オタクのおっさんの戯言
ちょいとお返事
2011年01月30日 (日) | 編集 |
1月12日のブログでPBMの話題に絡めて、「(ゲームの)後に残るもの」ってな話題を書きましたが、それについて、NIVさんがご自身のサイトでふれられていたので、ちょっとその返信的な物を。

題して、MMORPGの可能性についてw
[続きを読む...]
スポンサーサイト
放課後
2011年01月30日 (日) | 編集 |
放課後プレイ3(著;黒崎練導) 発売。

知る人ぞ知る4コマエロ漫画・・・みたいなw
18禁ではないが、東京ではそのうち18禁になるんじゃなかろうかと。
条例で。
知事選次第で。
頑張れ某そのまんま。

ま、それはさておき、今回の巻は前巻のテイストを引き継ぎながらも、ネタが結構ヘビー。
あ、ネタといってもゲーネタではなくエロパートの方なんすが、私的にはちょっとアウトなネタだなぁ(--; 個人の好みあると思いますが。

私的には、やっぱ、1巻の彼女さんがサイコーということで。


アクセス
2011年01月29日 (土) | 編集 |
さて、今回発売されたプロキシマ&マリーセレスですが、バトルロンド用のアクセスコードは付属しません。というか、パッケージにバトロン&バトマスの宣伝すら入っていません。これの前に出たラプティアス&アーティルと同様です。

あ~、こりゃコナミ、武装神姫はオリジナルフィギュア単品で売っていくつもりなのかと思っていたら、先日、バトロンに蓮華&ガブリーヌが実装されました。

バトルロンド~蓮華&ガブリーヌ

ぶっちゃけ言うと、もうバトロンは終了かと思っていたのですが、う~ん、コナミは武装神姫どうするつもりなんでしょう?

アクセスコードを付けた蓮華&ガブリーヌまではとりあえずバトロンに実装して、あとはそのまま放置するのか、あるいはアクセスコードが付属しなくなった蓮華以降もバトロンに実装していくのか。アクセスコード付きだが、いまだに実装されていない神姫さんはどうするのか。

謎だ w

個人的には、バトロンの新バージョンを作ってほしいところ。まだ、伸びしろはあると思うんだけどなぁ。
ま、とりあえず、バトロンの来月の新商品が何か注目しときましょう。
うちにもお迎え
2011年01月29日 (土) | 編集 |
ってわけで、うちにも武装神姫プロキシマ&マリーセレスが到着。

proxma

mary-seres

二体同時購入特典のデクレサント&ディスインテグレーター付き

decre+dis

ちょいとバタバタしてるもんで、まだ武装させて遊んでませんが、素体状態だとやはり、
プロキシマはツボでした。

個人的には肌の露出が多くないのも○です。髪の毛の作りが甘いのはちょっと残念。
マリーセレスの方もなかなかかわいく出来てます。頭のお団子がポイント高め。
最近の神姫さんはどの子もお顔の出来が良くて喜ばしいことです。やはり、人形は顔が命ということで。

さーて、時間ができたら色々遊んでみよう(^^)

追:
プロキシマ、なーんかどっかで見たような気がするな~と思っていたんですが、これでした。

これ

え?似てないって?
ま、そこはそれということでw
ツボといえば
2011年01月23日 (日) | 編集 |
昨日のブログでは武装神姫のプロキシマ、以前のブログではアイギスのフィギュアについて書きましたが、最近だと私のツボにはまったのはこの子。

BR1-110123
ブラック★ロックシューター、です。

アイギス同様、碧眼の人ですが、私が気に入ったのは何と言ってもそのまっすぐな視線でしょうか。
何かを見通すような目、強い意志を示す引き締まった口元、凛としたたたずまい。
こう、一緒に戦うとしたら安心して背中を任せられるような感じ。
そんなところが、私のツボですね。

女子に何を求めてんだ?って話もありますが。

ま、そこはそれ、○態おっさんの戯言と思って軽くスルーしてくださいw

個人的に残念なのは、この手のキャラクターってあんましいないこと。ツンデレとはまた違うし。やっぱ、マイナーな好みなのかなぁ。

漫画でわりと近いかなと思うのは、パンプキンシザーズのアリス・L・マルヴィンぐらいか。あと、先日書いたドロヘドロのニカイドウもそうかな。といって、他に思いつかない・・・orz
他にも近いキャラご存知の方いらっしゃいましたらコメにでもお願いしますm(_ _)m

