オタクのおっさんの戯言

殖えるなぁ

最近だいぶ暖かくなってきたので、イエコが殖える殖える。

クレスさん達が食べる量<<<イエコの増殖量

なので、うちではどうしても余ってしまう。

んー、やっぱデュビアの方がいいのかなぁ。

ただ、デュビアだと冬場の温度管理が問題。悩ましいところです。

ということで、最近のクレスさん。


続きを読む
スポンサーサイト

こんなのも咲きました

barminianaflow120527
ドルステニア・バルミニアナの花。
なんでこうなったしw、というような変わった花です。
昨年夏に芽が出なかったので、引越しの時にダメにしたかと思っていたのですが、無事開花しました(^^v

中心部の白く見える点々がおしべとめしべです。
このままで自家受精し種をつけるのですが、非常に細かいほこりのような種なので回収と播種が大変です。
一度播種にチャレンジしたことがあるのですが、結局発芽しませんでした(^^;
今年はもっかいチャレンジしてみようかなぁ。

時には昔の話をしましょう

マクロス30周年のついでにこんなネタ。


rpgjapan
RPG幻想事典・日本編。
当時、TRPGのマスターをやっていたので、この手の資料本はちょこちょこ集めてました。
SWが出たころで、TRPGの最盛期だったような気がします。そのせいか、書店でもこういった資料本がちょこちょこ並んでました。他にもTruth In Fantasyシリーズとかね。

とはいえ、全体的にいえば「好きな人が買う」的なマイナーな分野だったと思います。

さて、この本の奥付をみると、
rpgjapanup

あー、そうだった。そうだったんだよ。
そんな発行者が今では・・・

これが時の流れというものか。

追:
本中のコラムに、「○○のゲームにXXというのが出てくる。お問い合わせは、電話番号・・・」
とゲーム会社(ASCIIとか)の電話番号が書いてありました。
当時は、素に電話で問い合わせだったんだよね。今じゃ、サイトのURLかメアドだな。

ちなみに当時、ナイトメアハンターってTRPGが発売予定日を過ぎてもいっかな発売されないので、しびれを切らして翔企画に電話したことがありますw

30周年かぁ

マクロス30周年ということで、名古屋でちょっとしたイベントが行われてたので行ってみた。

macros30-120527

入場料500円でちっこい会場内の展示物を見るぐらいだったのだが、当時の絵コンテとか台本とかの現物が見れてテンションUp

初期設定だと、早瀬さんは未沙ではなく亜綺だったんだなぁとか、ブリタイが出っ歯だったなど、「へぇ~」と思うものから、ブービー・トラップとかパイン・サラダの台本とか「うぉ~」と思うものまで見れて結構楽しめました。

また、マクロスの企画書には「若者の「パワー」を描く、云々」とありました。「へぇ~、企画段階ではそうだったんだ。」と、妙に感心したり。そうだよなぁ、80年代ってそういう年代だったんだよなぁ。展示されていた絵コンテにも、遊びで書かれたイラストなんかが入っていて、すごく80年代って感じでした。

もっとマクロスFばっかかと思っていたんで、いい意味で裏切られた感じでした。
懐古趣味ではありますが、いやー、これは見に行ってよかったわ。

逆にマクロスFからの若い方には「?」的展示だったかもしれません(^^;


追1:
展示はマクロス主体だったのですが物品販売の方はさすがにマクロスFばっか。
ちょろっとでいいからマクロスの欲しかったなぁ。
ミンメイ人形のストラップとかあったら買ってたんだが。

追2:
逆に私はマクロスFを見ていない人で(汗
会社の先輩から、「なに~、おまえ、シェリル・ノームをしらんのか?!」と言われました。
ちなみにこの先輩、私が緑色とすれば、まごうことなき赤色レベル。

追3:
マクロスの原案になった「メガロード」ってやつのセル画なんかもいくつか。
このメガロードってやつが後のメガゾーン23になったんだろうね。

メガゾーン23では、「過去もっともよい時代」として80年代の日本が再現されている、という設定だった。
当時、友人と話していて、

友人:「80年代の今の日本がもっともいい時代だと思うか?」
私:「なーに、2100年以降にメガゾーン作ったら、90年代とか2000年代が良かったということになってるさ。」

残念ながら、メガゾーン23の設定が合っていた、今のところはそう思わざるを得ない。「昔はよかった」補正がかかっているかもしれないが。
古典的SFの世界観、「(科学技術が進んで)未来は今よりいい世界。」を信じていたころ・・・

80年代か、何もかも皆懐かしい 

バトコミ終了

本日(5/22)の正午で武装神姫~BATTLE COMMUNICATION終了。

うーん、いったいなんだったんだろう?

