そういうことか

よつばと! 10巻(著;あずまきよひこ)

はー、相変わらずなごむなごむ(^^)。

これで、明日からも生きていけます。

そんな気がする。

たぶん

まあ、今週いっぱいぐらいは。


個人的には「よつばとうそ!」&「よつばとさいかい!」が好き。
あと、中表紙にはやられたな~
スポンサーサイト
2010-11-29(Mon)
 

読み間違えたか?

先週の予告&ソフビ人形の発売を見たところでは、明日の仮面ライダーオーズで、三番目のコンボが見れそうですな。

さて、その三番目のコンボ名を先日の日記ではサイゴーゾと書きましたが、今発売されているソフビ人形の名前はサゴーゾ

あれ?雑誌にはサイゴーゾと書いてあったような気がしたのだが。。。
記憶間違いか?
2010-11-27(Sat)
 

二択

1.バクマン。

NHKで放映中のバクマン。が面白い。
ぶっちゃけ言えば、現代版;まんが道、なんだが、やはりこの手のテーマは鉄板。
今までジャンプ漫画は買ったことがない私ですが、これは単行本買おうかどうしようか思案中。

バクマン。の後に放映している、ジャイアントキリングは、モーニングでずっと読んでるんだが、ジャンプは読んでないからなぁ。
ちなみに、ジャイキリも面白い。サッカーなんざさっぱり見ない私でも面白いところがすごいやね。
ある意味、風の大地に似ているかもしれない。

格闘技でこの手の漫画でないかなぁと思っていたら、修羅の門が14年ぶりに連載再開とか。
まだ、読んでませんが


2.ブッシメン!
連載二回目。

作中の台詞に、
「本物の仏像にも引けを取らない細部まで煌びやかな立体造形!!」
「その名もフィギュアイコン!!」

ってのがあります。
おや? こっちの方向に進むのか?

こっちの方向 & そっちの方向

確かに、面白そうな分野ではあるし、実際、阿修羅像の方はかなり売れたようなのだが、私的には、アキバに来た外人さんがお土産に買っていくものとばかり思ってました(^^;
まあ、フル可動の仁王像とかでたら欲しいかもですが。で、中から01を・・・(ヲイ

あと、これも作中の台詞なんですが、
「私「八部衆」が好きで・・・」
「もともとは鬼神だったのが守護神になるってステキだな~って・・・」

神の悪魔化、眷族化は侵略の歴史。
バエルを踏むか踏まないか。はてさて。
2010-11-27(Sat)
 

映画化

以前書いていたサイトで一押ししていた、マルドゥック・スクランブル(著;冲方丁)が映画化されております。

マルドゥック・スクランブル

うわ、上映映画館少なっ! 

しかも、東京はレイトショウかよ・・・orz これではさすがに見に行けんなぁ。
とりあえず、DVD待ちだな。
あと、上映時間65分て・・・三部作だから1巻あたりこれぐらいの時間が妥当といえば妥当なんだが、ちょっと詰め込みすぎじゃなかろうか。

なんかこうしてみると、無理に映画化せずにOVAでよかったんじゃないかという気がしてくる。大好きな作品だけに余計に。まあ、現物見てみないと何とも言えないけどね(^^;

しかし、映画化して、よくPG12(12歳以下保護者同伴)ですんだなぁ。R-15はいくかと思ってました。
フレッシュ・ザ・パイクは言うに及ばず、ウエルダン・ザ・(検閲)なんか手袋とった日にゃ・・・
ま、そこまで原作に忠実にされると、DVD買う時に18禁コーナーに行かなくちゃならないんで、PG12ですましてくれる方がありがたいですがw

最後に、以前のサイト読んでる方には「またか」と言われそうですが、私的には、
マルドゥック・スクランブル(原作)、ガチお勧めです

追:
ただ、冲方丁さんの作品、「マルドゥック・ヴェロシティ」、「ばいばい、アース」、「天地明察」、「微睡のセフィロト」は読んだんですが、個人的には「スクランブル」を超えるものがなく・・・
「天地明察」は本屋大賞も取っており、面白いっちゃー面白いんだけどね。ただ、スクランブルみたいな「読み始めたら止められない」面白さではなかったんだよなぁ。
2010-11-23(Tue)
 

