クレステッドゲッコーのケージセッティング

先日の、クレステッドゲッコーとは、にクレステッドゲッコーの生息場所や形態を少し書いておきました。

クレスの飼育ケージもその生態に即したものになります。と言っても簡単なもので、具体的には、

1.樹上性(いわゆる壁チョロ)→高さのあるケージ&立体的レイアウト
2.生息地の気温は17~29℃→冬は保温が必要。夏は高温に注意。

だけです。


一番簡単かつ安価なものだとプラケースが使えると思います。
実際、私もヤングまではプラケで飼育してました。

cres2-110604-1
2号さん導入時の飼育ケージ。30cm×20cm×高さ17cmの中プラケ(コバエシャッター)です。
底面にパネルヒーターを敷いて保温してました(5月ごろ)。
立体活動ができるように鉢植えポトスと造花を設置。シェルターがわりに鉢かけを入れてあります。
床材はキッチンペーパー。これを湿らせて保湿。コバエシャッターは通気性がやや乏しいので、定期的に霧吹きする程度でケージ内が乾燥しすぎることはありません。

ベビーの時はこれで十分飼育できます。ヤング~アダルトサイズでも、大プラケを縦置きにして飼育できるようです。

ただ、個人的にはプラケはちょっと使いづらかったです。
理由は、

1)ふたの開け閉めが意外と大変(クレスを挟みそうになる)&メンテがちょっとやりずらい
2)ライトを設置できない(クレスに紫外線が必要かどうかという論議はありますが)
3)うちの環境だと十分な保温ができない。

特に、3)が問題。
クレステッドゲッコーは樹上性=立体的活動を行います。そのため、床面だけ温めればいいということではなく、ケージ内の空間全体を暖める必要があります。
で、パネルヒーターは非常に便利なものですが、空間全体を暖めるとなるとちょっとパワー不足です。うちの場合、約30cm立方の飼育ケージの側面に10Wのパネヒ1枚を張り付けただけでは、ケージ内の温度は室温+5℃までしか上がりませんでした。
パネヒを側面と底面の両方に設置すればもうちょっと温度上がるとは思うのですが、それならばケージ内にヒーターを直接ぶら下げた方が保温効率は良さそうです。

ところが、プラケだと構造上ケージ内にヒーターをぶら下げるのが難しい。加えて、耐熱性の問題もあります。

ということで、うちでは爬虫類飼育用ケージ(前開き、ガラス製)を使っています。


最初に組んだケージはこんな感じ。

cres-cage110321
ハビタットキット デザートを使用。ハビタットキット デザートは飼育セットの商品で、クレステッドゲッコーの飼育には不必要なもの(床材の砂とか)がついてきますが、バラでそろえるよりも割安なのでこちらで購入しました。

cres-cageup110321
中に流木と鉢植えポトスを投入。この頃は保湿を気にして、右端に湿らせたティッシュをしこんだ素焼き鉢を置いていましたが、クレステッドゲッコーは湿度に注意が必要なものの、それほど高湿を必要とするわけではないようなので今は設置していません。

保温はセラミックヒーター(クリップスタンド-Newひまわり+やけど防止シャトルネット+エミート2(50W))。これに爬虫類サーモをつけて温度管理。さすがにセラミックヒーターはパワーがあるので、このサイズのケージだと十分に保温できます。
ケージの中にセラミックヒーターを入れていますが、今のところ熱くなった金具の部分でクレスさんがやけどするようなことはおこっていません(どうも、そういうところに近づかない様子)。

ただ、この大きさではセラミックヒータがかなり邪魔です(^^;
ということで、最終的にはこういうケージになりました。

crescage111023
ハビタットキット レインフォレストです。このケージは高さがあるのでケージ内にセラミックヒーターを設置しても余裕があります。
幅と奥行きは約30cmなので、飼育本なんかに書いてある「全長の2倍」からするとアダルト(体長約20cm)には少し小さいですが、レイアウトを立体的にしてあるからか、特に狭いという感じは受けません。見た感じではちょうどいいぐらいの大きさかなぁ。逆に、ヤングアダルトぐらいだとちょっと大きすぎる感じ。

床材はキッチンペーパー。中に鉢植えのポトス、流木、100円ショップで買った木の板を入れてあります。
一応、付属の水入れにミズゴケを入れて置いてありますが、保湿の役にしかたっていないのでそのうち撤去する予定。

以上がうちのケージセッティングです。

あと、参考までに海外の簡易ケージの様子を。
温度管理さえできればこういう飼い方も出来るんだろうなぁ。



スポンサーサイト
2012-03-30(Fri)
 

ちょいと

ちょいとハチュ屋さんに出かけてきました。

が、出かけたりなんだりあったため、そのお話はまた後日にでも。

ということで、最近のクレスさん。


続きを読む>>

2012-03-27(Tue)
 

大人の世界

ということで、マンガ大賞第二位。

大東京トイボックス~第八巻(著;うめ)、読了。

3月24日発売にして、帯に「マンガ大賞、第二位」と入っているのあたり大人の世界だねぇw
それはさておき、相変わらずの面白さ。前から書いている通り、ゲーム好きの方にはお勧め。
内容もなかなか大人の世界です。

本巻では、SNSゲーにもちょいとふれられています。

少し話を昔に巻き戻しますが、オールドゲーマーにとってゲームとは「創作物」でした。
小説や漫画に並ぶね。
だから「いい」ゲームにはクリエーターの明確な意思が入っているんだよね。大東京トイボックスでは「魂」と言ってますが。

で、SNSゲームには、ざっと見たところそれが感じられない。感じられてもすごく希釈されている。
あるのは、 「課金機会」。いかに、人の本能的欲求を突き動かして課金させるか。それにつきる。

最近、この収益性に各社目をつけ、メーカーもSNSゲームに注力しはじめている。
だけどね、オールドゲーマーとしては、魂を入れてくれ 、と言いたい。
メーカーは収益を上げ、それを投資し、ステークスホルダーに還元する。
それはわかる。それが大人の世界だというのも理解する。

でもね、ゲームがね、収益を上げるための道具にはなって欲しくないんだ。
おっさんヲタクの戯言だとは承知しているけども。
コンシューマゲームが滅びゆく恐竜だとしても。


メーカーと言うかクリエイターには、金で魂を売るようなことはしてほしくないやね。



2012-03-27(Tue)
 

漫画大賞と漫画喫茶

昨日、マンガ大賞が発表になりました。

マンガ大賞2012

大賞は「銀の匙」か~。サンデーでちょろっと読んだことがあるんだが、一度全部読んでみたい作品。
私の場合、仕事が仕事だからw

ちなみに、先日紹介した、農民貴族と鋼の錬金術師でおなじみの荒川弘さんの作品です。
ハガレンに続き2本目もヒット飛ばすとはなかなかすごいね。

個人的にうれしかったのは、私一押しの大東京トイボックスが2位にランキングされていたこと。
いや、マジでこれは傑作だと思う。未読の方には是非読んでもらいたい。

あとは、これもまた私お勧めのドリフターズが6位。
7位のグラゼニと14位の鬼灯の冷徹はモーニングで読んでますが、グラゼニは確かに面白い。野球が好きな方にはお勧め。

あと、ランクインしてる作品では、高杉さん家のお弁当とアイアムアヒーローは一度読んでみたいな。
高杉さん家のお弁当は店頭の試し読みでちょっと読んで面白そうだなと思ったので。
あー、いいおっさんが高杉さん家~を立ち読みしてる姿は痛すぎるだろ!というツッコミは却下します。

ちなみに、こんな作品です。

高杉さん家のお弁当

極めて大雑把にいえば、うさぎドロップに近いかもしれない。

~ 閑話休題 ~

家の近所に漫画喫茶があります。
私のイメージだと漫画喫茶って会員登録とかあって面倒だしなー、と思っていたので今まで入らなかったのですが、その近くのラーメン屋で飯食おうと思ったら、その店がたまたま休み。で、そばにあるその漫画喫茶をふと見るとどうも食事ができる様子。他に飯食う場所もないので思い切って入ってみたら、

漫画がたくさん置いてある喫茶店 

でした。
あー、よく考えればもともと漫画喫茶ってこんなだったよな~。

とまあ、飯食いに入ったわけですが漫画も堪能させてもらいました。

月光条例を。

いや、月光条例はマジでいい作品。
けど、漫画大賞には入ってないんだよなぁ・・・(´・ω・‘)
ちょっとこすぎるんかな?