前書いたとおり、ゲームとしてはひどい出来だったが、とりあえず開発経費ぐらいは稼いだかなぁというところ。
なんせ、課金においてはSNSゲームはあくどいしw

ただ、やり方によってはもちっと継続して稼げたと思うんだが、なんかいきなり終了って感が否めない。
加えて、武装神姫のフィギュアの方も完全にストップしてるし。

こりゃもう、武装神姫自体が終了っぽいなぁ。
コナミのIR資料はSNSゲームばっかで、武装神姫のことは見当たらない。

武装神姫なくなっちまったら、もうコナミ製品やることはないな。SNSゲームへの注力っぷりみてたら、とてもじゃないが信用できねぇし。

あーあ、コナミもつまんねー会社になっちまったなぁ( ==)

追:
以前から書いてる通り、SNSゲームに注力=金稼ぎ、とみて間違いない。
私的には、SNSゲームに注力する会社ってーのは、クリエイターの魂を、課金て名前の悪魔にうっぱらった会社だと考えている。
少なくとも今のところは。

ご冥福をお祈りします

ビージーズのロビン・ギブさんがご逝去されました。

ビージーズのロビン・ギブさん死去

ビージーズ、と聞いて??と思う人が多いと思いますが、曲を聴けば、「あーこの曲か。」と多くの人がわかると思います。

若葉の頃


メロディ



この時代の歌って透き通ったように澄んでいて、どこかはかなげでいいんだよね。

また、時代は移ってゆくんだなぁと。

この場を借りてご冥福をお祈りします(-人-)。

次は約20年後

さて、皆さんは見れましたか?

金玉接触

性器の変態ショーですね

狭い日本ではめったに見られませんが、恥丘上では割と
 みうがうぁ

ちょっ、何を@&#%$


====== しばらくお待ちください ======

えー、日本でこれほど広範囲に観察できたのは約900年ぶりということで、興奮のあまり少々取り乱してしまいました。

だって、このネタ使えるの一生に一度ぐらいですよ?

今使わずしていつ使うというのでしょう。

男には負けるとわぐががぁ

ま、まて、話せば&%$#


~ 閑話休題 ~

ということで、皆さんは観察できましたでしょうか?

私は出張の移動中でしたが、ラッキーなことに見ることができました。

高速上、しかも裸眼で (雲越しに)。

よい子はマネするなよ!(*^ー゚)b
ま、次にマネしようとするときはすっかり大人になってると思うけどネ!
その時は、私のような無分別な大人になっていないことを祈ろう。

で、実際に見てみて、なるほどすごい現象だなぁと思ったんですが、きれいとか感動というよりは、

目玉? 

みたいな。

んー、やっぱ、写真とかTVで見るもんなのかもなぁ。生は生で見とくとして。

そのあたり、素直に感動しないところが老化ってことでw


ということで、ついでにこれで〆ておきましょう。


うん、ここぞとばかりだねb

私信:
ピエールとカトリーヌもだが、最近のだとこれかなぁ。

そういやトウレプ

そういえば昨日、今日はトウレプだったね。

うちの2号さんお迎えしたのは昨年のトウレプ。
引越したので、さすがに今年は行けませんが。

はー、あれから一年たつのか。月日の流れは早いもんで。

ということで、今週のクレスさん。


続きを読む

王姫?

