オタクのおっさんの戯言
一花でも香る
2018年01月28日 (日) | 編集 |
毎日寒い日が続きますが、こちらは不思議なことに雪はあまり降らず、たまにお日様が顔をのぞかせたり。
私が今まで持っていた北陸の冬のイメージとはちょっと違うのだが・・・

syunken180128
そんな中、春剣蘭が開花。やはり春剣は年によって花型が違うなぁ。
ただ、この新緑色は冬の寒空に一服の清涼剤になりますね。

あと、蘭の馥郁たる香りは相変わらず。一花咲いただけでも、鉢のあるあたりに近づくとすがすがしい香りが漂ってきます。
やはり春に向かって咲く花はいいものだね。


スポンサーサイト
早咲き
2018年01月21日 (日) | 編集 |
seisinbai180121
西神梅が開花。
室内で咲かせたので、傾いてるわ落肩だわですが(^^;

暖房が入っている居室の近くにおいているので、この時期の開花になったようです。
比較的早咲きの品種とはいえ、1月に咲くのは流石に暖房の影響だな(^^;

近くに行くと馥郁とした蘭の香りが漂ってきます。

まだまだ寒い日が続きますが、それでも東洋蘭が咲くと、春の訪れを感じますね。


発芽
2017年09月10日 (日) | 編集 |
gagyu-s170910
先日播種した臥牛の種、無事発芽してきましたb

ここ数年、播種したものの発芽率がえっらい悪かったので、播種深度を変え、播種床のプランターをラップで覆って湿度高めてみたところ、今回はいい感じの発芽率に。

結局、1cm程度の播種深度のものと表層播種とで、それほど発芽率に違いはないようなので、臥牛の発芽には土の湿度が重要な様子。少なくとも、乾かしてはいけないようだ。

とすると、原産地でも、種が落ちる頃は結構な湿潤状態(雨季?)だということなのかなぁ。
そう考えると、臥牛は多肉植物ではありますが、生育期には結構水を欲しがるタイプの植物なのかもしれません。


2017年08月12日 (土) | 編集 |
gseed170812
ガステリアの朔がだいぶ大きくなってきました。

が、受粉してないとこにも朔が。

いぜんからちょいちょいあるのですが、いったい何が花粉を運んでいるのか謎。


今年も
2017年07月30日 (日) | 編集 |
ちょいと仕事がひと段落付き、週末は振休含めの3連休でした。
日曜目が覚めた時に、「あー、今日もまだ休みなんだ。」というのが、妙にうれしかったというねw
4月から、転勤でがーっと駆け抜けた感じだったからなぁ。

gagyu170730
臥牛の交配成功。今年は、白点の強いのを掛け合わせてみました。
どんな実生ができるか楽しみ♪


追:
野沢〇子の娘さん、普通に強いな。
アルプス一万尺の娘さんと思えん。いや、むしろ、そうだからこそなのかもしれんが。