個人的には、こういうキャラがもうちょっと出てきて欲しいところ。

BR2-110123

追:
ブラック★ロックシューターのフィギュアについては、他の方が素晴らしいレビューをされていますので、私なんぞが説明することはありませんが、端的に言って非常にいい出来です。興味ある方は購入ご検討されてもよいかと思います。
メティス同様、色移り防止のビニールがとりにくいので、ビニール除去は丁寧に。
次の発売
2011年01月22日 (土) | 編集 |
1/27に武装神姫-プロキシマ&マリーセレスが発売予定です。

コナミスタイル-プロキシマ&マリーセレス

管理人も両方予約しておりますが、特にプロキシマ。

バトルマスターズ;DLコンテンツ(第8号)のプロキシマの説明を見ると、
「凛とした基本性格設定には昨今のマニアックになりがちな神姫業界に一石を投じる。男勝りな清々しさに女性オーナーも急増中。」、とあります。

えーっと、女性オーナーどころか、変○のおっさんの私にもツボなんですが?
私的には、この調子で神姫業界に一石も二石も投じてほしいもんですw

さて、こちらの神姫さん、某量販店のショーウィンドーに既に展示されておりました。ショーケース越しに見ただけですが、ちょっと感想を。

1.お顔の出来はこれまでの武装神姫の中では最高水準かも。特に、アイプリント。これはすばらしい。でもって、どちらも美人さん。

2.反面、武装とボディー部分の作り(特に塗装)がちょっと雑くて残念な感じ。

3.フル武装のシルエットはなかなか。特にプロキシマのケンタウロスはかなりカッコイイ。でもって、ケンタの脚部の可動は良好そう。

4.プロキシマのウエポン(ボウガンっぽいやつ)の出来はかなり良さげ。なんか、可動部位があって変形しそうな感じ。

ということで、こ~れはかなり期待大。
来週末には手元に届くと思うので、楽しみに待つとしますか(^^)
新神姫?
2011年01月22日 (土) | 編集 |
コナミスタイルでワンフェスの告知が出てます。
そこに、ガレキですが新しい武装神姫が発表されています。

ワンダーフェスティバル2011冬に出展決定
武装神姫:アラストール&キュクノス

なに、このフリーダム(ゲフゲフ)

まあ、造形はさておき(おくのか?)、久しぶりの新しい神姫さんの発表。今回のはガレキですが、ガレキができているということは原型作成済みなわけで、MMSフィギュア化もあるかなぁとみております。
というか、フィギュア化してくださいw

さてさて、例によって、以下、私個人の感想を
[続きを読む...]
だからだね~
2011年01月19日 (水) | 編集 |
コナミスタイルより

武装神姫アルトレーネ再生産希望のご要望を多数いただいておりますため、
2011年2月6日迄検討期間を延長します。

だ・か・ら、
とにかく作って、売ること考えなさいと、あれほど
そういえば
2011年01月17日 (月) | 編集 |
うちにも最近話題の人が。

tiger-mask

缶コーヒーのおまけかなんかだったかな。

こういうの持ってるあたりがおっさんw
結構いいじゃない
2011年01月16日 (日) | 編集 |
仮面ライダーオーズ。今回の17,18話は結構面白かった。今までになく、きれーにまとまっていたような感じ。なんだか、今のところ、前作のWよりもオーズの方が面白い気がする。おもちゃの販売も好調のようだし、このままの感じでいって欲しいね(^-^)。

さて、久しぶりに、仮面ライダーを作った男たち(取材・脚本;小田克己、漫画;村枝賢一)、を読み返してみた。

特撮好きにはたまらない一冊であるが、その裏表紙に「刻は高度経済成長時代---。誰もがあこがれたあの強さと優しさをつくりあげ、守りつづけた男たちがいた---。」とある。

また、作中にこんな台詞がある
「あの頃 俺はなんの力もなくて 誰も助けてくれなくて」
「あたりまえか・・・戦争だもんな」
「でも それでもあの時は そんな世界からみんなを救ってくれる誰かがいたら・・・なんて思ったよ」
「その男は風のように現れて・・・嵐のように戦って・・・」

時は移り、今は高度成長時代の面影はなく、すっかり低成長の時代に入った日本。
そんな時だからこそ、少なくともテレビの特撮ヒーローの中では「強さと優しさ」を描き出してほしいと思う。

仮面ライダーオーズと例の「伊達直人」のニュースを見ていて心底そう思う。
何十年か後にね、「伊達直人」が「仮面ライダー○○」になって欲しい。
特撮好きのおっさんの「欲望」ですw


追1:
ちょっと前、「泣ける歌」なんてのが流行ったが、私にとってはタイガーマスクのエンディングがまさにそれ。あれはいい歌。

追2:
バブルの頃、特撮ヒーローものが低調だった時期があった。ある評論家曰く、「今は悪者の定義(何が悪いのか)があいまいになってるから。ヒーローの戦う相手がいないんだよね~。」って言っていた。
ある意味、それぐらい平和だったんだなと思う。何が悪いのか分からないほどに。

追3:
ウナギ・・・なんかメズール様、ぬるぬる系が多いなぁ・・・
なんか微妙
2011年01月15日 (土) | 編集 |
現在、コナミスタイルにて、武装神姫のアルトレーネ、アルトアイネスの再生産プロジェクトがおこなわれております。

アルトレーネ-再生産プロジェクト

アルトアイネス-再生産プロジェクト

で、16日で〆なのですが、現在の受注状況は以下の通り(コナスタより引用)

武装神姫アルトレーネ 再生産決定まで あと 1427個(2011/01/14 8:30時点の受注状況 1073個)

武装神姫アルアイネス 再生産決定まで あと 433個(2011/01/14 8:30時点の受注状況 2067個)

現状の受注状況見ると、アルトレーネは厳しそう。アルトアイネスはどうなるか・・・
ちなみに管理人は、どちらも持っていなかったので予約入れております。

ただ、この再生産プロジェクト、個人的にはちょっと・・・
例によって個人的意見なので読みたい方だけ以下をどうぞ。





[続きを読む...]
後に残るもの
2011年01月12日 (水) | 編集 |
以前、PBMの話題を少し書いたが、ウィキペディアに少し気になる文があったので、簡単に個人的意見を書いておこうと思う。

PBM-ウィキペディア

大言壮語的記述と指摘されている部分だし、それに対する個人的感想なので、以下、読みたい人だけということでw


[続きを読む...]
世代間の違い
2011年01月10日 (月) | 編集 |
NIVさんのとこの日記を読んでいてふと。

会社の若いのに、
「『みんなのうた』ってどんな曲知ってる?」と聞いてみたところ、
「ん~、あんまり聞きませんけど、おしりかじり虫とかですかね~。」

はー、もうそういう世代ですか。そうですか。私的には、NIVさんとこに書いてあったやつなんだが、もう今の若い人は知らないだろうな。というか、谷山浩子さんを知らなさそうだ(--;

ちなみに、みんなのうた、今年50周年だそうで特設サイトができております。

NHK-みんなのうた

興味ある方は、ご自分の年代のみんなのうたを調べてみてください。私もやってみましたが、まさに「これこれ!」ってのがでてきました。

あと、gooランキングではこんな感じ。

印象に残る「みんなのうた」の曲ランキング

ランキングに入っている曲だと、「ラジャ・マハラジャー」が好きだったなぁ。あと、ランキングには入っていませんが「ふたごのオオカミ大冒険」ってのが好きでしたb

なんだか懐かしいね(^^)


以下、ちょいと私信的な
[続きを読む...]
あともう一つ
2011年01月09日 (日) | 編集 |
先日、お笑い番組とペルソナ3Fの正月だったと書きましたが、もう一つ、これを読んでました。

ドロヘドロ

変わったタイトルなんでずーっと気になっていたんですが、立ち読みで中身を確認してからと思っていたものの、古本屋に出ものがなく、仕方がないのでネットレビューを信じて試しに買ってみたら、

結構きれいにハマりました

特異な世界観でみせる漫画や小説はちょこちょこありますが、これもなかなか特異的な世界観をもった作品です。ですが、その世界観を当たり前のようにさっくり書いてるところがなかなか。
加えて、謎が多いストーリー展開。まさに、「混沌の中」であるにもかかわらず、へんにひっぱることもなく、淡々といいペースで話が進んでいきます。「次どうなるんだろう?」という引きがばっちり。ついつい次が読みたくなってしまいます。

うーん、すごいセンスしてるなぁ。

全体的にダークな世界観であること、流血表現が多いこと、絵柄に好き嫌いがあるかな?と思うところはありますが、気になった方はご一読を。

あと、ニカイドウがステキw

追1:中身はともかく、1冊の値段が高いところもちょっと難点。なので、「自分へのお年玉」的な感じでw

追2:しっかし、キックアス含め、正月から血みどろばっかだな(--ゝ

結局のところ
2011年01月05日 (水) | 編集 |
一ヶ月前ごろ、今年の正月休みはプラモかなぁ~と書きましたが、終わってみれば

お笑い番組とペルソナ3Fの正月

でした(ヲイ)。

お笑い番組の方はさておき、ペルソナ3Fですがなんとかクリヤー。
発売されてからだいぶたつゲームなので、今さらレビューすることもありませんが、一言で言うなら、

まさに、神ゲー

いや~、ATLUSの本気を見ました。

これまでのペルソナシリーズとはがらっとシステムを変えているにもかかわらず、それでもなお、やっぱりペルソナ。続編でありながら新作。この作りはすごい。
あと、作りこみ方が丁寧。まったく隙がありません。
もうホントひっさびさに、「すいませんでした」(←なにが?)と脱帽してしまうゲームでした。


さて、先日フィギュアを紹介したアイギスは、このゲームのキャラです。
アイギスをはじめて見たのは、実はゲームではなく本ゲームの音楽CD「Burn My Dread」のジャケット。そのジャケットのアイギスに一目ぼれ。CDは即購入しました。
が、当時は仕事が忙しかったこと、ネトゲに時間とられていたことから、「まあ、ゲームの方はベスト版が出てからでいいか。」と放置。結局クリヤーしたのがつい先日になってしまったという(--;

まあ、それでも遅まきながらクリヤーでき、アイギスがどんなキャラかやっとこわかりました。
ゲームキャラとしてはかなり扱いづらいキャラです。魔法攻撃が強いこのゲームにおいて、物理攻撃特化なのが致命的。しかも、物理系特技はHPを消費するので、戦闘ではゴリゴリHPが減っていきます。はっきりいって、一番使えないキャラかもしれません。

しかし、

別の意味で破壊力絶大

エンディングにはやられました。もうホント、「すいません ry的な。
うーむ、CDジャケット見た時の私の目に狂いはなかったな(え?)

ということで、再販のアイギスのフィギュア、買っておいてよかった~、というお話でしたw

aegis
↑がそのCDのジャケット&PCの壁紙にしているイラスト

追1:
ちなみに、私のPCの壁紙はアイギス。副島さんの画集も持っているという・・・
なにゆえ、私がこれほどまでにアイギスにひかれるのか、自分でもよくわからなかったのですが、ゲームクリヤーしてみてすこーしわかったような気がします。

追2:
先日書いたように、こんな神ゲー作ったATLUSも上場廃止。リーマンショックの影響もあるんだろうが、ゲー業界も厳しいやね。
アメコミといえば
2011年01月03日 (月) | 編集 |
先日から上映しているこれ。

↑ キックアス

キックアス? 「俺のケツをなめろ。」(by小林源文)的意味か? と思っていたら、「すげぇ!」とか「かっこいい!」的な意味のスラングらしい。ただ、劇中に出てきますが、アス-キックだとフルボッコ的意味になるとのこと。ん~、向こうのスラングの感覚ってまったく理解不能(--;。

それはさておき、この映画、主人公はティーンエイジャー。ヒロイン(?)は11歳ぐらい。な・の・に、R-15指定。ええ、まったく、いろいろとギリギリな映画です。

けれどもこの映画、鉄板(ある意味ベタ)なストーリーとツボを押さえたパロディをうまーくまとめていて、全体の完成度は高く、単なるキワモノとは一線を画しています。普通の映画でも、もっとグダグダなんあるからなぁ。話のテンポも軽快で、中だるみすることなくすっと見れます。

ただ、個人的には、ネット上の評価はかなり高いものの、そこまで高評価はつけられないかな。アメコミものとしてはダークナイトに及ばず、パロディ物としてはキル・ビルに及ばない感じ。ま、個人的感想ですが(^^;
あと、暴力表現が結構過激なので、キル・ビルがダメな方にはちょっときついかと。

とはいえ、そのあたり了承のうえで見ていただければ、かなり楽しめる作品です。アメコミとかそのパロディとかお好きな方にはお勧めb

追1:
しっかし、これMARVELかよ・・・DCのをこんなにパロディにして大丈夫か?

追2:
ラストの方のBGMに夕陽のガンマンが使われていてビックリ。どうやら音楽的にもパロディがいろいろあるらしい。私がわかったのはこれぐらいですが。

追3:
ネットでかわいい!と評判のヒットガールはこちらを。

容赦ねぇなぁ(いろんな意味で)
鉄男
2011年01月02日 (日) | 編集 |
特撮リボルテックの新作が「空飛ぶ社長」こと、アイアンマンに決まったようで。

特撮リボルテック-アイアンマン

お~、待ってました! こいつはありがたい。
MK6ということは、アイアンマン2のやつですな。

アイアンマンのフィギュア、Hot Toysからも発売されているのですが、こちらの方は出来もすごけりゃお値段もすごい代物。「自分へのご褒美」ということにでもしようかと迷いながらも、今まで手が出せずにおりました。

Hot Toys~アイアンマン

安価な、ブリスターパックに入ったフィギュアもあるんですが、出来は値段相応ということで食指が動かず。
「あ~、アイアンマン欲しいんだけどなぁ~。」と思っていた所にこの製品。
海洋堂さんGJ(^^)b


さて、以前のサイトにはちょっと書いたのですが、このアイアンマン、個人的には非常に思い入れのあるアメコミキャラです。最初の出会いは、

↑DECOのキャプテンアメリカ アンド ジ・アヴェンジャーズというゲーム。

当時、格ゲー&アクションゲーが好きだった私が結構はまったゲームです。最終的に、5~6コイン使ってエンディング見たなぁ。

このゲーム、タイプ的にはファイナルファイトと同様の、いわゆる「ベルトコンベアー型」と呼ばれるアクションゲームなのですが、特筆すべきはキャラのアクションの多さ。
ファイナルファイトは基本的にパンチ&投げしかありませんが、このゲームは通常攻撃、ダッシュ攻撃、遠隔攻撃など攻撃方法が豊富。しかも、いくつかの面はシューティングゲームになっており、まさに「一粒で二度おいしい」仕様。
以前に書いたように「カスタマイズ」が好きな私にとっては、この「いろんなアクションが出来る」というのがツボでした。雑魚キャラはその時の気分で殴ったり、ビームで倒したりしてたなぁ。ま、基本は軸ずらしダッシュ攻撃ですがw

で、このゲームの使用キャラがアイアンマンだったわけです。何故アイアンマンにしたのかは、長くなってきたのでまた別の機会にでも。

あと、その流れもあって、カプコンのMARVEL SUPER HEROESでもアイアンマン使ってました。こちらのほうは、プロトンキャノンの削りにドはまりしてましたがw

とまあ、私的には思い入れのあるアイアンマン。これがついにフィギュアで手元に置けるのかと思うとホクホクです(^^)v。ガイガン、プレデターに続くこのラインアップ。いやー特撮リボルテック、侮りがたし。

追1:
Youtubeにキャプテンアメリカ アンド ジ・アヴェンジャーズのプレイ動画あがってるの見つけた時はびっくりしました。アップした人すげーな。

追2:
このゲーム、今聞くと音楽も結構いいね。さすがDECOゲー。
当時、スーファミ移植とか期待してたんだが結局日本では発売されず(米国版は見たことあるんだが)。個人的には超・再販希望なんだが、版権とかの問題もあって再販は難しいだろうなぁ。加えてDECOだし。
新年ということで
2011年01月01日 (土) | 編集 |
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

新年ということで、お狐様にお祓いをしていただきました。

renge-oharai2.gif

今年一年いい年でありますように(-人-)