今週も新たに花が咲きました。

meihou120519
セッコク-明宝。黄花の紅一点花。
のど元の紅はそれほど赤くありませんが(橙色という感じ)、のど元の色が違うだけで同じ黄花でも印象が違います。ちょっとくっきりした感じ。
花つきは普通で育てやすい品種です。

のど元紅といえば、
den-oberon120519
デンドロビューム-オベロン プリンセス。
紅一点花のデンドロといえばユキダルマ系ですが、ちょっと草丈が大きいのが難点。
このオベロン プリンセスも大きくなるようですが、うちではヒメザクラ サノックと同じぐらいで収まっています。
ユキダルマ系はのど元が紫一色なのに対し、オベロン プリンセスは黄色+紫なのですっきりした感じがします。
花色としては、こちらの方が好みだなぁ。

しかし、品種名の「オベロン プリンセス」ってどうなんだろう。
オベロンは妖精王の名前。王妃はティターニア(タイタニア)。
なのに、プリンセスっていったい??

よろしく勇気!

友人から頂戴した、

海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE

を見る。

大場さんがカッコよすぎて燃える。 


こんな感じで。
gyaban

いやー、面白かったっす。
この手はストーリーを四の五の言ってもしょうがないもんだが、ストーリー的にもうまくまとまっていて悪くない。

それよりも私的には演出と殺陣が良かった。
ギャバン登場時のアップ&ズームの抜きや、↑の炎バックに逆光状態で決めポーズ。
レーザーブレードの殺陣。
どれもかなりいい感じ。きっちりツボをおさえている。
もはや古典的な演出で、だからこそ今となってはしないんだろうけど、おっさんヲタクとしては久々にこういうのが見れて満足だ(^-^v

なんだ、やればできる子じゃない

ズームのためとその後の引きがもうちょい欲しかったが、それはさすがに欲張りか。そこまでやっちまうと主役=ギャバンになっちまうし。


それにしても大場さんがカッコよすぎ(大切なことなので二度言います)。
あー、わしもこういうおっさんになりたいなぁ ← ムリ


追1:
大場さん、バトルフィーバーJとデンジマンにも出てたのか。本作見てはじめて知りました(汗
バトルフィーバーJは見てないけど、デンジマンは見てたんだがなぁ。うーん、記憶にない。

追2:
宇宙刑事ギャバン30周年か。超時空要塞マクロスも30周年なんだよなぁ。
( ==) (遠い目)


今になってかー

時代は平成を迎え、世紀末とゼロ前代を過ぎた2012年にこんな漫画が。

赤箱(著;キタハマンZ)

なんで今?
そりゃ赤箱復刻されたけども。

で、読んでみたら、内容はWIZ(ヲイ。
でもって、昔よくあった(今もあるか)4コマパロディー本。

どんだけ、ピンポイントかと。
今このご時世に、このネタついてこれる人で、なおかつこれ買って読んだ人がどれほどいるのかと。

さすが電撃かとw

まあ、おっさん的には色々とこみ上げるものがありましたが。
どんな色々かはあえて書かないという方向でお願いします(^^;


インド人だ、インド人だ!

久しぶりに映画を見に行ってみる。

ロボット

予告編を見て、「お、これは・・・」と思ったのだが、見てみると思ったほど突き抜けてねぇなぁ。

インドでマトリクスを作ったらこんな感じか?、みたいな。
アクションもマトリクスを見た後では「劣化版」的感じが否めない。
劇中の所々で挿入されるダンスシーンはさすがインド映画という感じなのだが。

ストーリーは、

 主人公の博士が作ったロボットが主人公の彼女に惚れる
 →その彼女と博士の結婚が決まってそれにロボットが嫉妬
 →嫉妬したロボットがとある事情により大暴れ

という、「ロボットと人間の間に恋愛は成立するのか?」をテーマにしたもの。古典的SFのテーマの一つで、特段目新しいものでもない。
そして、これをテーマにするのであれば落ちをどうするかがすべてだと思うのだが、落ちも無難なところに着地しちまうし。

とまあ、全体的にちょっと残念な感じ。
個人的にはもうちょっととんがって欲しかった。
まあ、そんな感じで(^^;

追1:
端々に「数学のインド」的セリフが出てくるのは面白かった。
たぶん、フォークト=カンプト検査法を開発したのはインド人。

追2:
ロボットとかアンドロイドと人間の間に(恋)愛は成立するのか?ってーのは古典的SFのテーマだが、突き詰めると「愛とは何か?」を主題とするもので、古典的ではあるが非常に奥が深いテーマである。
ただ、落ちとして極論すると「成立するか成立しないかの二択」になってしまう。
なので、その過程と落ちをどう見せるかに、制作者の力量が如実に表れる。

さて、このブログをお読みの諸氏は、ロボット/アンドロイドと人間の間に(恋)愛は成立すると思いますか?

追3:
主人公の俳優さんはインドの「スーパースター」のようだが、「ほぉ~、インドではこんな感じがスーパースターなのか。ある種、エルビスの後半みたいなんだが。」と妙なところで感心したり。
やっぱ、日本人とは感性が違うよなぁ。ヒロインの女性はきれいだなと思いましたが。

私が考える問題点

先に書いたように、市場経済上の話は私的には謎だが、私が思うSNSゲームの問題点は、

本来、子供たちのものであるゲームをあからさまな金もうけの手段にした 

ということ。


まず、今回のコンプガチャとパチンコ等のギャンブルを比較する話がちらほら出ているが、コンプガチャとギャンブルは決定的に違うところがある。

それは、公的に認められているギャンブルは法律で縛られている(パチンコなら風営法)のに対し、コンプガチャは今まで法律に縛られていなかったということ。

要するに、完全野放し。 

年齢制限があるわけでも、営業時間に制限があるわけでもない。システムに制限がかかってるわけでもない。
それで、「射幸心をあおる」システム組んだら、そりゃ儲かるわな。法律の網かからず、やりたい放題なんだから。

また、SNSゲームについて、「業界の自浄能力、云々。」って話が出ることがあるが、いまだかつてこういう「人間の本能」的なことに働きかけるシステムで「自浄能力」が発揮されたためしはない。自浄能力が発揮されないからこそ「法律」ってもんがあるわけでね。
市場経済の法則ってやつも、この場面に関してはうまく働かないように思う。

そんな本来法律の網がかかるべきシステムをゲームに持ち込み、それでユーザーから金を絞り出した。そのユーザーの中には当前未成年者も含まれるだろう。

そりゃ、どう考えても犯罪。 


以前から書いている通り、私がやってみた範囲だと、SNSゲームは優秀な課金システムではあるが優れたゲームとは言い難い。
にもかかわらず、違法的な手法で収益を上げていた。

ほんと、

先人が積み上げてきたゲームというものをよくも踏みにじってくれたな

しかも、

ゲームで未成年者を食いもんにしやがったな(#--)


私は法による規制ってやつは嫌いだし、その実効性については疑問に感じている人ですが、SNSゲームについてはがっちり法でふんじばってもらいたいと思います。
ぶっちゃけ、コンプガチャ以外の部分もたいがいなんで、SNSゲーム自体をどうするのか、今後十分に考えていく必要があると思います。

きっちりゲーム作ってるメーカーが報われず、コンプガチャやってるメーカーが儲かるって、そりゃどう考えても道理があわねぇしね。

違法と判断

消費者庁からコンプガチャが正式に違法との判断が下されました。

コンプガチャ:「カード合わせ」の違法と発表

ぶっちゃけ、集金システム自体は他にも色々とあるので、コンプガチャがなくなってもまだ手はあると思うが、今回の発表で、SNSゲームの収益の一部は違法的なもので稼がれていたということが公になったことは大きいやね。

今回の違法との判断は、それほど驚きのことではない。ずっと前から指摘されていたことだ。
私が気になったのはその発表のタイミング。

SNSゲーム配信会社はイメージアップに必死だったし、その手も打ってきていたように思う。
CMをバンバン流してマスコミ対策。某会社は球団買い取るほど。
そして、関係会社で6月(だったかな?)から自主規制を行うと発表していた。

それが、5月の連休中、企業や官公庁が身動きとりずらいタイミングでの新聞発表。
しかも発表したのは球団を抱える某新聞社。ここは、某会社が球団を買い取るにあたって賛成票を投じたのだが。
そして、連休明けの株式市場は案の定、SNSゲーム関連会社の株価が大暴落。

ちなみに、あるSNSゲーム制作会社の大株主は某大手通信会社。今回の「コンプガチャショック」による株価下落でかなり損失を被っているはずだ。

とまあ、SNSゲームはなんだかんだで今の経済システムに組み込まれているもんだった。
マスコミにとってはCM代払ってくれるスポンサーだし、通信会社にすればコンテンツ配信を担うところで、おいそれとつぶすわけにはいかないところだろう。


にもかかわらず、先に書いたようなタイミングで新聞発表。
なぜ、身動きとれない連休中に、あたかも横から殴りつけるようにこういうことをしたのか?
そして大打撃を与えることに成功したのか?

さあ、今回の件で儲かったのは誰だ? 

いやはや、世の中ってーのは恐ろしいところだねw



食欲旺盛

クレスのピンスト3号さんがやたらと食べる。

イエコLサイズ3匹をペロッととか。アダルトのきりかさん並み。

まだ、体長15cmほどだが、そのちっこい体のどこに入ってるんだ?って感じ。

クレスは小さいとき非常によく食べるのだが、それでも2号さんはこんなに食わなかったような・・・

ま、なんにしろよく食べるのはいいことだ(^-^)

初開花

セッコクが次々に咲き始めました。

daisihounanpu120512
大紫宝南風。のど元を赤く染める一点花の有名品種。
この株を入手したのは約10年前。しかも、ネットオークション。
当時、ネットオークションはまだはじまったばかりで、いわゆる「ネトオク詐欺」も頻発しており、これを購入した時も、「本当に大紫宝南風だろうか?」とちょっと不安でした。

その後、私の管理が悪く、新芽は出るものの開花せず orz。今年初めて開花を見て、やっと大紫宝南風と確認できました。あー、ここまで長かった(苦笑)。

有名品種だけあって、なるほど一点花しては秀花だと思うのですが、今となってはこれを超える品種も出てきており、ちょっと物足りない感があります。
あと、花つきの悪さが致命的だなぁ(--;

ちなみに、「ミニデンドロ」という名で安く出回っている交配種の花はこんな感じ。
minidendoro120512
大紫宝南風の方がくっきりと澄んだ白花で、のど元とのコントラストが美しいものの、ミニデンドロの方が整形花ではあります。どちらがいいか、悩ましいところですね(^^ゞ

hidamidori120512
飛騨緑。セッコク緑花の超有名品種。
花つきを買ったのですが、家で咲かせたのは今年が初めてです。
緑の発色は素晴らしく、確かにきれいな花なのですが、花弁が細いためかなんとなく物足りない感じがします。

花つきは悪くないと思うのですが、軸が細いせいかデリケートで過乾燥に弱いような気がします。


rinsyu120512
琳秀。濃赤色の整形花。
花を見て、その花色と花形を気に入り思わず買ってしまった品種です。
私は赤花を集めていないので、赤花はこの一株だけです(^^;

やや普通のデンドロ風の花ではありますが、非常にインパクトのある花です。軸も太く見ごたえがあります。
花つきは普通かな?

ootuhime120512
大津姫。桃花でのど緑。
セッコクには○○姫という名前の桃花がいくつかありますが、この品種も「姫」の名にたがわず、ものすごくかわいらしい花です。
桃色の花弁とのど元の緑があいまって、非常に可憐な感じがします。花もやや小ぶり。


nanzannotuki120512-1
南山の月。瀞月と双璧をなす黄色花の超有名品種。

nanzannotuki120512-2
瀞月が澄んだレモンイエローなのに対し、南山の月はすこしオレンジがかった濃い黄色です。
私的には花色で瀞月の方が好きなものの、南山の月のボリューム感には捨てがたいものがあります。

性質は丈夫で花つきも良好。軸はかなり長くなりますが、その分、花数が多いためきっちり咲かせると非常に見ごたえのある株になります。

遅きに失した感はあるが

SNSゲームについて、やっとこ国も重い腰を上げたようで。

コンプガチャは違法懸賞、消費者庁が中止要請へ

以前書いたように、SNSゲームは優秀な課金システムではあるけども優れたゲームとは言い難い。

制作&維持管理費を絞って課金システムで稼ぐ、低コストで高収入を目指すビジネスモデルだと思う。その高収入のエンジンになっているのが「ガチャ」である。
今回、中止要請が入ったのは「コンプガチャ」(ガチャでアイテムをそろえると、その報酬としてレアアイテムがもらえるってシステム)で、ガチャ自体は中止要請されていないようだが、個人的にはガチャシステム自体がたいがいだとは思う。


少し前、SNSゲー市場の急成長をみたマスコミは、「ゲーム業界の下克上」とか「SNSゲームが好調なわけ」みたいな記事を書いていた。が、本来的にマスコミは、SNSゲーが好調だとうたうのではなく、その危険性について報道するべきではなかっただろうか? 警鐘を鳴らすことがマスコミの責務だと思うのだが。まあ、高額請求の話は報道されていたけどね。
オールドゲーマーからすると今のSNSゲーとそれを取り巻く環境はあまりにひどすぎて悲しくなってくる。大人の事情ってーのがわかるだけ余計にね。


ゲームって、小説や漫画と同じくメッセージ性のある「作品」ではなかったか?それだから、ゲームも一つの文化として認知されつつあるんだと思う。
最近、「漫画やアニメは日本の文化ですから。」っていうのをよく聞く。が、漫画やアニメを「文化」として認知させるために、先人のクリエイターさん達がどれほどのものを積み上げてきたことか。

ゲームも同様だった。だったのだが、ゲームはいつの間にやら商業主義の極端なほうへ組み込まれてしまった。
先人が積み上げてきたものを踏みにじる形で。

ゲームはいつまでもゲームであってほしい。

そう願いたい。おっさんオタクとしては。


追:
TVのコメンテーターとがか、「漫画やアニメは日本の文化ですから。」というのを聞くたび、

どの口がそんなことを言うか? 

と思ってしまうのは、私がおっさんだからかねぇ~

やっぱなかなかないね

連休中につき、爬虫類屋さんを回ってみる。で、店頭にあった生体をネットで検索。

やはり、いろいろ調べてみたのだが、今の私が飼いたいと思ってなおかつ飼える爬虫類ってほとんどいないなと orz

最近特に調べているのは亀なんだが、そこそこ大きくなるのと水管理が問題。
あと、通年屋内飼育するよりも、条件が合うときは屋外飼育にしたほうがいいようで、これも今の私には難しい。
リクガメとかセマルハコガメ、ぐっと手近だがクサガメは飼ってみたいのだが、飼いきれるか?というと悩ましいところだ。

トカゲ類も好きなんだが、条件に合うものとなると、これまたほとんどいない。
見た目の好み的には、以前にも書いたヒガシウォータードラゴンが好きなのだが、海外のサイトみると屋外飼育が推奨されているし、第一サイズもかなり大きい。

んー、

1.比較的小型(60cm、いっても90cmケージで飼育できる)
2.数日ほったらかしでも大丈夫
3.ハンドリングができる
4.CBが流通
5.水管理不要
6.通年屋内飼育でもOK


なペットって、トカゲモドキ、ヤモリ、ヘビ以外にいないもんだろうか?
爬虫類でなくてもいいのだが。

まあ、私の身勝手、「そんなものはいない」と言ってしまえばそれまでだけどね(汗


追:
最近、エキゾチックアニマル扱ってるところは、猛禽類、フクロウ、フクロモモンガとかも扱ってるところ多いね。
こういった生き物を飼いきれる環境が欲しいなぁ、とちょっとうらやましく思ったり(^^;



成形とパテうめ(プラモじゃなく)

連休を利用して、クレスさんピンスト3号のケージを組むことに。
飼育器具は通販で。レイアウト品はちょこちょこ買い出しで。

購入した流木は底面がでこぼこしていて不安定だったので、ちょこっとパテ盛り。
ryuuboku120506
そのあと不要な部分をのこで切ったり、成形したり。流木は一点ものなのでこのあたりの加工が難儀ですが、人口のレイアウト品(造花とか「くねくね棒」)より風情があるので、私的にはなるべく流木を使いたいところ。

で、組み上げたケージはこんな感じ。
cres3-cage120506
仕様は他のクレスさんたちと同じ。
左側面はこげ茶色の色画用紙を、右側面には発泡スチロール板を張ってあります。
以前書いたように、水入れは保湿の役にしかたっていなかったので、今回は最初から入れていません。

んー、こうしてみると流木の枝、もうちっと太さと長さが欲しかったな・・・とか(^^;
これはこれでしょうがないので、3号さんの様子を見ながら枝の継ぎ足しをするかどうか考えよう。


ということで、最近のクレスさんたち。


続きを読む

開花と交配

引き続き開花状況を。

seigetu120503
セッコク~瀞月
黄花では一番好きな花。今年は咲いてくれました(^^v。昨年咲いてくれませんでしたが、基本的には花つきの良い品種です。
大輪なのもさることながら、花色が抜群。澄んだ黄色にのど元の緑。清楚で、見ていて心が洗われるような花です。
黄花ではお勧めの品種。

kimaru120503
セッコク~黄丸
黄花の代表種。花数は多くないもののよく増えて立派な株立ちになります。
普及種ではありますが、冴えた花色は綺麗だと思います。花はやや小振りで少し花弁をひねるところはありますが、そこはご愛敬。
美麗な瀞月、可憐な黄丸、って感じでしょうか。


coel-flower120503
こちらはハオルチア・コエルマニオルムの花。非常に地味な花ですがアップにしてみると意外にかわいいですね。
コエルマニオルムは何回か交配してるのですが、毎回花茎が途中で立ち枯れてなかなか種がとれません orz
今年は幸い2株同時に咲いたので、再度交配にチャレンジしてみました。さーて、種とれるかな?

本種を交配させるには、他家受粉させる必要があります(自家受粉しない)。花が小さいので、花弁をそっとやぶいて葯をピンセットで取り出し、別の株に受粉させてやります。
開花からしばらくたつと花の中にたっぷり花蜜がたまるので、開花してから2日内外のところで葯を取り出します。花蜜はなかなかの甘さです(^^)
自生地ではこの花蜜目当ての昆虫(あるいはハチドリ?)なんかが受粉してるんだろうなぁ。

悩ましい問題だ。

先日、帰省した時に友人とカラオケ行ってアニソンとか歌ったてーな話を書きました。

その時、ある友人から、「ぺんさん、特撮のテーマ曲で一番好きなのは何?」と聞かれました。

私的にはやはり、ギャバンかシャリバンのOP&EDがトップランク。
はるかなる愛にかけて、と、男はひとり道を行く も上位だよなぁ。


とまあ、特撮はこんな感じですぱっと出てくるのだが、「そういや、アニソンで私的トップって何だろう?」と。
これはなかなか悩ましい問題である。というのも、80年代後半から、アニソンというかアニメのOP&EDがJ-POPになってしまったからだ。

80年代後半は、アニメのテーマ曲がJ-POPに変わっていった時期で、これには賛否両論あったのだが、シティーハンターとGet Wildのような絶品の組み合わせ(最終話はもはや伝説)もあったし、個人的にはYAWARA!のミラクル・ガールもアニメの雰囲気とよく合ったいい曲だと思う。曲だけなら、鏡の中のアクトレス(きまぐれオレンジ☆ロード)とか想い出がいっぱい(みゆき)も好きだ。
実際のところ、アニメのテーマ曲のシングル売り上げランキングなんかだと、上位はほぼすべてJ-POPだったと思う。

ということで、アニメのテーマ曲と言うとJ-POPがはいってくるし、その中にも名曲が多いのは間違いない。けれども、そういうJ-POPを=アニソンとするのは、個人的にはちょーっと釈然としない。
まあ、このへんが昭和のおっさんオタクであるw

では、私が「アニソン」と思うもので一番好きなものと言えば、



ベタだけどこれかなぁ。

ちなみに、友人はこれ。



むせるw

こんなところにまでか~

先日オレンジを買ったら、

orange120503

オレンジの袋にまで萌え絵かー

普通の、スーパーに売ってるひと袋398円のオレンジなんだが。

やっくでかるちゃー。


プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器