あと、今日NHKで放送していたバクマン第二部の最終話。思わずほろりと(;;)
あー、ええ話やったわ~。
これもいい作品だと思うんだが、漫画大賞には入っていないやね。



2012-03-24(Sat)
 

武装神姫バトルコミュニケーション、サービス終了

以前書いた、SNSゲームの武装神姫バトルコミュニケーションが開始からわずか半年でサービス終了になりました。

武装神姫バトルコミュニケーション

ぶっちゃけ、ゲームとしての出来がひどく、もはや5キーを押す修行と化していたので、私も1日1回の無料ガチャぐらいしかすることがなくなっていたうえ、一ヶ月ほど更新もされず、「あーこりゃ終了かな~。」と思っていた矢先の告知でした。

フィギュアの方も新製品の発表がなく、今冬のワンフェスにも公式展示なかったようで、武装神姫自体存続があやしい状況です。

個人的な感想を言えば、

いい素材だったのに、運営失敗してつぶした 

そんな感じがします。

ターゲットや価格帯はかなり違いますが、似たようなダンボール戦機が好調であることを考えれば、運営が失敗したなという感じは否めません。で、ここまでくるとそんなまずい運営を許したコナミって会社自体がもう駄目だなと。

先日、最近のドル箱であろうラブプラスにも不具合があることを発表したばかり。

NEWラブプラスに関するお詫びとお知らせ

まあ、武装神姫バトマスも発売直後に不具合報告ありましたが(--#

私的にはコナミと言えば非常に渋いところを狙った良作品を出すメーカーとして一目置いていたのですが、もはや今のコナミに往時の面影はないようです。今でも良作品があるにはあるのですが。

ってわけで、今後、コナミの新作に手を出す気は全くなくなりました。

この不況の中でも頑張ってるとこは頑張ってるんだが、大手の老舗がこれではなぁ。
ユーザー馬鹿にすんのも大概にしとけと(--#

久々、ゲームで不愉快な思いをした出来事でした。


追:
SNSゲームについては、トイボットだけ相変わらず続けてます。
が、最近はなかなかの課金モードに入ってきましたw

一時は飛ぶ鳥落とす勢いだったSNSゲームですが、先日発表されたグリー問題

パチンコ以上に酷い ドリランド

トイボはここまで酷くないが、ビジネスモデルはある意味似ている。というか、SNSゲームはどれも似たような構造かな。
ぶっちゃけ、何らかの規制がかかったら即潰れる仕様。

最近、世間もやっとこそれに気がついたようで、グリーとDeNAの株価も絶賛下落中。

グリー株価

ディー・エヌ・エー株価

結論:SNSゲームなんて手を出すもんじゃねぇ。 

まあ、他の絡みもあってそう簡単に潰れることはないと思うが、根本的には非常に不安定なビジネスモデルだと思う。とにかく、ちょっとした不具合が命取りなのと、何らかの法的規制(リアルには景品表示法があるわけで、バーチャルがいつまでも野放しとは思い難い)が入った時点でとんじまうのが痛すぎる。

で、先年、「収益が見込めるSNSゲームに注力します。」と言っていたコナミ。
まあ、その時点でダメだわな。
他の大手もSNSゲームに手を出してるけど、これからはちょっと様子眺めになるだろうなぁ。







2012-03-24(Sat)
 

ちょいと下見に

ちょいと爬虫類を扱ってるショップへ。やっぱ、ハチュの実物を見るとテンションあがるねぇ。

最近、ドイツ便で入荷されてのがいくつか。その中に、クレスのピンストライプも。
サイズ的にもちょうどいい塩梅でちょっと悩んでしまう。

あと、レオパのバンディット-フルアダルトなんかもいいなぁ。

以前はレオパはそれほどでもなかったが、やはりフルアダルトになるとボリュームがあるよね。
あとバンディットはパープルの斑紋がきれいで。

うーん、何を購入しようか悩んでしまうな(^^;

あと、そのお店はアクアもやってますが、店頭にこんなものが。

サカサクラゲ


すげーかわいいんだが、うーん、何でも売るなぁというのが正直な感想(^^;
2012-03-18(Sun)
 

雪→雨

月曜の朝、起きて外見たら雪(@@
こんな時期に雪が積もるとは・・・長期予報を見て、先週は冷えると思っていたので植物を外へ出さずによかった( ̄。 ̄;)

で、今週末は絶好の雨。ここぞとばかりに植物たちを外へ。

春蘭系も春分の日までに植え替え終了したしいい塩梅。いやー、春分の日までに終了したのって初めてかもしれん(^^;

sekkoku120318
セッコクと富貴蘭も発泡スチロールの越冬箱から取り出して並べました。今年も無事冬越し終了。
冬越しは発泡スチロール箱が安定b。

さて、これから今年の作の始まりです。


追:
今年は室内に取り込んでいたナゴランとデンドロ、花の咲く気配がない。
やはり、今の住まいは引っ越し前のとこに比べて室温がだいぶ低いようで(特に窓際)。
ドラセナワーネッキーもかなり傷んでしまったからなぁ(;;)


2012-03-18(Sun)
 

クレステッドゲッコーとは

2012年3月現在、クレステッドゲッコーを飼育しはじめて約1年たちました。
まだまだハチュ飼育初心者ですが、一つの節目ということでクレステッドゲッコーとその飼育について簡単にまとめておきます。


クレステッドゲッコー
 和名:オウカンミカドヤモリ
 英名:Crested Gecko
 学名:Rhacodactylus ciliatus


ラコダクティルス属(俗にラコダク)のヤモリの仲間です。通称;クレス。
日本で比較的流通している同属のヤモリには、ツノミカドヤモリ(ガーゴイルゲッコー)、ツギオミカドヤモリ(ジャイアントゲッコー)なんかがいます。

全長:約20cm
寿命:15年?


初めて見た時、正直「でけー」と思いました(^^; 頭が大きく、胴も太めなので全長の割にはボリューム感があります。ただ、尾は細いのでしゅっとした感じ←大阪的表現

寿命は15年ほどあるようで結構長生き。長く付き合えるペット的ヤモリさんだと思います。
逆に、ちょっと試しに飼ってみよう・・・というのには向いていないと思います。

生息地:ニューカレドニア

天国に一番近い島在住。実際、ラコダクさん達には文字通り天国だったのでしょう。
環境が良好な離島で食物連鎖の頂点に立った生き物は巨大化する、という教科書通りの進化を遂げた生き物のように思います(特にジャイアントゲッコー)。

気候は温暖と言われ、年平均気温は24℃ぐらいですが、ニューカレドニアの気温、をみると年較差・昼夜較差は小さいものの、平均最高気温29℃、平均最低気温17℃ぐらいになることがわかります。
クレステッドゲッコーがどのぐらいの標高のところに生息しているかわかりませんが、これに標高や微視的温度変化を加味すると、飼育温度がなんとなく見えてくるように思います。


以下、形態的特徴を

続きを読む>>

2012-03-16(Fri)
 

暖かくなってきたので

三寒四温ではありますが、日に日にあたたかくなってきました。

うちのクレスさん達も春を感じたからか、あるいは単純にケージ内の温度がいい塩梅になってきたからか、だいぶ食欲も戻ってきました。

きりかさんはもう体が出来上がっているので、そのまま体型を維持してくれればいいのですが、2号さんの方はしっかり食べてもう一回り大きくなって欲しいやね。


そういや、きりかさんが来たのは昨年の3月5日。早いもので、もう一年たつのか。

その間、計画停電で電気止まったり、引っ越しで一緒に新幹線移動&ホテルにお泊りしたり、なんやかんやとありましたが、今のところ問題なく育ってくれていてありがたい。というか、これだけ色々あったにもかかわらず、普通に育ってくれてるってどんだけ丈夫なんだと。

うーん、クレステッドゲッコーがこんなに丈夫な生き物だとは思いませんでした(^^ゝ

さて、来週は春分の日。

また、ちょっと爬虫類屋さんをのぞきに行くかな。


以下、クレスさんの写真


続きを読む>>

2012-03-11(Sun)
 

凍害

先週に引き続き春蘭の植え替え。

前に書いたように今年は寒くて、鉢が完全に凍った日もあり、かなりダメージを受けたかと心配していたのですが、植え替えしながら根を見ている感じでは大丈夫そう。日頃から育て方が荒っぽいからなぁ(^^;
あと、今年はヤバいと思って、凍った日から室内に取り込んだのが良かったのかもしれない。

ただ、外に置きっぱなしにしていた多肉の一部には被害が。

tougai120311
写真は臥牛ですが、葉先の1/3ほど白くなっているのが凍害。寒さで凍ってしまいました(泣)
寒さにあたって葉が赤っぽくなるのはアントシアニンの蓄積で、これは植物の自衛反応なので問題はない(といっても、自衛しないとだめなほどになってるわけで良くはない)のですが、このように白っぽくなってしまうと回復しません。

基本的に寒さに強い多肉を育てていますが、さすがに今年の寒さはきつかったなぁ(--;
たぶん、枯れるところまではいかないと思いますが、生長が遅い植物なだけに回復には時間がかかりそうです。

植物栽培も初めてはや10年ほどたちますが、毎年勉強です。

なお、凍った植物を「うわ、やべぇ。」と思って急激にあっためたりするのは×。凍ってしまった植物は、そのまま静かに置いて自然解凍させないと、逆に凍害の影響を受けますので要注意。

2012-03-11(Sun)
 

ご冥福をお祈りいたします

あの震災から1年。

まずは、なくなった方への黙とうをささげたいと思います(-人-)

このブログでも折にふれ書いてますが、ホント色々あった1年でしたが、過ぎてしまえばあっという間だったなと。

逆に、あっという間だったからこそ、これが風化しないように気をつけていきたいやね。

あと、年始から今日までにかけて、太平シローさん、山口美江さん、ホイットニー・ヒューストンさんがなくなった。この3人の方に共通しているのは、一世を風靡したものの・・・で、誰かに看取られることなく亡くなられた、ということ。

特に、太平シローさんは子供の頃非常に好きだったし、すごい才能ある方だったので残念だ(まあ、今は色々あってほとんど見る機会はなかったけれども)。

なんかね、去年から今年にかけて、バブル的な何かが本当に終わってしまった、そんな感じがする。

個人的な感想ではあるけども。
2012-03-11(Sun)
 

続編キターーー!

巨娘~2巻(著;木村紺)、読了。

ついに、待望の2巻発売。からんがなんだか残念だっただけに、なおいっそううれしい。

昔書いたように、神戸在住とは全く違う路線かつなかなかコユイ内容なので読み手を選びますが、個人的には大好きな作品です。

いやー、勢いがあるっていいねb


中国嫁日記~2巻(著;井上純一)、読了。

これも以前紹介したものの2巻目。ブログの方も定期的に更新されております。中身は基本的にブログに掲載された4コマですが、単行本オリジナルの読み切りも入っております。

で、ブログの方にも書かれていますが、今回は読み終わった後、なんだか少しホロリときます。
震災当時の内容が入っているというのもあるのですが、全然それとは関係のない話でもなかなか。

うん、幸せってこういうことなんじゃないかな。

しっかし、天羅の人がまさかこんな(ry

2012-03-11(Sun)
 

3月になったので

3月に入って一気に暖かくなってきました。

春蘭の植え替えは春分の日がめどですが、少し手をつけ始め。全体の半分弱ほど終了。
毎年春分の日を過ぎてやっとこ植え替え終了でしたが、今年はそれまでに終わりそうだな(-。-)y~~~

seishinbai120304
西神梅の花。昨年に続いて咲きました。
西神梅はもう一鉢ありますが、そちらの方はとんと花をつけません。しかも、だいぶ前に咲いた時には西神梅とは似ても似つかない花が・・・西神梅には数系統あるという話も聞きますが、さて。

ちなみに今年は、あと竜字と春剣蘭がいくつか咲きそうです。
老文団素、西神梅、竜字は花つきがいいなぁ。

2012-03-04(Sun)
 

くる病か?

クレスさん2号の背骨の様子がおかしい(´・ω・‘)


写真があるので、以下に続きます。


続きを読む>>

2012-03-03(Sat)
 

ほうそうだったのか、でもって、そうだよね

百姓貴族(著;荒川弘)、読了。

荒川さんと言えば、ハガレンの作者の方だが、最近は銀の匙を書いておられる。

サンデーは基本的に読んでいないのだが、定食屋に入った時にたまたま読んでみて、「へぇ~、ハガレンの人こんなん書くんだ。それにしてもよく書けてるなぁ。」と思っていたら、

まさか、お百姓様のご子息とはつゆ知らず 

あー、だからあんなにリアルなのか。

農家さんの仕事をご存知の方もそうでない方も楽しめる作品だと思いますので、興味ある方は是非。

というか、食糧自給率40%切ったかと言われる昨今、読んでもらいたいやね。こういう軽いところからでも。

追:
WINGSコミックか・・・嗚呼、なんと懐かしい(遠い目)

2012-03-03(Sat)
 
プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR