--;


danbo-m130211-4
肩は二重関節、足もダブルジョイントなので可動範囲はかなり広いです。リボのダンボーよりもよく動きます。
しかし、本体が軽いのと頭がおっきいので自立性には少々難ありです。それでも、これぐらいのポーズなら自立できますが。
んー、足におもり仕込んどくべきだったかなぁ。

danbo-m130211-3
箱絵にあるようなブリッジとか、

danbo-m130211-2
お座りなんかもできます。



ということで、リボのとコラボ
danbo-m130211-5

danbo-m130211-6
手つなぎダンボー

danbo-m130211-7
くるまりダンボー

danbo-m130211-8
たかいたかいダンボー


ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ダンボーは写真集が出ていて、それの写真のいくつかがすごく印象に残っているので、私もちょっと真似してみたのですが、やはりプロの方には遠く及ばず orz
でもまあ、ダンボー可愛いのでよしということでw

ただ、このダンボー・ミニ、ちょーっとお顔が違うような・・・
目と目の間隔が少し広いのか、目の大きさがわずかに小さいのか、とにかくリボのとは感じが違うように思います。
あと、組み立ての時に力入ってしまったためか、口の上のプラが白化しておひげっぽい感じに(泣)

やっぱ、リボのダンボーミニも買うかなぁ・・・


こんなこともあるんだなと

以前からちょこちょこ料理の話を書いておりますが、私は基本自炊派です。
でもって家事全般もこなしております。まあ、一人暮らしのおっさんなんで当り前ではありますが(^^;

そういうわけで、調味料などなども、それなりかつコンスタントに消費しているわけですが、

・醤油、みりん、ケチャップ

・歯磨き粉、ボディーソープ

・サランラップ、食器用洗剤、お風呂掃除用洗剤

・ハンドソープ、消毒用アルコール(←クレスさん達の管理に使う)

が、ほとんど同時期、同じような感じで尽きてきました。
こんだけの品物を一気に買い足したことって、今まだかつてない。「はい?」って感じ。
まだ買い足すほどではないが、味噌もそろそろ少なくなってきている。

当然のことだが、それぞれ量も違えば使用頻度も違う。もちろん、買った時期も違う。

ハンドソープはクレスさんの飼育はじめた2年ほど前に買ったものだが、消毒用アルコールは使い始めたのここ最近のこと。どちらもクレスさんの飼育時に消毒に使っているもので、調味料とか料理とは全く関係ない。

ボディーソープとサランラップにも関連性があるわけもなく(あったら怖いがw)。

そういうものが、どういうわけだかほとんど同じタイミングでなくなる。

へぇ~、こんなこともあるんだと、ちょっとびっくりしたので記念にカキコw
(↑なんの記念だ?)

例によって

今週のクレスさん達も特に変わったことはなく(^-^)

少し冷え込んだためか、わずかに食いが落ちたかなぁ~ぐらい。

でも、「何も変わりがないこと。」がクレスさん達には幸せなことなんだと思う。
どんな生き物でもそうだが、環境の変化ってストレスになるし。

「いつものことをいつもの通りやっていく。」
これが生き物を飼うときの基本だとは思う。

反面、「刺激がなくてタイクツ。」というのもあるのだが、それはある種ぜいたくな悩みなのかもしれないね。

そんなことを、クレスさん達を見ながらつらつらと。


以下、最近のクレスさん。



続きを読む

いつの間に

先日、ちと仕事がらみで近年の気象情報(地域限定ですが)について話を聞いてきました。

それによると、その地域では、①:1月~3月の気温の振れ幅(最低と最高気温の差)が大きい、②:上半期の積算降水量が10年前と比べて増加している、とのこと。

ゲリラ○○のこともあり、降水量は多いと思っていたのですが、冬~早春の気温の振れ幅が大きいというのは目から鱗でした。たしかにここ最近、冬越し管理より通常管理へ戻してから気温が安定せず、四苦八苦している。春の生育のスタートダッシュが切れないんだよなぁ。なんか、なるほどなーと納得。

仕事だけでなく、個人的にもいい勉強になりました(^-^)

~ 閑話休題 ~

うちの植物さん達は基本的にこの時期休眠中 zzzZZZ。
たまに灌水するぐらいで特にやることもない(悪く言えば放置)のですが、ふと見ると、

syunken130202
いつの間にやら春剣蘭の花茎が伸びていてびっくり。といってもこの一鉢だけですが。
以前書いたように、うちだと開花のトップバッターは老文団素なのですが・・・はて?


gagyusima130202
臥牛黄縞の子供がひょっこり。
親株はその縞柄が気に入って購入したものの、育てているうちに縞が消えてしまい(泣)、「まあ、一応育てとくか。」ぐらいで管理していたのですが、これほど上柄の子供ふくとは思わずびっくり。

縞物はこういうことがあるから、地道に育てておくもんだなぁと改めて思いました。

先に書いたように、今は特にやることもない時期ですが、だからこそゆっくり眺めてやると、思わぬところに気が付くもんですね。

花展へ

東洋蘭の業者さんからタダ券が届いたので、フラワーマルシェへ行ってきました。

関東にいたころは東京ドームの蘭展や上野グリーンクラブの即売会など、東洋蘭購入の機会がたんとありましたが、こちらではこのイベントぐらいかなぁ(泣)。しかも、フラワーマルシェって蘭展ではなく、花展なので東洋蘭のブースは少ないし。別途、3月に蘭展があるようですが、西洋蘭主体のようなので、東洋蘭を見に行くとなると・・・。

今にして思えば、東洋蘭やサボタニ、買えるときに買っといてよかったなと。
もちろん、ネット通販はあるわけですが、こういうものはできれば現物を見て買いたいしね。

さて、それはさておき、

f-marche130209-1
白のファレノ(胡蝶蘭)。蘭関係の展示会では定番。
今回は撮影していませんが、東洋蘭のディスプレイもありました。

f-marche130209-2
バレンタインが近いということで、Vの字のディスプレイ。

f-marche130209-3
カーネーションのディスプレイ。今回のディスプレイの中では一番華やかでした。
花の美しさもさることながら、この時期にこれだけのものを咲かせる開花調整がすごいやね。まさにプロの技。

f-marche130209-4
バラの品評品。フラッシュで色飛んでますが(汗)、実物は非常に鮮やか。
色の美しさ、花のボリュームはさすがに「バラ」。切り花にしても見栄えするところが蘭とは違うやね。


以前ちらっと書いたように、今回の即売会では金広錦(富貴蘭)の出物でもあれば買うかなぁと思っていたのですが、金広錦自体はあったものの購入は見送りました。金広錦は一鉢欲しいなと思っているので、また別の機会にでも。
あと、キバナノセッコクの三冠王、実物を始めてみましたが、これも見送り。セッコクの柄物の栽培はいまいち不得手なのと、キバナノセッコクでは冬越しに不安があるので。

西洋蘭ではミニファレノの面白いものがありましたが、うちの環境でファレノを開花させることは難しい。ミニデンドロは相変わらず色のバリエーションが少ない。ノビル系やその他の西洋蘭はサイズが大きく、うちの家ではスペース的に無理がある。ということで、西洋蘭も見送り。

私が気になったのはそれぐらいかな。お店も少なく、ブースも小さかったので、物色できるほど物がなかったというのが正直なところ。なんとなく不完全燃焼感がありますね(^^;

それにしても、富貴蘭はあまり値段が落ちてないなぁ。むしろ価格が戻った感じがしなくもない。
逆に、春蘭系はずいぶん値段が下がった感じ。それでも九華はほどほどいい値段しますが。


ということで、今回の戦利品。
t-buzi130209
エアープランツ。すでに蘭じゃねぇw
種名を書いてませんでしたが、たぶんチランジア・ブッツィ(Tillandsia butzii
ハオルチアの十二の巻のような、はたまたある種の爬虫類のような、緑地に白の縞模様に惹かれて購入。ほかであまり見た記憶もなかったので。

うちにはもう10年選手になるカプトメデゥーサがいますが、これも末永く育ってほしいやね。


最後に、「あ、これ欲しい!」と思ったもの。
f-marche130209-5
ディスプレイに使われていたヤモさんの置物。
もはや、植物どころか生き物ですらないw


追:
花展を”ハナテン”と書くとなんだか中古車センター・・・

追:
毎年のことながら、蘭展の時期は冷え込むなぁ{{(>-<)}}
東京ドームの時は雪降った年もあったし。

追:
こちらでは東洋蘭を購入するより、両生類・爬虫類を購入する方がはるかに簡単だということに気づく。
どちらもマイナーな分野だと思いますが、それでも東洋蘭<両生類・爬虫類なんだなぁと。趣味人の年齢層も全く違うし。

東洋蘭も育てやすくて奥深い、味がある植物なんだけどなぁ。もう少し見直されてもいい気がする。

検索ワードで

検索ワード「方位磁石」にて訪問していただく方が増えることで、節分を知る管理人です(^^)。

簡易方位磁石の作り方はこのエントリーを。

ちょっとした自作

ちなみに水に浮かべるとこんな感じ。
houi130203
N←→Sです。
これで、太巻き食う方向はばっちりb
まあ、今年は南南東なんでおおむね南むいて食べとけば問題なかろうかと思いますが。


ということで、
setubun130203
季節ものには乗ってみる方向で。

独り暮らしのおっさんがなにしとんじゃ!というツッコミもあろうかと思いますが、

漢には一人でもやらねばならぬ時があるように、
おっさんでも独りでやらねばならぬ時があるのです。

それは、節分でなくてもいいだろ、というツッコミは受け付けます。はい。

おっさんは独りで逝くものさ~♪(ズバットのED風に)。

それにしても、おっさんになると豆を年の数食うだけでも大概。 


~ 閑話休題 ~

というわけで、初詣に続き寺社仏閣へお参りに。
同窓会の時に「あと一ヶ月ちょっとだ!」と話題になってましたが、やっとこある種の年季が明けたので区切りの意味もあり。今回、お祓いはせず参拝だけでしたが。

今日は日曜日ということもあってか参拝客とか豆まきする人が多くて、某仏閣なんかは人いっぱいでしたが、「あー、日本の風景だなぁ。」と妙に癒されました。
やっぱ、こういう古来からの風習って大切にしたいよね(^^)。

また、地元の神社では氏子さん達が甘酒を配っていて、私もいただいたのですが、

これが激ウマ (≧▽≦)/

以前から、甘酒大スキーな記事書いてますが、ひっさびさに麹からきちんと作った甘酒飲みました。
味が濃いのに甘さはべたつかない。とろみがあるので体があったまります。
やっぱ参拝は地元の神社だよなぁ。この地域感がたまらないやね。


~ でもってさらに閑話休題 ~

大人な事情で引っ越ししたのがちょうど二年前

しばらくお休み

あれから2年たったのかと思うと感慨深いやね。↑に書いたようにちょうど節を分ける時期だったし。
季節はずれの雪が降ってくそ寒かったのを覚えている。

それからひと月足らずで3.11の震災。それに続く計画停電と生活品不足。
そして計画停電&生活品不足が解消され始めたころに転勤&また引っ越し。

私の人生の中でも一二を争うハードな年だったよなぁ。実際、転勤後の2ヶ月ぐらいはほんと死んでたし。というか、何やってたか覚えがないほどだし。よくまあ、あの状況で体ぶっ壊さなかったな、というのが正直な感想。

そんなこんながありましたが、↑に書いたようにある種の年季もあけ、今はとりあえずひと段落ついた感があります。

それもこれも、周りの方々のおかげなんだろうなと、ちょっと殊勝なことを書いてみたり(^^;

長々と一人語りを書いてしまいましたが、そんな感じでこんな風に、このブログはやっていきたいと思いますので、お暇な方&興味持っていただいた方は

またのご利用お待ちしています。 (ターミナル風に)



衣替え

以下、ドールの話題ですので、興味ある方だけ展開で。


続きを読む

バイオ・アーマーじゃない方

というわけで、ライガーゼロ完成b
年末年始、帰省だなんだでバタバタしてて製作が進まず、加えてマットコート吹く日を見計らっていたら、結局こんな時期に(^^;

例によって、ZOIDってスラッシュ0をちらっと見た記憶しかなく、ライガーゼロに至っては見たことありませんw

liger0-130203-1
全体の造形はすこぶるいいです。非常に絵になります。


liger0-130203-2
脚部はもとより顎、体周辺の武器の類も可動します。


liger0-130203-3
体勢を低くして、イオンターボブースターとダウンフォーススタビライザーを展開したとこ。
可動するといってもそこは4本足。ガンプラほどポージングができるわけではありません。
そういや、「お座り」させてみればよかったな(--;


liger0-130203-4
一応、3本足でも自立可能。要若干調性。


とまあ、ガンプラほどがしがし動かして遊べる風ではないのですが、素で造形がかっこいい(≧▽≦)b
大きさもそこそこあるので、普通に眺めて楽しめます。お好きな方なら部屋の飾りとして十分いけるかと。

あと、以前にも書きましたが、パーツ数が多くしかもパズル的な感じなので、作っててかなり楽しかったです。
ガンプラのMGみたく、基本骨格作って、そこに外装はめ込む式とはちょっと違います。さすが、ブキヤ。久々に組み立てる楽しさを味わえたような気がするなぁ。ま、その分、やする手間はあるわけですが。

ということで、発売からずいぶん経って今更感が漂うキットですが(ヲイ)、まだ店頭でも余裕で買えるので、お好きな方にはお勧めです。


追:
気のせいかガンプラよりやすり易い感じがする。プラの素材がやらかいのかな?
そのせいか、やするのがそれほどしんどくないような。

いや、まてまて

心の中心で表題を叫んでしまったこと。

その1

egasira
figma 江頭2:50(あみあみ)

なに、この心の中で湧き上がるもやもや感。


その2

仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Zの敵が、

スペースショッカー

なんだよそりゃ?! 

魔法で復活してるのにスペース。
宇宙刑事からませるための無理くり感がたまりませんw


その3

なのこのイケメン。

koara130203


クレステッドゲッコーの管理

今回は、クレステッドゲッコーの日々の管理について、私がやっていることをご紹介します。

例によって、飼育方法は自己責任で、お願いします。


1.餌やり(給餌)

うちではCGD(クレステッドゲッコーダイエット)を中心に、イエコオロギを与えています。

給餌間隔は1日おき(ヤングぐらいの時は毎日。以前に書いたエントリーからちょっと変わっています)。
具体的には、CGD→CGD→イエコ→CGDで約1週間回すような感じ。

アダルトだともっと間隔をあけて、2~3日に1回でも十分だと思いますが、クレステッドゲッコーは「あるだけ食べる。」というようなことはなく、「食べたい分だけ食べる。」ような感じなので、給餌間隔が短くても、食べ過ぎてよくない、ということはあまりなさそうです。

ただ、そこは生き物。様子を見ながらが大切。餌食いが悪い時は、少し給餌間隔を延ばして様子をみています。


1回に与える量は、CGD(粉末状態で):1gちょい/頭(具体的には、3頭で4g)

この分量を、アダルトのきりかさんは、ペロッと平らげたり少し残したりぐらい。
食欲旺盛な3号さんは、ヤングだからか毎回完食。
逆に、体が小さいナルカミ君は、半分ぐらい残します。


イエコは、ピンセットでつまんで与えています。量は、その時食べる分だけ。食べたくなくなったら、イエコを顔に近づけても「ぷい」します。

量は、アダルトのきりかさんで、Lサイズのイエコを2~3匹/回。3号さんもそれぐらい。ナルカミ君は、1~2匹ぐらいです。
イエコはカルシウム剤(ビタミンD入り)を、毎回ダスティングしています(毎回する必要はないかも)。


CGDの調製方法は以下のエントリーを

クレステッドゲッコーダイエット(略してCGD)


2.湿度調整

クレステッドゲッコーの飼育では湿度管理に注意、と書かれているのをよく目にしますが、個人的にはそれほど神経質にならなくても大丈夫のような気がします。
ただ、過乾燥では脱皮不全を起こしますので、それなりに湿度管理は必要です。

私の場合、床材のキッチンペーパーがしっかり濡れている状態にした上で、1~2回/日ケージ全体に霧吹きをしてやってます。
床材への給水は、100均で買ったちっさなプラ製じょうろでだーっと水を注いでやるだけです(^^;

夏は床材がそれほど乾燥することはありませんが、冬は乾燥しやすく、ほぼ毎日給水が必要になります。


3.照明のON/OFF

照明はサーモのタイマーでON/OFFすることもできますが、私はケージ内の確認を兼ねて手動でやってます。
ですので、ON/OFF時間は日によってまちまち(私の出勤&帰宅時間しだい)ですが、特に問題もなくクレスさん達は活動してくれてます。

まあ、照明つけるのが早い時は、「うおっ!」って感じであわてて陰に隠れますし、照明消すのが遅くなると「はよ消さんかい!」ってな感じでケージの中ほどまで出てきてたりしますが(^^;


4.ケージの掃除

うちはクレスさんのケージが3つあるので、1ケージ/週で掃除をしています。各ケージ、3週間に一度掃除する形ですね。

私が飼育している感じでは、それほどケージ内は汚れないので、2~3週間に一度掃除してやれば十分かと思います。あまり頻繁に掃除をすると、掃除自体がクレスさんのストレスになりそうですし。

ケージの掃除といっても簡単なもので、床材(キッチンペーパー)を取り換え、レイアウト物を水洗い。
ケージ内部はスポンジたわしを使い、まず水で汚れを落とした後、食酢を使ってさらに洗浄&殺菌。最後に消毒用アルコールで内部を拭いて消毒しています。ただし、ハビタットキットのバックレイアウトの塗料はアルコールで溶けますので、バックレイアウトは水拭きだけです。

レイアウト物の素焼き鉢は少しカビが生えたりするので、水洗いした後電子レンジで”チン”して熱殺菌しています。素焼きはこうやって消毒できるので便利♪

実質、30分ぐらいで掃除完了です。


4.その他

毎日、クレスさんの様子を見、ケージ内の温度は適正に保たれているか確認する、ってのは基本中の基本ということで。


以上が、クレステッドーゲッコーの日々の管理になります。


CGDの給餌は5分ほどでできてしまいますし、湿度管理も給水して霧吹きするだけ。イエコをピンセットで給餌するときは少し時間かかりますが、差し出したイエコにぱくっと食いつく姿は可愛いいし癒されます(*^^*)。
ケージの掃除は30分/週ほど。

ということで、クレステッドゲッコーの飼育にかかる時間=約1時間/週ぐらいです。
正直なところ、日々の管理に手間はほっとんどかかりません(^^)

いやー、これほど手間がかからない生き物とは思わなかった。
まさに、独り暮らしのおっさんが飼育する生き物としては最適かと思いますw

もうちょい様子見

クレスさん達ですが、例によって特に変わりはなく(^^;

ただ、ピンストライプの3号さんはだいぶ大きくなってきたなぁと思います。

うちにきて一年弱。たぶん雌だと思うのですが、名前を付けるのはもちっと様子見してからで。

逆に、ナルカミ君は大きくなっているような変わらないような・・・

春にはきりかさんのお婿さんにしたいところですが、体の大きさが違うと、ナルカミ君がきりかさんに撃退されそうで悩ましいところです。


ということで、最近のクレスさん。


続きを読む
プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器