ガンプラでバトル

ガンプラ30周年記念アニメーションとして、模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG、ってのが制作されております。

模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG

「今より少しだけ技術が進んだ世界」で、自作のガンプラを「ガンプラのデータを解析できる未知のマシーン=ガンプラスキャナー」(ヲイ)で取り込み、そのデータを元にバーチャルバトルをおこなうって設定のアニメです。

一部店舗では店頭放映されてますが、第一部(パーツA)はこんな感じ。



色々とツッコミどころ満載ですが、劇中の台詞「色も塗らず素組みしただけのガンプラではボクには勝てない。」

耳が痛い、耳が痛い

この台詞を店頭で聞いた時、一瞬わしの事かとぎょっとしたよ(--;

それはさておき、プラモをデータ化して取り込んでバーチャルで動かせるようになれば面白そう。先日あげた武装神姫も近いような感じですが。
プラモやフィギュアを介してリアルとバーチャルがつながる、それはなんだかちょっと楽しそう。早く、「今より少しだけ技術が進んで」欲しいね。できれば、わしが死ぬ前希望w


追:
ビギニングガンダム、お前は政宗か?(リアル政宗はおいといて)
2010-11-21(Sun)
 

両生類→軟体動物

本体:カエル→イカ

語尾:であります→でゲソ or じゃなイカ。

宇宙からの侵略の次は海からの侵略。ということは、その次は地底帝国で鉄板。モグたんとかかなぁ~。
しっかし、イカが萌えキャラになるとは想像だにせんかった。ま、レスラーはいたが。



ちなみに、時事ネタで、侵略!○○娘ってのがあります。ま、興味ある人は検索でw
2010-11-20(Sat)
 

フィギュアの漫画

イブニングでブッシメン!という漫画が連載開始。
「天才仏師のフィギュア愛を描く」ってな紹介がされておりますが、天才仏師の息子があるきっかけでフィギュアの世界に・・・ってな展開のようです。まだ、第一話だけなので展開はこれからですが、今後が楽しみです♪絵もいいし。

あと、モーニングで短期連載されていたリーチマンって漫画は、造形師を目指している主夫の日常を描いた漫画。若干、「僕の小規模な生活」にかぶっているところがありますが、これはこれでなかなか味のある漫画で、ぜひ続編を希望したいところ。

さて、この頃、私のネタにもフィギュア関係が多くなってきましたが、なんとなくフィギュア関係が活況なのかなぁとか。まあ、最近、私好みのフィギュア(特撮リボルテックとか)が多くなってきただけかもしれませんが。

私が初めてフィギュアを買ったのは2004年末のこと。以前のサイトには上げましたが、
gyber3

aptom

当時の写真なのでしょぼくて申し訳ないですが、マックスファクトリーのガイバー3とアプトムです。
いやー、手にした時はホント感動したもんです。その後、このシリーズはちょくちょく買っていて、

zxtol

もったいなくて箱すら開けてないゼクトールとかw

それからはや5年。その間もフィギュア関係は見ていました。が、ぶっちゃけ、このガイバーシリーズを超えるような、「うわ!これは、欲しい~」と思うようなものがなくorz、今に至る・・・というわけです。美少女フィギュアとか完全スルーしてたしなぁ。

それが、ここにきて私が買いたいような商品がちらほらと。加えて↑に書いたように、フィギュアが題材になったマンがなんかも連載されたり。

ガイバーが発売された頃は、まださほどでもなかったと思うんですが。ん~、ここ最近なんかブームがきてるのかね?
2010-11-20(Sat)
 

今だからこそ

大地の子 (著;山崎豊子)

著者は「白い巨塔」を書かれた方。
内容は中国残留孤児(日本人戦争孤児)のお話。

ちょいとしたきっかけで手を出して、まだ読んでる最中なんだが、う~む、大戦直後の中国ってこんなだったのかと。今の中国のルーツを垣間見た感じがします。
最近、中国関係の話題がHotなんで、興味ある方はご一読を。文体も素晴らしいしお勧めです。


追:
侍魂に先行者が紹介されてから早10年か。
当時は「さすが中国」みたいなネタ扱いだったが、今となっては・・・
おごれるものも久しからずとはこのことか。
2010-11-17(Wed)
 

エンドブレイカー!

エンドブレイカー! (著;上村大、江川晃&グループSNE)

出版:新紀元社、著作:SNEとくれば言わずもがなのTRPG。新書判サイズで500円だったので思わず購入。TRPGのルールブックがワンコインとは、いい時代になったもんです。

あおりに、「超高速TRPG」とありますが、1d6+テーブルで効果決定を行うタイプ。なるほど高速そうです。昔のシミュゲーにちょくちょく見られた感じかな?。テーブル仕様なので武器バリエーションが非常に豊富なところもポイント。

TRPGシステムとしては、「ほうほう。」というところなんですが、もうひとつのあおりが「PBWと完全互換」。
・・・? PBW? なんじゃそりゃ?

ということで、困った時のウィキペディアw
PBW

ほー、PBM(プレイバイメール)のウェブ版か~。こんなものが出ていたとは全く知りませんでした。
で、PBW版のエンドブレイカー!が↓
エンドブレイカー!

PBMも今はこうなってるんだとちょっとびっくり。昔、蓬莱学園やってた友人は、「せっせと行動書いて送ったのに帰ってきた返信がわずか数行だった。」とか言ってたが、今はキャライラストの作成まで頼めるとは。いやー、隔世の感があるね。

↑のPBWのウィキにある通り、PBWにはオンゲー(MMORPG)にはない面白さがありそうだ。
興味ある方はサイトをご覧になってみてくんなまし。


追:
ウィキの記事に面白いことが書いてあったので、それについては別途書いてみたいと思います。
2010-11-14(Sun)
 

ガイガン!!

えー、11/7の日記に、「ガイガンのフィギュア出してほしい。」ってな話を書きましたが、

来年、2/1に発売のようです。

HobbyStockのサイトから

「プレデター」「ガイガン」など新作特撮リボルテックが登場!第27回宮沢模型展示会レポ ロボット・特撮編

↑の記事の真ん中あたりにあるのですが、

もうね、声を大にして言いたい。

海洋堂万歳!! 

すげー、すげーよ、カッコイイYO!
さすが、モゲラとかメーサー殺獣光線車とかジェイソンとか出すだけあるよ。
もう、おっさん、喜びのあまり号泣ですよ。
しかも、同時発売がプレでターですよ、プレデター。自爆しますYO! いやほんとに。

とまあ、思わず錯乱するほどですが、書いた矢先にこの発表(ブログに書いたわずか2日後)。
生きてて良かった。いや、マジで。

ほんと、ガイガンは子供のころ怪獣図鑑とかでみてて、「なんてかっこいいんだろう~。」と憧れていた怪獣。
ゴーグル状の目。一本爪の腕に腹ノコ。まさに、全身凶器。かっちょえー。

けれども、ゴジラシリーズの中では結構マイナーなためか、玩具化もあまりされていなかったような気がします(子供のころ、超合金のメカゴジラは持っていたのだが)。
実際、映画での登場シーンは結構短くて、期待してみていた私は、拍子抜けしてひっくり返った記憶が(--;
あと、腹ノコは回転するものだとばかり思っていたのに、実は上下に動くだけで、しかもほとんど活用されなかったような・・・

そんなわけだかどうだか分りませんが、ゴジラと言えばモスラ、キングギドラ、メカゴジラで、ガイガンってあんまし言われないよね。ぶっちゃけ、ミニラ未満かと。

でもね、
そんな、ガイガンが、私は好きだ大好きだ!

いや、ホント、ガイガンをフィギュア化した海洋堂さんには頭が下がります。ケンシロウ並みのツボのつき方です。

いやまったく、特撮リボルテックの「おとなのおもちゃ箱」の看板に偽りなしですな。
あ~、来年が楽しみだ(^^)/
2010-11-13(Sat)
 

テルシ採卵

メガソマ・テルシテス、産卵セット組んでから2ヶ月ほどたったので、採卵&採幼虫してみました。

結果:卵+幼虫=40頭ちょい

2雌からなので、テルシとしては少ない方だと思いますが、私的にはこれぐらいが管理できる限界なんで、ちょうどいいかな。
とりあえず、大コバシャ@4に約10頭づつわけて飼育に。ちっと、詰めすぎな気もしますが、まあ、春先の餌かえの時に、きつそうなら移すことにしましょう。
しかし、採卵セット組んでから2ヶ月ほどたつにもかかわらず、まだ卵があったり孵化したての幼虫がいたりでちょっとびっくり。意外と卵期間長いなぁ。

ま、ヒルスはいまだに前蛹やってますが・・・orz
一体いつになったら蛹になるのやら。
2010-11-13(Sat)
 

ブログの便利なところ

ホームページをやってた頃に、「ブログって便利だなぁ~」と思っていたことが一つ。
それは、カテゴリー分け。
ホームページの頃は、自分で整理するっきゃなかったのですが、ブログはカテゴリーを指定してやるだけで済む。あとで、自分のブログを見返す時に大変便利だなと。

ぶっちゃけ、「このネタの関連情報、以前書いたんだがいつだっけ?」と、自分のサイト内をグーグル検索かけたことがありましたw。

てなわけで、これまでは土曜か日曜に複数の話題をまとめて書いてましたが、これからはカテゴリー分けの都合で同日に複数の話題をあげることがあると思いますんで、その点ご了承をば。

あと、HTMLをいじったり、FFTPでアップしたりする手間がないんで、土日以外にも小ネタは上げるかもしれません。ま、時間の都合上、基本的には土日にまとめ上げですが(^^;
2010-11-11(Thu)
 

しみるねぇ~

ビタミンF(著;重松清)

紹介文に、「このビタミンは心に効きます。疲れた時にどうぞ。「家族小説」の最高峰。」とあります。

主人公は家庭持ちのおっさん。内容はその主人公の「どこにでもありそうな」家庭関係の話。
短編で1話完結なので読みやすいというのもありますが、どの話も心にしみます。まさに、紹介文に偽りなし。

ただね、

こういう話が心にしみる年になったんだな~

というのがなんともw
2010-11-11(Thu)
 

バトロン

先週書いた武装神姫-バトルロンド、この一週間やってみた感想を。使用キャラはデフォでもらえるフブキさん、でもって無課金です。

まず、システム自体は単純です。戦闘もAI自動戦闘ですので指示だけ出してやればOK。

基軸になるのは、
1.敵神姫との距離、2.武器&防具性能(含むスキル)、3.神姫の育成(AIの仕込みとLVあげ)
の3つぐらいかなと思います。

しかし、この3つの要素が密接に絡み合っていることと、隠しパラメーターや付加要素(スタン、ダウン、コーディネートなど)がスパイスとしてきいており、見かけの単純さとは裏腹に意外と奥が深そうです。少なくとも、私だと1週間では見切れません(^^;
私の考える「いいゲーム」の条件の一つ、「とっつきやすくて奥が深い。」に合致してそう。

また、無課金でもCランクだと課金者にも勝てますし、「あとちょっとで勝てたのになぁ。」という試合もしばしば。さすがにBランクではほとんど勝てませんが、それでもたまに勝ちが拾えることもあります。
「ちょっと課金したらもうちょっと勝てるかも。」と思わせるキャッチーな仕様。

さすがKONAMI、つくりにソツがねぇ。 といった感じ。
こりゃ、はまる人は、はまるだろうなぁ。


ただ、問題点がいくつか。
1.2008年か2009年ごろに何かあったか?
本ゲーム(バトルロンド)開始は2007年4月。それ以前からフィギュアの方は発売されており(第一弾の発売は2006年9月)、以降、第8弾まではゲーム内で実装されています。しかし、第9弾(08年7月)、第10弾(08年10月)とライトアーマーシリーズの第2弾(08年10月)~第4弾(10年2月)がいまだに実装されていません。
読者企画で制作されたアルトアイネスはフィギュアの発売まで2年もかかっているようで。

サイトの方も未完成部分(ミズキのムービーが見れないなど)があったり、最近の発売アイテムはサイトからはその性能が見れなかったりします。神姫NETジャーナルという制作者からの情報紹介も10年の1月?から更新されていないようです。

ところが、最近発売された第11~12弾は既に実装済み。神姫NETジャーナルの更新は止まっていますが、「こちら神姫開発しつ」ってのが新たにできています。
また、フィギュアについては、一時、KONAMIスタイル限定発売のみの時期があったようです。それが、ここのところは一般売りのフィギュアも順次ラインアップされています。

とまあ、ずらずらと書きましたが、要するに、なーんか途中に谷間が・・・

なにがあったかなんてのは想像の域を出ないので書くこともないのですが、ちょっと運営が不安定で力の入れ方も中途半端っぽい感じが否めません。

2.一部のフィギュアが・・・orz
使ってみたいなと思うキャラのフィギュア。いまだに店頭で売っているのもあるんですが、正直、買う気がおきませんorz。好みの問題もあると思いますが、あの出来ではちょっと・・・ぶっちゃけ、オンラインキャラの方がフィギュアより上です。
フィギュアとオンゲーの連動企画なのにこれではちょっとねぇ。

できれば、紅○とサイ○ォスはリメイクお願いします>KONAMIさん w

3.意外と人がいない?
本ゲーム、待合室形式で参加者のペアリングを行うのですが、私が参加している範囲では最大で20人ぐらいでした。フィギュアの発売数の割には参加者って少ないのかもしれません。
個人的には面白い企画だと思うのですが、フィギュアのフアンとゲームのフアンって意外とかぶっていないのかも。

武装神姫フィギュアのレビューサイトはよく見かけるのですが、バトルロンドにまで言及しているサイトはほとんど見かけないし。


とまあ、ぐだぐだ書きましたが、やっぱ基本的には、好みの武装神姫フィギュアを購入して、それを育てて楽しむゲーム、という感じです。ゲーム単品で楽しむ感じではないかなぁ。
フィギュアのおまけでゲームができると考えれば、かなりいい線いっているのですが。

以上、興味がある方は一度お試しを。なんだかんだ言ってもKONAMIゲーなんで、できはいいと思います。
MMORPGとちがって、プレイ時間も短いし。
ただし、課金は自己責任の範囲でw

追:
あと、個人的な希望を言えば、バトロンは戦闘オンリーのゲームなんで、他にちょっとしたミニゲームっぽいものがあればいいなとか。対人戦仕様だと、好きな人は勝ちたいがために課金に突っ込むのでしょうが、嫌いな人は戦闘自体ほとんどしないと思うので。
自分の神姫と一緒になんかできるようなものがあればいいなぁとか。

ええ、変態おっさんオタクの願望全開です。 


あるいは、最後の必殺技として、

武装神姫でラブプラス

どうですか、KONAMIさん?w
2010-11-07(Sun)
 

いや、もう

今回ご紹介するのは、9月1日発売になりましたこちらのフィギュア、

mogera2


モゲラです。

いや、もうね、心に湧きあがるこの思い、
まったく言葉にできません。
うれしいとか、よくやったとか、驚いたとか言うんじゃなく、なんというか「うは~~~orz」みたいな。

私は特撮が好きで結構見ているつもりではありましたが、こいつが動いてるところは見た記憶がありません。
子供のころ、怪獣図鑑とかでみたぐらいかなぁ。「ゴジラvsスペーズゴジラ」(1994年)には出ているようですが。
まあ、なにはともあれ、これをフィギュア化した海洋堂はやっぱすごいよなと。ハンパねぇ。

さて、このフィギュアですがミステリアンとマーカライトファープが付属します。
mogera
アカレンジャー?
は、おいといて、マーカライトファープ、ネタで目にしたことはありましたが実物(?)みたのは初めてです。
メーサー殺獣光線車同様、時代を感じさせる必殺兵器。今のロボットアニメなら一瞬で踏みつぶされそうです。

mogera3
モゲラvsマーカライトファープ&後ろで応援するミステリアンな図

モゲラ本体の方はリボルテックですが、手足が短いのとアーマー(?)が干渉するせいで可動範囲はいまいちです。しかし、尻尾が付いていることもあり、自立性は◎。

mogera4
モゲラvsカラミティ;大きさは1/144ガンダムと同じぐらいです。

近づく前に焼かれそうですが、そこはモゲラ。地中を潜って接近するということで。ゲッター2と同じです。

mogera5
付属の台座(森風)を前にあおり気味で。建造物手前にあおり。特撮の定番です。
色はシルバー&ゴールドのメタリック+クリヤーブルー。まさに、「宇宙の色は銀の色!」。メタリック部分が光を反射して非常にきれいです。一部シャドー塗装風のところもあり、単純な色でありながら表面情報量は多いです。さすが海洋堂、完成度高いわ~

mogera6
同様な構図で移動中のモゲラ。

ということで、特撮リボルテックシリーズのモゲラの紹介でした。

しっかし、ホント、何故今の時期にモゲラなのかと。これの発売予定を海洋堂のサイトで見た時、パソコンの前でひっくり返りました。やっぱ、海洋堂ってすごいわ。いろんな意味で。
まあ、最近のプラモ・フィギュア関係の進化っぷりって海洋堂に限らずですが。

海洋堂さんにはこの調子で、ガイガン(腹ノコ可動で)とキングシーサー(魔よけに)を作ってもらいたいものです。
特にガイガンは超希望。東宝の怪獣だと一番好きなんだよなぁ。

mogera7

追:
えーこのモゲラ、パーツが一個抜けてますがわかるでしょうか?
私はネットで確認するまでさっぱりわかりませんでしたorz。「あれー、このあまりのパーツ何に使うんだろう?」ぐらいな。
2010-11-07(Sun)
 

FF14はなぁ

Y!ニュースより引用

---以下、引用---
11月4日(木)20時16分配信

<FF14>和田社長が苦戦認める「信頼回復に全力を」 スク・エニ10年9月中間決算

スクウェア・エニックス・ホールディングスの和田洋一社長は4日、10年9月期中間決算で、9月からPCでサービスを始めたオンラインゲーム「ファイナルファンタジー(FF)14」が利用者から不評であることを認めた上で「(サービスが)満足のいく状態でなく、急ピッチで改善中。信頼回復に全力を挙げたい」と話した。また02年から継続中の同タイプのオンラインゲーム「FF11」の会員数は、あまり減っておらず、移行が進んでいないという。

---以上、引用終わり---


前のサイトで書いたとおり、うちの会社でFF11から移行した人に聞いてもひどいできだとのこと。
やっぱ、買わなくて正解だったなぁ。

まあ、私は■がいまいち好きになれない人なので、FF14がどうであれまったく問題はないのだが、↑に書いた元FF11のプレイヤーはFF14のできに正直へこんでました


これは個人的意見だが、■の作品はグラ、音楽はいいんだがシステムがどーも。あと、なんとなくだが「これが面白いんだろ?」的な押し付けがましさを感じるんだよね。ある種、内輪受け的な。
販売数を稼ぐには、キャッチーなグラと音楽、万人受けする(悪く言えばベタな)シナリオが必要だというのは理解できる。が、

理解はできるが納得はしねぇ


大東京トイボックスの一節に、「(ゲームは)何十時間も拘束するのに、人に影響を与えなくてどうする。」ってな台詞があったと思う。

これまでFFシリーズはプレイヤーに大きな影響を与えてきたゲームだと思う。フアンも非常に多い。
そして、今のFF14はMMORPG。オフゲーよりも格段にプレイ時間が長いだろうから、プレイヤーに与える影響もさらに大きくなるだろう。

けれども、FF14はこれまでのFF作品から影響を受けてきたフアンを見事に裏切った。いろんな意味で。

■にはそのへん、よーく考えてもらいたいやね。
2010-11-06(Sat)
 

タイトル変更

さて、以前のサイトがホームページサービス終了に伴い、きれいさっぱり消えてしまったので、このブログの題名を「おひるねぺんぎん亭~あどばんすど」に変えてみました。

どこが「あどばんすど」なのかって?

そういうツッコミはことごとく却下だ。


それはさておき、ちょっと考えた他の題名変更案を。

ベタなので即却下したもの(おひるねぺんぎん亭の後に続ける単語)
改、続、2nd、2号、mkⅡ、リローデッド、エボリューション、リターンズ、リニューアル、ディスティニー、ドス


ネタにはなるが却下したもの
帰ってきたおひるねぺんぎん亭 :別に帰ってきてないしなー

おひるねぺんぎん亭せぶん :せぶんの意味がねぇ

おひるねぺんぎん停 :いやいや、ある意味そうだが

おひるね 以下略 :意味が(ry

おひるねぺんぎん亭マグネットコーティング :長すぎる、あげくコーティングされてねぇ

量産型おひるねぺんぎん亭 :量産してねぇ

おひるねぺんぎん亭のわけがない :になるわけがない!


ちょっと悩んだが却下したもの
おひるねぺんぎん亭物語:元ネタはあれだが若干風化しそう

おひるねぺんぎん堂:なんか強そう

おひるねぺんぎん亭~りばいずど:ぶっちゃけ、これにするか「あどばんすど」にするかを悩んだ


論外

とらわれぺんぎん亭

うわ、やべぇ
2010-11-06(Sat)
 

次のコンボ

仮面ライダーオーズの次のコンボは、サイ+ゴリラ+ゾウでサイゴーゾらしい。

この組み合わせってことは、ガメルか。あれ?メズールは?
ちなみに、メズールはシャチ、イカ、タコの構成。コンボ名は・・・シャイタ?w

あと、仮面ライダーフィギュアの定番、S.H.フィギュアーツのオーズフィギュア(タトバコンボとタカキリバコンボ)ですが、某通販サイトでは、

絶賛予約受付停止中

うわー、Wの時と同じだ~。
ま、タトバが2月、タカキリバが3月なのでそのうち予約再開されるとは思うんだが、フィギュアーツは生産数が限られているようなので、はてさてどうなるか。
2010-11-03(Wed)
 

用語

コメントに返信を入れていてふと。

私がホームページをはじめたころ、返信は「レス」と略されたことが多かった。
それに対して、 「レス=レスポンスだから返信の意味で使うのはおかしい。リプライと書くべき。」なんていう論議というか話があった。「レス」の由来は知らないし(パソ通とかか?)、元の意味からいえばたしかに「リプライ」なんだろうが、そんなに気にするほどのことか?意味は通じんるんだし、と当時は思っていた。

それが今のブログでは「コメ(コメント)」だし、それに対する返信も「返コメ」とかで、「レス」とか「カキコ」とかほとんど見かけなくなったなと。逆にいえば、当時の「レス←→リプライ」論争って何だったんかなぁ、とかね。

時代が流れりゃ言葉も変わる。言葉ってそういうもんだよね。

ちなみに、柔王丸には「マイコン」が内蔵されているという設定だが、先日書いた武装神姫に内蔵されているのは「チップセット」。
いやはや、時代が変われば・・・w

2010-11-03(Wed)
 
プロフィール

ぺん

Author:ぺん
管理人:ぺん

年齢:いい年こいたおっさん
本、漫画、ゲーム、爬虫類、植物とか趣味多め。
だって、オタクだもの。

FC2カウンター
摂氏/華氏 温度変換器
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR