区切り

震災から今日で四十九日。先日このブログで書いたとおり、一つの区切りだろうとは思う。
まずは黙祷をささげたい。



わずか約一ヶ月半ほどのことだが、ずいぶん長く感じた。「三月は去る」と言われるが、今年に限ってはそんな感じではなかった。やはり、色々あったから長く感じたのだろう。

これまでに私の周辺で起こったことについては、このブログでちょこちょこ書いてきたが、結局のところ、「色んなことが表に出てきた。」、そんな感じがする。良いところも悪いところも。

そして、気がついていなかったことに気がついてしまった。それが、良かったのか悪かったのかは分からない。


また、今回の震災は根本的には天災だと思う。本質的には誰が悪いという話ではない。「天災だからしょうがない。」、そう諦めざるを得ない部分もある。
けれども、「天災だからしょうがない。」そうは諦められないのもまた人間である。
だから、そういうある意味「理不尽な」災難が起こった場合、それをなんとか納得させるためのシステムを人間は作ってきた。今の状況を見ていると、そのシステムが「そっちの方向に行っているか。」、そんな気がする。


以上、ぐだぐだとつまらない話を書いてしまった。所詮戯言と、読み流していただければ幸いである。


いずれにしても、残されたものは前に進まねばならない。
私はちっぽけな人間だ。大したことができるわけではない。
だからとりあえず、自分ができることをやっていこうと思う。

今はまだ、この先の行く末がわからないから。
スポンサーサイト
2011-04-28(Thu)
 

世間的には

先日書いた、ハーモニーが米国のP・K・ディック賞(言わずと知れた、電気羊は・・・の作者)の特別賞を受賞しました。

米P・K・ディック賞 特別賞に故・伊藤計劃「ハーモニー」

私個人の感想は先日書いたとおりだが、やはり世間的には評価高いなぁ。
2011-04-27(Wed)
 

驚嘆

1.ゴウカイジャーにて

昨日の海賊戦隊ゴウカイジャー。ジャッカー電撃隊に変身。んでもって、

↓ ↓

ビ~ッグ ボンバ~~~!  


マジか!?


私ですらほとんど記憶にないぞ。


2.JIN-仁 にて

鴻上会長こと、宇梶さんが牢名主役で出演されてました。


声でかっ! 


鴻上会長並み。

というか、宇梶さんってこういうキャラなんだっけか?


追:海賊戦隊・・・海賊なんだか戦隊なんだか (´-`) ンー
2011-04-25(Mon)
 

はじまりは

クレステッドゲッコー(オウカンミカドヤモリ)を飼いはじめた動機なんぞを少し。

私は生き物好きです。なにせ・・・(以下略
いや、詳しく書くと私が何者かわかってしまうので(^^ゝ。まあ、リア友は承知のことですが。

最初にクレステッドゲッコーのことを知ったのは、もう5~6年ほど前。たまたま行った、大型ペットショップでベルツノガエルを見たことが、そもそもの始まり。そこで、「うわー、今はこんなん売ってんだ~。飼ってみて~。」と、しばらくおさまっていた生き物好き魂(?)が再燃。

それで、家に帰ると、早速ネットでベルツノガエルの飼育情報を検索。しかし、当時のネットの情報では「突然死が多い」とか書かれていた(今は飼育方法もだいぶ分かってきたようで、そんなこともないようだし、ベルツノ用の人工飼料まで売られているほどだが)。確かに、私の中ではカエルはデリケートなイメージがある(皮膚(粘膜)を通して物質交換を行うから&ちょっと神経質)。突然死しやすいのもなんとなくわかる気がする。

「ん~、これだと私が飼育するにはちょっと厳しいな。」
それなら他に飼育できそうな両生類/爬虫類ってないのかな?と、さらにネットで検索していてみつけたのが、これ、オウカンミカドヤモリである。飼育情報を見てみると、これなら飼育できそうな気がしたし、なによりぱっちりお目目が可愛い

「あ~、クレス飼いたい。」、と思ったのだが、当時は、
家の都合で飼えず orz
まあ、当時は仕事も忙しかったので、今にして思えば、家の事情が許せても仕事の都合で飼育に手が回らなかったかもしれないのだが。

「うお~、この再燃した生き物好き魂(??)をどうしてくれよう!」
で、燃え上がる魂とか家の都合とか大人のしがらみとかの末、当時いきついたのがカブクワ
うわー、結局、昆虫かよ(注) orz
とかいいながらも、基本、虫も好きなので、今でも飼育しているのですが。


と、ここに至るまでそんなことがあったわけです。長く生きてると色々あるわけです。おっさんですから。
だがしかーし、このたびの引っ越しに伴い、「家の都合」も解消。
もうそうなればね、生き物好きのおっさんがやることなんぞ決まってます。

うし、リミッター解除! 覚悟完了!!

速攻、クレスさんをお迎え

かくして、クレスさんとの生活がはじまったわけでございます。


注:別に昆虫を飼育することが悪いと言っているわけではなく、私が昆虫を飼育することが(以下略) ということで。誤解なきようお願いします。

以下、今日のクレスさん

続きを読む>>

2011-04-23(Sat)
 

漫画の話ではあるが

今週のモーニング。
社長 島耕作に、韓国と中国企業の震災に対する援助物資の話が出てくる。
韓国企業(ソムサン)は最新機種の投入してマーケットの席捲を狙い、中国企業(出発)は放射能防護服を援助してその能力の検証をはかった。
漫画の話ではあるが、なるほどなーと思う。

一時、某ツイッターで、「こういう時に値段を釣り上げるのが商売人」みたいなのをあげた人がいて話題になったが、まあ、商売の継続性に対する感覚の違いなんだろうな、とは思う。

看板しょって長く商売やっていくなら「損して得取れ」式だろうし、「売り逃げ」するなら価格のつり上げだろう。ま、どちらが信用されるものであるかはいわずもがなであるが。

某TV番組で言っていたが、今回の震災では、色んなことが白日のもとにさらけ出されたな、とは思う。


追1:「レンアイ漫画家」のレン君がかわいくってしょーがないんだが。

追2:「ひらけ駒」、全体的な雰囲気がすごくいい。菊地(母)がステキ。将棋はさっぱりわからんが。
2011-04-23(Sat)
 

清楚

serozine110416
セロジネ-コスモ クリスタの花

白の花弁に舌の黄色と、非常にメリハリがきいているのだが、白が鮮やかなので、全体的にすごく清楚な感じがする。
交配種なので非常に強健。うちでは通年屋外で栽培している。

問題は株の大きさ。毎年、外へ外へとバルブを伸ばしていくので、株がすぐに大きくなってしまう。いい花なんだが、置き場所がなぁ・・・(--
2011-04-23(Sat)
 

嫌いじゃないけど

ハーモニー (著;伊藤計劃)、読了。

一言で言うなら、得意じゃない。
本の感想に特異も不得意もあるかい!、と言われそうだが、端的に言ってそんな感じ。


平和ゆえの生きているという実感のなさ。

安定ゆえの閉塞感。

健全を求めるゆえの排除。

混沌を恐れるがゆえの秩序。

社会の一員ゆえの孤独感。


ええ、理解できます。我がことのように。
嫌いでもないです。

しかし、得意じゃない。そんな感じ。

あと、虐殺器官もそうでしたが、システムとか述語に具体性が乏しいのが。

このような作品を病床で書き、そしてこれが著者の最期の作品になったというところは、すごいを通り越して壮絶ですらあるのですが。

個人的にはね、「生きたいと思っていても生きられなかった人もいる。」だろうと。
どういう状況であれね。

これを病床で書きあげた作者さんには、「そんなことはわかっている。」ことだったんだろうけども。

ま、そんな感じ。

ん~、あるいはこれが「ゼロ年代」最後の作品になるのかもなぁ。
2011-04-20(Wed)
 

7×7

7日に「多い数」である7(週)をかけて、七日×七週=四十九日

なくしたものを悼む時。

悼むこと。

それはとても大切なこと。

けれども、残されたものは、それでもなお生きねばならない。

悲しみにくれていても、前には進めない。

だから、七日が七回すぎたら、そこから新たな一歩を踏み出したい。

でも、今はまだ。
2011-04-19(Tue)
 

風流だねぇ~

りーーん、りりりり、りーん♪
と、コオロギの鳴き声が聞こえます。
秋だねぇ~・・・

そうじゃなくして。

というわけで、以下、爬虫類(以下略

続きを読む>>

2011-04-17(Sun)
 

さすが、この国は。






いや、ホント、

これだから、この国は侮れねぇ


あ~、スパロボで出ねぇかなぁ~
2011-04-17(Sun)
 

愛すべき

いとしのムーコ(著;みずしな孝之)

イブニングで新連載の漫画。「ご主人様だいすき。」な犬が主人公。
この主人公の犬=ムーコがバカっぽくてイイ。というか、

結構好き

うん、まっすぐなバカっていいよね。

ちと話は違うが、この人も好きだ。

この人。

動画は↓。

ここ。

ダメな人はダメみたいだが、私は結構好きw


追:
うん、ムーコと↑の人を並べてどーするという話もありますが。

2011-04-16(Sat)
 

天地返し

てなわけで、今週はメガソマ・テルシテスのマット交換というか天地返し(マットの上だった部分を底面に持ってくる)&幼虫の状態確認を。

tersi110416-1
プラケ(コバシャ)をひっくり返したところ。約半年放置していたのでそこそこ締まっており、プラケから出しても崩れません。このまま放置してるとどんどん締まってカサが減ってくるので、これを崩して再度プラケに詰めます。
冬場でも室温管理だったのと、テルシは摂食量が少ないので、マットはほとんど劣化していません。ですので、マットの交換はおこなわず、少量、新しいマットを足すにとどめます。

tersi110416-2
テルシの2齢幼虫。
掘り出してみたところ、2~3齢幼虫;計34頭。セットした時は40頭ちょいだったので10頭ほどは☆になったかな。それでも、かなりな生存率。今年の冬は寒かったし、引っ越しして環境変わったりしたので、これぐらい残ってくれてれば御の字です。ちなみに↑に書いたように、うちは完全無加温の室温飼育です。
やっぱ、テルシは丈夫だなぁ。

で、昨年の感じからいくと、このまま羽化まで持っていけるので、底面5cmほどはガチ詰め、上はふんわり詰めで。
加水はほとんどせずに済みました。コバシャは保湿力も高くてステキ。
マットを詰め終わったら、幼虫を8ないし9頭/ケースで放虫して終了。

さーて、一応、種親は胸角が太いものを選抜してみましたが、今年はどういうのが出てくるか。羽化が楽しみ(^^)


追:
と、上の作業をやっていたら余震が。orz
2011-04-16(Sat)
 

約一ヶ月たって

先週、モーニングの「社長 島耕作」に今回の大地震のネタが登場(会議途中に大地震という設定)。
さすが「三洋とパナソニックの合併を予見した。」と言われる本シリーズ、時事ネタを取り入れるのが早い。
ちょっと前には尖閣問題を取り上げてたしなぁ。
今後、どういう展開を見せてくれるのか楽しみ。

また、「とりぱん」では、とりのなん子さんが、今回の地震のご自身の体験(?)を漫画にされてました。
ラストの一コマに、
「快適な文明生活なんて うすっぺらい金魚鉢のようなものだと 気づいてしまったことが怖い」と。
私もまったく同感です。
まあ、「平和な生活」ってやつの脆さに、気づいていた人は気づいていたと思いますが、今回の震災では・・・

イブニングでは、「ブッシメン!」連載中の小野洋一郎さんが被災(宮城県)されたようで、ご本人からの「休載のお詫び」が載っていました。なにはともあれご無事だったようでなによりです。

以上、私が購入している漫画雑誌の範囲内における震災の話題をご紹介。一部ネタばれなのはご勘弁を(^^;

しかし、週刊誌とか隔週刊誌だと、時事ネタが反映されるまでには約一カ月かかるんだね。
義捐金募集のお知らせはもう少し早くから載ってましたが。


個人的には漫画も楽しみではありますが、やはり読みたいのは、なんといっても伊坂さんの新作。
創作活動に復帰されることを、心よりお待ちしております☆
2011-04-13(Wed)
 

11日

震災からはや一ヶ月。奇しくもアメリカの9.11と同じく11日だったんだなと改めて。

相変わらず余震が続いていますが、こちらはおおむね震災前と同じような感じになっております。
やはり、3日、2週間、一ヶ月が一つの区切りというか、そのあたりの日数でだんだん状況が改善されるなぁと。生き物の飼育でも、だいたいそれぐらいの期間で生き物は徐々に環境に慣れてくるので。

逆に、それ以上の期間たっても環境が改善されないと相当厳しい状態。今の被災地がそうだと思うのですが、早く状況が改善されることを切に祈っております(-人-)

この一カ月色々ありましたが、驚いたのはなんといっても買占め。あれほど急激に物がなくなるとは思いませんでした。

もちろん、「明日のことはわからないから、今日食えるだけ食っとけ。」ってーのは生物の基本的本能なわけで、こういう状況の中、買占めに走るのはある意味しょうがないっちゃーしょうがない面もあるのですが、前にも書いたように、本能を押さえられるから、理性があるからこその人間であって、本能のままに動くなら、もう人間ってどうしようもない生き物ではなかろうかと。

ま、買占めに走った人たちも、今は我に返り、山積みになった米とか保存食とかを前に「なんでこんなに買ってしまったんだろう?」と首をひねっていることと思いますが。少なくとも、買った分はきれいに消費してもらいたいもんです。

あと思ったのは、「非常時だからそれに対応した動きをしよう。」という人と、「非常時にもかかわらず通常通りに動こう。」とした人に分かれたなと。どちらがいいとかは申しませんが、んー、意外と適応力がない・・・人もいるなと。

いずれにしろ、こういう非日常条件下だと、その人の本質が出ますね。前にも書いたように、

もう、一緒に仕事したくねぇ(><)

と思える人もちらほらといたりw

アメリカは9.11以降、「不可逆的な変化」が起こったそうですが、日本もこの3.11以降、「不可逆的な変化」が起こると思います。
この、「不可逆的な変化」がいい方向へ進むことを願ってやみません。
また、被災地におかれましては一日も早い復興を祈念しております。


追1:
ホント、今回の震災は、原発問題も含めてその影響範囲って阪神大震災の比じゃないわ。

追2:
統一地方選で「民主惨敗」とか書きたてるマスコミ。もうちょっと空気嫁。こんな状況で政情不安定なことを内外に暴露してどうすんだ。「みんなで頑張ろう!」とか言いながらこの様か。
まあ、こんな状況下にもかかわらず、がちゃがちゃやってる政治家も政治家だが。

追3:
とはいうものの、うちの会社も実情は似たり寄ったり。こんな状況にもかかわらず、(対応する)規定がない、とか。もうね、色々ありえん(--メ
2011-04-11(Mon)
 

ひとまず終了

とりあえず、セッコクと少数の富貴蘭とかミズゴケ栽培植物の植え替え完了。やれやれ。
あとは、もうちょい暖かくなったところで(それでも来週ぐらいか)、サボテン・多肉植物の植え替えとテルシテスのマット交換をしたいところ。春は何かと忙しい。
しかし、今年は富貴蘭、結構日焼けさせてしまった・・・orz また一から仕立てなおそう。

himezakura110410
デンドロ-ヒメザクラサノック
わい性のデンドロ。草丈が高くならないので置き場所に困らない。加えて花つきがすこぶる良好。うちでは毎年花をつけてくれます。わい性なのでボリュームがなく、贈答品としては見栄えがしないかもしれませんが、栽培を楽しむのであれば超お勧めの品種。


nagoran110410
ナゴランの子株。購入してから10年ほどのものですが、去年、子株が出てきました。ナゴランは子株をふかないと思っていたのでびっくり。どうということはない、普通のナゴランですが、長年栽培しているとこんなこともあるんだなと。
ちなみに、これも非常に丈夫。ほぼ毎年花をつけてくれます。
寒さに弱いので、冬は室内取り込み&潅水控えめ。で、室内に置いている間に花芽が伸びてくる(今も花芽伸ばしてます)のですが、それを4月ごろに外に出すので、いったん花芽の身長が停止し、結局花が咲くのは5月ごろになります。
2011-04-10(Sun)
 

脱いでも白いんです

例によって爬虫類ネタなので、苦手な人は(以下略)

続きを読む>>

2011-04-10(Sun)
 

こういう時なんで

と、ガメラVSガイガンなんぞを撮影したので、こんなものを。

gamera-DVD
ガメラのDVD-BOXです。
しばらく前に某ブック○フにて入手。

久々に昭和ガメラを見たくなり、VSギャオスをピックアップ。
・・・ん~、なんか見た記憶がねぇなぁ(--ゞ

ま、それはさておき、内容的には昭和の特撮です。このテイスト、懐かしいねぇ~。ツッコミどころ満載ですが、そこはスルーで

さて、「怪獣映画」と一口に言われますが、怪獣映画ってーのは本来的には「パニック映画」だと思ってます。アメリカ映画なら、アルマゲドンとかメテオとか。SF的なものだとインディペンデンス・デイとか宇宙戦争とか一部のゾンビ映画ですね。

要するに、パニック映画=何らかの異常事態に立ち向かう人々を描いた作品なんですが、

怪獣映画=異常事態が怪獣の襲来

なんという設定。日本人のとんでもないセンスを感じます。ステキすぎ

さて、このVSギャオスでは、高速道路建設とその土地買収の話で少し味付けされてます。「道路建設補償金の額上げるために、道路建築に反対するんじゃ。」みたいな。これを見ると、「あ~、やってることは今も昔も変わらんなぁ。」とか。
あと、この時からすでに、マス○ミはマ○ゴミだったんだなぁとか。なんせ、ギャオスに一番最初に食われたの新聞記者だし(--

そんなこんなで、久しぶりに昭和の特撮を堪能させていただきました(-人-)。
こういう時なので、日本のパニック映画=怪獣映画を見てみるってーのはいかがですか?地雷踏むのを覚悟で言うなら、やはりゴジラがお勧め。今が今だけに。

追1:
しっかし、久しぶりに見たら、

ガメラの目がこえー

あっれー、こんなだっけか? あるいは着ぐるみが二種類ぐらいあるのか?

追2:
ガメラ見てたら、大魔神も見たくなってきた。2、3はぱっとしないんだが、第一作は超お気に入りなんだよなぁ。んー、どっかで仕入れるか。
2011-04-09(Sat)
 

こういう時には

明日は統一地方選か。ここ一週間、こちらは選挙運動で騒がしい。
こういう時に選挙というのは微妙な気もするが、逆にとにかく選挙やっちまった方がいいのかもしれない。

最近、政治的指導力とかリーダーシップとかよく言われる。確かに今回の震災による被害は非常に大きく、原発処理の問題も難しく、政治的に解決しなければならない課題はすこぶる多い。
しかし、マスコミがよく言う「リーダシップ」とはなんなのだろうか。

情勢が不安定な時、人が不安を抱えている時、おっかないのが扇動者とカルトの出現だと私は考えている。
こういう時、人は何かにすがりたくなる。思考を停止し、耳触りのいい安易なプロパガンダに従いやすい。
その結果、取り返しのつかないことになってしまった事例は、枚挙にいとまがない。

少し話は変わるが、指輪物語という物語がある。ハイ・ファンタジーの古典にして傑作、ロード・オブ・ザ・リングとして映画化された物語だ。
その物語の中で、冥王サウロンの「一つの指輪」を棄却したのは、ガンダルフでもアラゴルンでもなく、エルフでもドワーフでもない、小さき者;ホビットのフロドだった。
指輪を棄却するための戦略を立てたのは、ガンダルフ、エルロンド、アラゴルンだ。けれども、それをモルドールまで持っていったのはフロドであり、それができたのはフロドしかいなかった。

指輪物語は作り物の物語ではある。現実の話ではない。
けれどもこれは、第一次と第二次大戦を体験した作者の、トールキンのメッセージだと思う。
現場で何をか成すのはいつだって市井の普通の人達。どっかのエライさんは、そのサポートをするのが関の山だ。

こういうときに、「指輪の誘惑」に負けてはいけない。
2011-04-09(Sat)
 

確保

先週末、量販店にて無事確保してきました。

tempesta
アーンヴァル Mk.2 テンペスタ



ravina
ストラーフ Mk.2 ラヴィーナ

です。

量販店に昼頃いって、「あーまだ在庫あるわ。」、と安心して用事を済ませ、夕方頃に再度いってみたらテンペスタの方は最後の1個になっていたという・・・今回のアーンヴァルは人気あるなぁ。逆に、ストラーフの方は山積みだったという(^^ゝ

ただ、この売れ方には私も納得。個人的には、今回のリペ版について言えば、アーンヴァルの方がいいと思う。黒と紫というカラーリングながら、アーンヴァルの真面目さっぽい所が損なわれていない感じ。やっぱ、紫ってーのが高貴な色だからかね。でもって、黒のおかげで落ち着いて見えるし。
逆にストラーフの方は・・・どーも全体的に白っぽ過ぎてメリハリがなく。加えて、ストラーフのちょっとやんちゃっぽい感じが失われているようで。逆カラーを持ってきたというのはわかるのだが、もうちょっとなんとかならんかったのかなと。

しっかし、この2体、コナミのサイト見ると発売の告知がされてないんだが・・・はて、結局、店頭売りはいつからだったんだ?

ま、それはさておき、例によって、フィギュアのレビューは(以下略

で、上にあげたのはオールベルンとジールベルンの時と同じく、特製ブックマーカーです。各1個の購入でダブらず入手できました(^^v
イラストは例によって抱き枕仕様ですが、やはりここはブックマーカーということで、本と並べてみました。









temp+ota

なんというヲタコンボ

あ~、「4コマは瞬発力」とわかっていながら、こいつは買っちまうんだよなぁ(--ゝ
2011-04-06(Wed)
 

英雄時間

スーパーヒーロータイムの小ネタなんぞを。
ここんところ、震災関係の話ばっか書いてたからなぁ(--;

1.ゴーカイジャー
名前からして豪快につけたなぁと思うが、過去の戦隊ヒーローに変身できるってーのも豪快。ただ、なんで海賊なんかはよーわからんw
私は、平成の戦隊ものはほとんど見てないが、本作はわりとまってるなぁという印象。前作の天装戦隊がちょっとアレだったから余計にかもしれんが。

しっかし、ジャッカー電撃隊のビッグワンにまで変身したのは驚いた。本作は5人の戦隊ものだが、「1足す2足す、1足す2足す♪」サンバルカンにも変身できるし。海賊のくせになかなかやる。

で、忍者キャプターは?

2.仮面ライダー1000回記念
オーズが1000回記念にからめたストーリー。意外とグダグダにならなかったので、ちょっとビックリした。
しっかし、仮面ライダー1000回&40周年か。等身大ヒーローとしては鉄板の知名度だよな。私的には、実は他のヒーローの方が好きだったりするんだが(^^ゞ

ま、それはさておき、震災のあった年に、仮面ライダーが一つの節目を向かえているとうのは、なんか感じるところはあるやね。子供たちのためにも、ヒーローはこれからも変わらず夢を与え続けてほしい。

こういう事もあるし。

仮面ライダーが石巻復興の希望

3.40周年記念ということで
お願いランキングで仮面ライダーの特集やってました。
「40周年だからできる、レア画像公開!」とか。

ほとんど知ってますが何か?

えー、あれレアなの? 一般常識じゃなく?

4.血管
最近のジェネラル・シャドウは、昔に比べて薄化粧。

5.千つながり
ってことで、今日のオーズにはハリセンボンが出演。色々無理すぎ。

6.残念
実は、ウルトラマンも45周年 なんだが、こっちはライダーほど盛り上がってなくて、ちょっと寂しい。
巨大ヒーローにも頑張ってほしいんだがなぁ。
2011-04-03(Sun)
 

あれは!?

てなわけで、

gaigan1
ガイガンです。

もう発売から2ヶ月たってるのを今さらという話もありますが、そこはそれ引っ越しとか何やかやがあったということで(^^ゞ

さすが海洋堂、造形はいい出来です。はぁ~、あこがれのガイガンが手元に。おっさん、それだけで満足。

gaigan3
背面の金色のうろこがきれいです。昭和の怪獣は爬虫類テイストが出ていていいやねb 平成ガイガンもいいっちゃーいいんだが、わし的にはああいうメカっぽい(サイボーグって設定だが)のより、こういう生き物ライクの方が好きだなぁ。

ちなみに、こういう怪獣が好きだから爬虫類が好きなのか、爬虫類が好きだからこういう怪獣が好きなのかは自分でもよくわかりませんw。ま、男子はこういうもんが好きってことで。

gaigan2
口の牙?は左右に動きます。が、腹ノコは動きません。残念。
というか、全体的に稼働カ所が少ないです。尻尾も動かんし。また、手足の関節部分も干渉部分が大きく、可動範囲が今一つ。リボジョイントなのに、ガシガシ、ポージングを楽しめないのはちと寂しい。ま、見てるだけでも十分かっこいいですが。


さて、以下にネタを。
時期的に微妙かもしれませんが・・・(--ゞ

続きを読む>>

2011-04-02(Sat)
 

もうそんなに経つか

今日はせっせとセッコクの植え替え。

春分の日をめどに、その前からちょっとづつやろうと思っていたのだが、地震があったり、急に冷え込んで雪まで降ったり、あげく先週は仕事だったりで、結局今日一日で一気に片付けることに。
まあ、いつものことと言えばそうなんだが(--;

植え替えしながらラベルを見ると、入手してからもう10年近く経ってるやつがちらほら。
先日あげた中国春蘭なんかも、だいたいそんなもん。

は~、もうそんなに経つか。年もとるわけだw

しかし、今年は引っ越しのため冬越し対策ができてなかったところに、環境が変わったので結構ダメになったのがあるんじゃないかと思う。これから暖かくなるにしたがって、どれがダメになったかわかってくる。

10年ひと昔・・・か。

これを区切りに心機一転、また仕立て直すか(^-^)
2011-04-02(Sat)
 
プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR